ホーム | ハダジ 関連記事

ハダジ 関連記事

東西南北

 サンパウロ市交通公社(CET)が9日に、1、2月にチエテ、ピニェイロスの両マルジナルで起きた交通事故の数を発表した。ドリア市政になって自動車の制限速度が緩和されて以来、初めての統計となったが、それによると、死者の出た交通事故はこの2カ月間に102件発生したという。昨年同期は56件だったので、約2倍になっており、そのうちの84件 ...

続きを読む »

東西南北

 17日からサンパウロ市の街中にもカーニバルのブロッコが登場しはじめた。そのブロッコの集まる所として有名な場所のひとつ、西部ピニェイロスのラルゴ・ダ・バタタでは18日昼に、市側の発表で9万人もの人が集まったという。しかも、この日はここ数日の猛暑でもひときわ暑く、最高気温は33・4度に達した。同地では人がごった返して、一時はバスも ...

続きを読む »

ドリア・サンパウロ市市長=市政1カ月目はかなり好評=「悪い」はわずか13%=積極的な政策展開が信頼に=パフォーマンスでも人気

ドリア市長(Fernando Pereira/SECOM-PMSP)

 ジョアン・ドリア・サンパウロ市市長(民主社会党・PSDB)就任1カ月で行われた、同氏の市政に対する世論調査の結果が、11日にダッタフォーリャから発表された。それによると、市民の44%が「よい」と評価し、「悪い」はわずか13%と、かなりの好評振りを印象付けた。12日付フォーリャ紙が報じている。  今回の調査は8~9日にサンパウロ ...

続きを読む »

サンパウロ市=ドリア市長が予算凍結=教育と保健衛生で26億レアル

 サンパウロ市のジョアン・ドリア市長が1月30日、教育と保健衛生だけで26億レアル超という大幅な予算凍結案を官報に掲載したと1月31日付エスタード紙が報じた。  ドリア市政が凍結した額は、教育が予算額の28・5%にあたる12億8千万レ、保健衛生が20・7%相当の13億8千万レなどで、ハダジ市政最終年の凍結率(教育11%、保健衛生 ...

続きを読む »

ドリア・サンパウロ市市長が中東を訪問=公共施設民営化への第一歩

 ジョアン・ドリア・サンパウロ市市長は、12日から4日間、中東を訪問することを決めた。目的は市内の有名公共施設の民営化を進めるためだという。1月31日付エスタード紙が報じている。  ドリア市長が訪れるのはアラブ首長国連邦とカタールで、ドバイやアブダビ、ドーハの投資家たちに会うのが目的だ。  ドリア市長はそこで、選挙のときから公約 ...

続きを読む »

サンパウロ市=平年を超える暑さに悩む市民=蚊対策に注力と新市政発表

 夏の盛りのブラジル、またも蚊の大量発生の季節がやってきた。  サンパウロ市西部のピニェイロス区では、蚊の大量発生は区役所への苦情の主要テーマの一つで、ピニェイロス川流域の蚊の駆除を求める署名が8300人分集まったと11日付現地紙が報じた。  ジョアン・ドリア、サンパウロ市長(民主社会党・PSDB)は10日、ピニェイロス川で実際 ...

続きを読む »

サンパウロ市=ドリア市政がスタート=市民に謙虚な政治を約束=他党との協調も主張=アウキミンの見守る中

1日、就任式でのドリア氏(Rovena Rosa/Agência Brasil)

 1日、10月の市長選で当選を果たした市長たちの就任式が全国で一斉に行われ、サンパウロ市でもジョアン・ドリア市長(民主社会党・PSDB)が就任の挨拶を行った。2日付伯字紙が報じている。  ドリア市長とマリオ・コーヴァス副市長は、市議会での就任式後、セントロの市立劇場に向かって引き継ぎ式に臨んだ。引き継ぎ式には、約1500人が集ま ...

続きを読む »

聖市バス・地下鉄=一回の乗車代は据え置きも=乗継などは大幅に値上げ

 12月30日、ジョアン・ドリア次期聖市市長(当時)とジェラウド・アウキミン聖州知事(共に民主社会党・PSDB)は、8日から、バスと地下鉄や都電(CPTM)を乗り継ぐ時の料金を変更すると発表した。12月31日付伯字紙が報じている。  バス料金の凍結はドリア市長の選挙キャンペーンでの公約であった。その影響で聖市内のバスとアウキミン ...

続きを読む »

東西南北

 クリスマスが終わったばかりだが、ダッタフォーリャがクリスマス直前に行った最新調査によると、ブラジル人の90%以上は、自分の経済状況は「神様によるもの」だと信じていることがわかった。福音派の間では、ペンテコステ系か否かを問わず、96%以上の人がそう信じている。カトリックだとこの割合が91%、「特に宗教的信仰を持たない」という人の ...

続きを読む »

サンパウロ市主要幹線道路で、歩行者の事故死が激減=効いたハダジの速度制限

 サンパウロ市交通技術(CET)が発表したデータによると、マルジナル・ド・チエテではここ19カ月間、歩行者が車に撥ねられて死ぬ事故が皆無だった。22日付フォーリャ紙が報じている。  マルジナル・ド・チエテで車に撥ねられて死者が出たのは15年3月が最後で、以降、今年10月まで、歩行者が死ぬ事故は起こっていない。  また、マルジナル ...

続きを読む »