ホーム | セーラ 関連記事

セーラ 関連記事

《ブラジル》南部で零下8・8度を記録=氷に覆われた飛行機は遅発

サンタカタリーナ州サンジョアキンの池に張った氷。同市でも零下7・8度を記録した(Mycchel Hudsonn Legnaghi/São Joaquim Online)

サンタカタリーナ州サンジョアキンの池に張った氷。同市でも零下7・8度を記録した(Mycchel Hudsonn Legnaghi/São Joaquim Online)  アルゼンチンの冬の観光地バリローチェでは、空港閉鎖の事態も起きるほど、強い寒波に覆われている南米南部だが、ブラジルでも、19日はサンタカタリーナ州ボン・ジャル ...

続きを読む »

《ブラジル》強烈な寒波が南から到来=アルゼンチンでは大雪も

サンタカタリーナ州の町には、氷柱目当ての観光客も(参考画像James Tavares/Secom)

サンタカタリーナ州の町には、氷柱目当ての観光客も(参考画像James Tavares/Secom)  アルゼンチンやブラジル南部では先週末から記録的な寒さが続き、18日からはそれがサンパウロ市を含むブラジル南東部にも及んでいると、18日付現地紙が報じている。  サンパウロ市では18日から急激に冷え込み、同日の最低気温はこの冬最低 ...

続きを読む »

《ブラジル》汚職に最も手を染めた政党は?=64%が労働者党と答える

 調査会社Ipsosが6月1~13日に全国72市、1200人を対象に行った調査によると、ラヴァ・ジャット作戦(LJ)で捜査の対象となった政党中、汚職に最も手を染めた政党は労働者党(PT)と見ている国民が64%いる事が分かった。  14年3月に始まったLJ作戦は、ペトロブラスを巡る汚職などを次々に告発。パラナ連邦地裁のセルジオ・モ ...

続きを読む »

聖州を「ブラジルの機関車」にした鉄道=(中)=世界に誇る10・5度勾配

蒸気機関で動かされた巨大なケーブル巻き上げ機(新線)

 登山鉄道の町パラナピアカーバ(Paranapiacaba)は、聖市近郊ABCD地区のサントアンドレー市の南端にある。普段ならメトロのブラス駅でCPTMに乗り終点のリオ・グランデ・ダ・セーラ駅まで行き、さらにバスを乗り継がないといけない。もしくは毎週日曜日に観光列車がルス駅から出ており、50年代のレトロな車両で48キロを1時間半 ...

続きを読む »

リオ市警=フルナス巡る汚職摘発=クーニャ被告に新たな疑惑

下院議長時代のクーニャ氏(Antonio Cruz/Agência Brasil)

下院議長時代のクーニャ氏(Antonio Cruz/Agência Brasil)  リオ・デ・ジャネイロ州市警が8日朝、リオ州とサンパウロ州で、電力会社フルナスを巡る汚職摘発のための「バロン・ガトゥノ作戦」を敢行したと同日付現地紙サイトが報じた。  今回の作戦はラヴァ・ジャット作戦(LJ)関連の捜査で得た情報を基に、リオ州市警 ...

続きを読む »

■訃報■大畑天昇さん

 聖州イタペセリカ・ダ・セーラ市の円光寺住職・大畑天昇さんが4月30日、老衰のため聖市内の病院で亡くなった。享年97。  1920年4月18日に静岡県焼津市生まれ。38年に渡伯し、聖州奥地で綿栽培などに従事した後、ジャグアレー肥料会社で30年近く勤務した。  退職後、石川県金沢市の大乗寺等で修行を経て出家。イタペセリカに拠点を移 ...

続きを読む »

ガリンシャ=リオの墓地で遺体が消失=管理が悪く掘り起こした記録もなし

1962年W杯チリ大会で、1958年スウェーデン大会に続く、ブラジルのW杯連覇に貢献したマネ・ガリンシャ(El Gráfico)

1962年W杯チリ大会で、1958年スウェーデン大会に続く、ブラジルのW杯連覇に貢献したマネ・ガリンシャ(El Gráfico)  サッカーの王様ペレと並び賞賛された、元ブラジル代表の名選手、ガリンシャの遺体(遺骨)が墓から取り出され、どこに行ったかわからなくなっている。  ガリンシャの遺体が消失した事に最初に気付いたのは、墓参 ...

続きを読む »

《ブラジル》県連故郷巡り=「承前啓後」 ポルト・ヴェーリョとパウマス=(29)=1500Haで従業員5人

中村ネルソンさんとエジソンさん

 3月21日(火)朝8時半、一行はホテルを出発し、パウマス市から150キロにあるアパレシーダ・デ・リオ・ネグロ市にある中村エジソンさん(41、三世、リンス生まれ)の大豆農場に向かった。ネルソン会長の従兄弟だ。  パウマスは谷底のように低くなっており標高は100メートル程度だが、セーラを登るといきなり400メートルになる。上は見る ...

続きを読む »

喉元過ぎれば熱さを忘れると言うけれど

 4月末、肘の痛みで医者に行き、重い物を持って炎症を起こしたのだと言われ、注射と投薬を受けた。だが、痛みが消えたと油断して買い物袋を持ったら、痛みが戻って元の木阿弥。「喉元過ぎて熱さを忘れた」故の失敗だ▼だが、伯国を見ると、人は簡単に「熱さを忘れる」ものだと思わされる。1992年に罷免されたコロル元大統領が現職上議である事も、あ ...

続きを読む »

《ブラジル》県連故郷巡り=「承前啓後」 ポルト・ヴェーリョとパウマス=(19)=雨晴れて緑滴るアマゾンの広野に架る虹のさやけし

川染正春さん

 やはり国道開通で、町の産業構造が根本的に変わった。クイアバまで自家用車で2日間(バスで24時間)、そこからサンパウロ市までバスで16時間。急げば3日以内に行き来できるようになった。  だが、門脇道雄さんは単に養鶏を撤退しただけでなく、その状況を逆手にとった。「保冷倉庫を作り、冷凍ブロイラーの仲買いをやり、ネスレ社とヨーグルト製 ...

続きを読む »