ホーム | セーラ 関連記事

セーラ 関連記事

■今週末の催し

 22日(土曜日)  第38回花といちごの祭典、午前9時から午後6時まで、アチバイア市エドムンド・ザノニ市立公園(Av. Horácio Neto, 1030 – Jardim Tapajós)、金・日曜も      ◎  名画友の会、22日昼12時半、熟連会館(Rua Dr. Siqueira Campos, 13 ...

続きを読む »

《ブラジル》大統領選=決戦投票狙う各候補の思惑=ボウソナロとの決戦投票想定=シロとマリーナはハダジ牽制=アウキミンはセーラの戦術再現

10日のシロ・ゴメス氏(Leo Canabarro)

10日のシロ・ゴメス氏(Leo Canabarro)  大統領選でジャイール・ボウソナロ氏(社会自由党・PSL)との決選投票を狙い、シロ・ゴメス氏(民主労働党・PDT)、マリーナ・シウヴァ氏(REDE)、ジェラウド・アウキミン氏(民主社会党・PSDB)がライバル叩きに出はじめていると、12日付現地紙が報じている。  大統領選は、 ...

続きを読む »

コチア産組関係合同慰霊祭=22日に教会と国士舘センターで

(左から)長田会長、村田相談役

 下本家、コチア青年連絡協議会、コチア旧友会の共催による「第61回旧コチア産組関係者合同慰霊祭」が、22日午前8時からタボン・ダ・セーラ市サンタテレジーニャ教会(Rua Tereza Maria Luizetto, 42)、午前11時からサンロッケ国士舘大学スポーツセンター(Rodovia Bunjiro Nakao, km 4 ...

続きを読む »

サンパウロ州=黄熱病の死者は昨年の4倍=予防接種率低迷で懸念広がる

  サンパウロ州保健局によると、今年に入ってからの黄熱病の死者は8月17日までで176人に上り、既に昨年1年間の死者38人の4倍を超えている。  今年の死者は、7月4日に報じられた、昨年1月以降の死者213人の時点より1人増えただけで、全てが野性型の感染による死者だ。  だが、州保健局が懸念しているのは、現在の死者や患者の数では ...

続きを読む »

総人口2億850万人に=最大の市サンパウロは1217万人

 地理統計院(IBGE)が29日、7月1日現在のブラジルの総人口は2億849万4900人と発表したと同日付現地紙サイトが報じた。昨年の総人口は2億766万929人だったから、83万人強増えた事になる。1億7230万人だった2001年と比べると、21%増えている。  市単位での人口最多はサンパウロ市の1217万6866人で、2位は ...

続きを読む »

コーヒー鑑定士特別講座も=日帰りサントスツアーで

カッピングを体験する参加者ら

 旅行会社トレンディ・ツーリズモ(関根いつ子社長)が4日、「コーヒー探訪シリーズ第二弾 日帰りサントスツアー」を開催し、20人が参加した。ツアーではモンテ・セーラの丘やコーヒー博物館などの観光名所めぐりのほか、元コーヒー鑑定士で現在教授としてコーヒー鑑定を教えるニルトン・リベイロさんのコーヒー鑑定特別講座を受講した。  サントス ...

続きを読む »

《ブラジル》有権者1億4730万人に=4年前より3・14%増加

 選挙高裁が1日、ブラジルの有権者は1億4730万2354人で、14年の統一選挙の時より3・14%増えたと発表した。  選挙高裁によると、これらの有権者は、全国5550市ならびに110カ国に在住している。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登録はお済みですか? 会員について

続きを読む »

《ブラジル》サンタカタリーナ州で初雪=サンパウロ市では今月一番の寒さ

うっすらと雪が積もった野原(Dionata Costa/FDS – São Joaquim Online)

 サンタカタリーナ州山間部で10日未明、今年初めての雪が降り、わずかだが積もったと同日付現地紙サイトが報じた。  初雪を観測したのは、ラウロ・ムレル市のリオ・ド・ラストロの丘とウルペマ市のトーレスの丘、サンジョアキン市、ボン・ジャルジン・ダ・セーラ市のイグレジャの丘、ウルビシ市のヴァッカス・ゴルダス地区で、どの地区でも、盛り土や ...

続きを読む »

《ブラジル》デング熱による死者62人=チクングニア熱でも8人死亡

 保健省が6日、17年12月31日~18年6月9日に感染が確認されたデング熱患者は1659人、死者は62人と発表した。感染者中、136人は重症、1523人も要警戒とされたと同日付現地紙サイトが報じた。  デング熱の疑似症患者(ある伝染病と疑われる症状が出た患者)の地域別発生率は、中西部37・5%、南東部30・6%、北東部23・7 ...

続きを読む »

サンパウロ大都市圏=エレトロパウロが料金調整=平均で15・84%値上がり

 国家電力庁(Aneel)が3日、サンパウロ市やその近郊地域への電力供給を担当するエレトロパウロ社の電力料金を、平均で15・84%調整する事を認めた。新料金は4日から適用されると3日付現地紙サイトが報じた。  調整幅の平均は、高電圧の工業用が17・67%、低電圧の家庭用と商用が15・14%となっている。 ※このコンテンツを閲覧す ...

続きを読む »