ホーム | パルメイラス 関連記事

パルメイラス 関連記事

イベント情報

【サッカー】 《全国選手権》 <第23節> 9/16(土) ・ボタフォゴ対サントス(エンジェニェイロ・スタジアム) 9/17(日) ・ヴィットーリア対サンパウロ(バラドン・スタジアム) ・コリンチャンス対ヴァスコ・ダ・ガマ(イタケロン・スタジアム) 9/18(月) ・パルメイラス対コリチーバ(パカエンブー・スタジアム ...

続きを読む »

9月8日から14日までのサンパウロ市のイベント情報

【サッカー】 《全国選手権》 <第23節> 9/9(土) ・アトレチコ・ミネイロ対パルメイラス(インデペンデンシア・スタジアム) ・サンパウロ対ポンテ・プレッタ(モルンビ・スタジアム) 9/10(日) ・サントス対コリンチャンス(ヴィラ・ベルミロ) 【9月7日より公開の映画】 ・ポリシア・フェデラル~ア・レイ・エ・パ ...

続きを読む »

東西南北

 27日付エスタード紙が、イプソスという調査団体による世論調査の結果を掲載した。そこには政治家や最高裁判事、ラヴァ・ジャット作戦のデウタン・ダラグノル捜査官や大統領選出馬を希望しているタレントのルシアノ・フッキに至るまでの支持率・不支持率が掲載されていた。参考にはなるが、どの人をとっても不支持率が高く、支持率が唯一、過半数を超え ...

続きを読む »

東西南北

 議会では政治改革を審議中だが、18年の選挙に向け、ラヴァ・ジャットなどでついた汚名を返上しようとばかりに、党名変更を希望している政党が多いという。それによると、民主運動党(PMDB)が旧名でもある民主運動(MDB)、進歩党(PP)が「進歩者」、全国環境党(PEN)が「愛国者」、民主党(DEM)が「変革」もしくは「民主前線(FD ...

続きを読む »

《サンパウロ》10平米のマンション発売へ=都市型ライフスタイル層をターゲット?

 昨今ブラジルで増えている、費用を抑えたコンパクトなアパートを望む消費者層をターゲットに、不動産開発会社ヴィタコンが、ラテン・アメリカでも最小スペースの物件を含むマンションを建設すると発表した。  サンパウロに建設されるマンションには、床面積が10平米しかない物件がある。その価格は9万9千レアル(366万円相当)で、1平米あたり ...

続きを読む »

東西南北

 ここ数日は、細かいながらも政界で様々な動きがあった。8日夜は、テメル大統領がラケル・ドッジ次期検察庁長官と22時過ぎにスケジュール外の会合。その姿をまるで芸能人へのパパラッチ写真のようにグローボ局に撮られてしまい、ドッジ氏にとっては手厳しい洗礼が浴びせられた。その一方、アエシオ・ネーヴェス氏は、かねてから疑われていたミナス・ジ ...

続きを読む »

サッカー=全国選手権、前半戦が終了=現時点でのベスト・イレヴンは?

コリンチャンスのロドリギーニョ(Daniel Augusto Jr./Ag. Corinthians)

 サッカーの全国選手権は6日で、全日程のちょうど半分にあたる19節までを終了した。そこで、各メディアが、半分を消化した時点でのベスト・イレヴンを発表している。  まず、メディア大手グローボのスポーツ部「グローボエスポルテ」の評論家が選出したイレヴンは以下の通りだ。  《キーパー》ヴァンデルレイ(サントス)、《サイドバック》ファギ ...

続きを読む »

東西南北

 現在、連邦議会の一部で「議員の当選回数を抑えよう」とする勢力があるという。彼らによると、「在職年数の長さが汚職に繋がっている」という見方があるようだ。たしかにラヴァ・ジャットで逮捕、もしくは捜査対象となった下議や上議には在職年数が20年を超す政治家も珍しくない。また、14年の選挙では、下院で初当選した議員は38%に過ぎないとの ...

続きを読む »

《ブラジルサッカー》フルミネンセ=ブラガ監督の息子が突然の転落死=事故から4日後の敵地戦で観衆から励ましの拍手

息子の突然の死から4日で現場に復帰した、フルミネンセのアベル・ブラガ監督(Nelson Perez/Fluminense F.C.)

息子の突然の死から4日で現場に復帰した、フルミネンセのアベル・ブラガ監督(Nelson Perez/Fluminense F.C.)  7月29日にリオの名門サッカークラブ、フルミネンセの監督アベル・ブラガの息子、ジョアン・ペドロさん(19)がアベル・ブラガと共に暮らすマンションのベランダから転落死する事故が起きた。  だが、事 ...

続きを読む »

東西南北

 本日付本頁で報じているペトロブラス前総裁のアジミール・ベンジーネ氏の逮捕は、ラヴァ・ジャット作戦(LJ)では久々の大物逮捕となった。だが、それ以上に驚きなのは、相次ぐ贈収賄工作発覚でペトロブラス(PB)の名声が地に落ちた最中に、再建を託されて起用された人物が汚職に積極的に関与していたことだ。しかも、PBを巡る汚職の中心ともいう ...

続きを読む »