ホーム | セーラ 関連記事

セーラ 関連記事

書評=『カヌードスの乱 19世紀ブラジルにおける宗教共同体』(春風社)=戦争の根底にある問題の本質を俯瞰=ブラジル学研究者 田所 清克

表紙

 F・ジュリアンの『重いくびきの下で―ブラジル農民解放闘争―』(岩波新書)の書に表徴されるように、ブラジルの北東部、わけても奥地は、旱魃に加えて農園主や地方ボス(コロネル)による搾取と圧政による貧困が絶えず、革命的な文学が生まれ、と同時に社会運動が出来する精神風土があった。  バイーア州奥地を描くエウクリーデス・ダ・クーニャの手 ...

続きを読む »

どこから来たの=大門千夏=(35)

 入学式が終わると近所の写真屋に行って記念写真を撮ったので、今、あの時の私の姿がよくわかる。母はどこから手に入れたのか、セーラー服と皮のランドセル、画用紙入れ、革靴、それにベレー帽まで用意してくれた。長女の入学にはことさら情熱を注いだようだった。  小学校に上がってしばらくすると私はピアノを習いに行かされた。一カ月後は妹も習い始 ...

続きを読む »

ロンドリーナ熊本県人会で新年祝う=母県から高齢者、米寿章伝達も

63人で賑わった新年会

 汎ロンドリーナ熊本県人会(西村鉄夫会長)は「新年会」並びに「高齢者章、米寿章伝達式」を14日午前10時から同市西本願寺会館で開催した。連日の雨により会員の参加が懸念されたが、マウア・ダ・セーラからも家族連れで顔を見せ、63人で賑わった。  林秀昭氏の司会進行で、西村会長の挨拶、先没者へ1分間の黙祷の後に、昨年度の事業、会計報告 ...

続きを読む »

東西南北

 来週は全ブラジルの目が、24日のルーラ元大統領の第2審裁判に釘付けになりそうな予感だ。裁判は午前8時30分からはじまり、午後3時頃には判決が出そうとのこと。この裁判の模様が当日、開催場所となる第4連邦地域裁から、ユーチューブを通じて生中継される。あまりにもたくさんの人が見るため、回線がパンクしないかが気になるところ。ブラジル国 ...

続きを読む »

東西南北

 黄熱病への聖州民の危機感が広まっていることを受け、サンパウロ州政府は当初、2月3日から予定していた黄熱病の本格的予防接種キャンペーンを、29日に繰り上げると発表した。接種の対象となる人の数も、当初の630万人から830万人に増やし、54市で実施することになった。サンパウロ市もここに含まれているが、市全体ではないことから、ヤキモ ...

続きを読む »

次期サンパウロ州知事=どうする? アウキミン=現副知事とドリアらの板挟み

 ジェラウド・アウキミン・サンパウロ州知事(民主社会党・PSDB)は10月の州知事選に関し、後継者にPSDBの候補を推すか、現副知事のマルシオ・フランサ氏(ブラジル社会党・PSB)を推すかで決めかねていると16日付現地紙が報じている。  同知事は15日、サンパウロ市で民芸工芸国際展示会の開会式に参加した際、取材陣から10月のサン ...

続きを読む »

大耳小耳

 バイア州サルバドールで14日、サンパウロ州タボアン・ダ・セーラ在住の男性が黄熱病で死亡していたことがわかった。この49歳の男性は年明けから故郷バイア州イタベラーバで休暇を過ごしていたが、5日から体調を崩して9日まで同市の医療施設に入院したあと、サルバドールの病院に移って治療を行なっていた。イタベラーバ市の発表では、この患者はサ ...

続きを読む »

黄熱病=サンパウロ大都市圏の死者6人に=3州で予防接種キャンペーン

 サンパウロ州保健局が9日、州内での黄熱病による死者は、サンパウロ大都市圏の3人を含む13人に増えたと発表したが、同日付伯字紙サイトはその後、同大都市圏だけで死者が3人増えたと報じた。  州保健局の発表では、昨年7月以降、黄熱病感染が確認された患者は29人で、13人が死亡。全員が、ヤブカが媒介する農村型の患者である事が確認されて ...

続きを読む »

ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=大統領選挙の勝敗を占う=独断と偏見でズバリ!勝者はだれか=サッカーW杯との深い関係?

ルーラ大統領(第1期就任当時の公式写真、Ricardo Stuckert/Presidencia da Republica)

 2018年は大統領選挙の年――。独断と偏見による激論で、ブラジル社会翻訳面記者と編集長が紙上座談会でズバリ勝敗を占った。ラヴァ・ジャット作戦が進展する中で、2015年末にはジウマ大統領の罷免審議がエドゥアルド・クーニャ下院議長(当時)によって始められ、2016年8月には罷免が決まり、テメル大統領が就任。その後は当のクーニャ議長 ...

続きを読む »

サンパウロ市=極南部でも黄熱病の予防接種=隣接市で感染したサルが死亡

 【既報関連】サンパウロ市保健局が20日、同市極南部でも黄熱病の予防接種キャンペーン実施を決め、21日から開始したと21日付現地紙サイトが報じた。  キャンペーンの対象となるのは、エンジェニェイロ・マルシラッキ、パレリェイロス、ジャルジン・アンジェラ、カッポン・レドンドの各区で、域内の保健所38カ所では50万人に対応するべく、用 ...

続きを読む »