ホーム | ハダジ 関連記事

ハダジ 関連記事

連警がハダジ前サンパウロ市長起訴=12年市長選での収賄容疑=ルーラ出馬断念時の控え候補

ハダジ氏(Lula Marques/AGPT)

ハダジ氏(Lula Marques/AGPT)  連邦警察は15日、2012年のサンパウロ市長選に際し、隠し口座で収賄を行なった容疑でフェルナンド・ハダジ・サンパウロ市前市長(労働者党・PT)を起訴した。ハダジ氏は今年10月の大統領選で、ルーラ氏が出馬断念となった際の控え候補と目されており、PTには大きな痛手となりそうだ。16日 ...

続きを読む »

東西南北

 ダッタフォーリャが11月末にサンパウロ市のジョアン・ドリア市長に対する支持率調査を行ったが、同調査によると、今回は初めて、「悪い」が「普通」や「良い」を上回った。就任当初はわずか13%しかなかった「悪い」は、3倍の39%となり、ハダジ前市長の就任11カ月後と同じ数字となった。また、就任後、半年までは40%を超えていた「良い」は ...

続きを読む »

サンパウロ市=スピード緩和でマルジナルでの死者増加=市長は矛盾多き弁解するも

 サンパウロ市の高速道マルジナル・チエテと同ピニェイロスでは、スピード規制緩和後に交通事故死が増えているが、その実情がジョアン・ドリア市長の見解と食い違っていると、3日付現地紙が報じている。  両マルジナルの制限速度は、3車線でそれぞれ、時速50キロ、60キロ、70キロと定められていたが、それがドリア市長就任後の今年の1月25日 ...

続きを読む »

東西南北

 本日付本頁で紹介しているダッタフォーリャの世論調査では、来年のサンパウロ州知事選のアンケートも同時に行っている。それによると、一番人気はセウソ・ルッソマノ氏で、25%の支持率でトップに立っている。ジョアン・ドリア・サンパウロ市長はその次で、支持率18%。フェルナンド・ハダジ前市長を加えた場合、サンパウロ州工業連盟(FIESP) ...

続きを読む »

《ブラジル》大統領選世論調査=ルーラが圧倒的大差で1位=ボウソナロとマリーナ続く=元大統領不出馬ならシロか?=ドリアとアウキミンは同点

支持率1位のルーラ氏(Ricardo Stuckert)

支持率1位のルーラ氏(Ricardo Stuckert)  ダッタフォーリャによる最新の世論調査によると、ルーラ元大統領(労働者党・PT)は、収賄などで有罪判決を受け、続々と起訴もされているにも関わらず、来年10月の大統領選挙で圧倒的な支持率で1位となっている。1日付フォーリャ紙が報じている。  9月27、28日に全国194市、 ...

続きを読む »

東西南北

 サンパウロ市南部ブルックリンに、ドリア市政になってからは初の「緑の歩道」がお目見えした。幅1・5メートルの歩行者専用の歩道は、オフィス街としても有名なCPTM9号線ベリーニ駅に向かうジョエル・カルロス・ボルジェス通りに設けられた。同じようなタイプの緑の歩道はハダジ市政の頃、日系社会にはおなじみのリベルダーデ区ガルヴォン・ブエノ ...

続きを読む »

サンパウロ市=市議会の兄弟議員に疑惑の支出=親戚の印刷会社で100万レ

 兄弟でサンパウロ市市議などを務めていることで有名なタット一族(全員が労働者党・PT)が、親戚の印刷会社で100万レアルを超える大量出費を行っていたことがわかり、問題視されている。19日付現地紙が報じている。  サンパウロ市議会にはアルセリーノ、ジャイールの両氏、サンパウロ州議会にはエニオ氏、連邦下院にもニウト氏がいるが、この4 ...

続きを読む »

サンパウロ市=来年のIPTUは据え置き=ドリア市長の選挙対策か

 サンパウロ市は2018年の都市不動産所有税(IPTU)の値上げを行わない意向を固めた。ジョアン・ドリア市長(民主社会党・PSDB)は、同年の大統領選、もしくはサンパウロ州知事選に出馬することが有力視されている。13日付フォーリャ紙が報じている。  IPTUは市が税収を上げたいときに使われる代表的な税のひとつで、ジルベルト・カサ ...

続きを読む »

サンパウロ市ドリア市政=法務局監督部長を突如解任?=汚職疑惑の捜査の最中に

 サンパウロ市が17日、法務局監督部のラウラ・メンデス・アマンド・デ・バロス部長の解任を発表した。これは同氏がシダーデ・リンパ法に関する不正行為の調査をはじめた直後の出来事だ。18日付現地紙が報じている。  ラウラ氏は、同市が景観美化計画「シダーデ・リンパ」導入後、違法が疑われる街中での大型広告展開の裏で贈収賄工作が行なわれてい ...

続きを読む »

サンパウロ市=交通渋滞の距離が短縮=車は増えるも経済危機で

 2016年は、サンパウロ市中央部を中心とする拡大セントロでの交通渋滞の距離数が2年連続で短縮し、その割合は過去6年で最も大きかったことがわかった。10日付現地紙が報じている。 2016年は、サンパウロ市中央部を中心とする拡大セントロでの交通渋滞の距離数が2年連続で短縮し、その割合は過去6年で最も大きかったことがわかった。10日 ...

続きを読む »