ホーム | ジカ熱 関連記事

ジカ熱 関連記事

米州のジカ熱はブラジル発=ウイルスの遺伝子で系統図

 2015~16年に流行し、ブラジルだけで20万人以上の患者が確認されたジカ熱は、小頭症児の誕生などの問題も引き起こした上、少なくとも10カ国に広がった。  ブラジルのジカ熱ウイルスがどこから持ち込まれてきたかは定かではないが、研究者のグループが、米州大陸で確認されたウイルスはブラジルから広がったものである事を突き止めたという。 ...

続きを読む »

ブラジル保健省=ジカ熱緊急事態宣言を解除=昨年比で9割以上の減少

 【既報関連】保健省は11日、ジカ熱の国内緊急事態宣言を解除したと12日付現地紙が報じた。この決定は、16年2~11月に世界規模の緊急事態宣言を出していた世界保健機構(WHO)にも伝えられた。  ジカ熱はネッタイシマ蚊が媒介する感染症で、緊急事態宣言は15年11月に出されていた。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 ...

続きを読む »

《ブラジル》デング熱の発生件数が昨年より89%減=「予防が効果的」と保健局語る

 ブラジル保健省の8日の発表によると、今年に入ってからのデング熱、ジカ熱、チクングニア熱の感染者数が昨年同期比で著しく減少した事が分かったと9日付現地紙が報じている。  減少が顕著なのはデング熱で、今年に入ってから4月15日までに発生した感染が疑われる件数は、昨年同期比88・9%減の11万3381件だった。 このコンテンツを閲覧 ...

続きを読む »

在聖総領事館の二人赴任=広報文化班と医療班に

 在サンパウロ日本国総領事館の医療班に原田信治領事(41、熊本県)、広報文化班に平野恭子副領事(31、東京都)が新しく加わった。  原田領事は2011年に入省した。医療班として感染症や熱帯病などの情報収集をする。日本で医学部を卒業し、精神科、家庭医学、老年医学を専門分野とする。  以前はアフリカでエボラ出血熱の情報収集に従事した ...

続きを読む »

《ブラジル》黄熱病=ミナス州の死者100人超す=症例の3分の2は解析困難?

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ ログイン. 会員登録はお済みですか? 会員について

続きを読む »

黄熱病=エスピリトサント州連邦大学でサルの死体=サンパウロ州では感染恐れた殺害例も

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ ログイン. 会員登録はお済みですか? 会員について

続きを読む »

大耳小耳

 在リオ日本国総領事館はカーニバル観覧時に、蚊が媒体する感染症(ジカ熱、黄熱病、デング熱、チクングニア熱、マラリアなど)へ注意するよう呼びかけた。防蚊対策としては、長袖シャツや長ズボン等を着用し、肌の露出を減らす。ディート(DEET)やイカリジン等の有効成分を含む「忌避剤」(Repelente de insetos)を使用する。 ...

続きを読む »

《ブラジル》小頭症児の4割は未婚母から=保健省の調査で明らかに

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ ログイン. 会員登録はお済みですか? 会員について

続きを読む »

サンパウロ州でも黄熱病の死者?=全員がミナス州への旅行者

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ ログイン. 会員登録はお済みですか? 会員について

続きを読む »

《ブラジル》 ミナス・ジェライス州が黄熱病で非常事態宣言=感染疑われる患者3日で5倍

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ ログイン. 会員登録はお済みですか? 会員について

続きを読む »