ホーム | ベネズエラ 関連記事

ベネズエラ 関連記事

東西南北

 ロシアW杯もいよいよ終盤で、14日午前11時からの3位決定戦(ベルギー対イングランド戦)、15日正午からの決勝戦(フランス対クロアチア戦)で終了する。サンパウロ市では、ベルギー、イングランド、クロアチア、フランスのファンが集るイベントも開催される。ベルギー応援にはフェレイラ・デ・アラウージョ街589番のDelirium Caf ...

続きを読む »

《ブラジル》ロライマ州のベネズエラ人=1万6千人以上が難民申請

 連邦警察によると、今年上半期に難民申請したベネズエラ人は1万6千人を超え、昨年の年間申請数を20%上回っていると11日付現地紙サイトが報じた。  ロライマ州の連警が1月から6月22日までに受け付けた難民申請者は1万6953人で、1万6523人がベネズエラ人だった。残りはキューバ人155人、ハイチ人139人で、その他の国の人も1 ...

続きを読む »

伯国で唯一の日本人職員=ユニセフのベネズエラ移民保護=子供の生きる権利を守る

星野さんとベネズエラ移民の子供たち(UNICEF/Brazil/Maho Hoshino)

 ベネズエラは深刻な経済・政治危機に瀕しており、より良い生活を求めた移民や難民がブラジルに大挙流入している。星野真穂さん(31、埼玉県)は、国際連合児童基金(ユニセフ)がブラジルで行うベネズエラ移民の子供支援プロジェクトに、唯一の日本人職員として約8カ月間に携わった。帰国直前だった星野さんに先週末取材した。  伯国内のベネズエラ ...

続きを読む »

《ブラジル》マナウスで麻疹による死者=リオの擬似患者は13人

 【既報関連】麻疹(はしか)の患者急増で緊急事態宣言を出したアマゾナス州マナウス市の保健局が5日、生後7カ月の男児が麻疹で死亡したと発表した。  同日付G1サイトによれば、男児が住んでいたのは、麻疹感染者や感染の疑いのある患者が多い同市東部のジョルジェ・テイシェイラ区だ。男児が高熱やセキなどの症状を見せ始めたのは6月23日で、2 ...

続きを読む »

リオでも麻疹の患者発生=感染知らず多数の人と接触

 【既報関連】ベネズエラ人難民流入で、ロライマ州やアマゾナス州で麻疹(はしか)の流行が起き、約500人の患者発生が確認されているが、リオ州でも、同州連邦大学(UFRJ)の学生らが麻疹(はしか)に感染していた疑いが生じ、同校が予防接種キャンペーンを実施する事にしたと6、7日付G1サイトなどが報じた。  UFRJの学生で麻疹感染と診 ...

続きを読む »

東西南北

 ブラジル北部アマゾナス州の州都マナウス市が、3日に麻疹(はしか)の流行による緊急事態宣言を出した。期日は180日。アマゾナス州では今年に入り、263件の麻疹発生が確認されている。125人は検査後に麻疹ではないとされたが、現在も1368人が検査の結果待ちだ。感染確認、検査待ち、感染否定となった全1756人中、82・1%の1441 ...

続きを読む »

《ブラジル》低いポリオの予防ワクチン接種率に懸念=国内312市で接種率50%未満

 ブラジル保健省は6月28日、各州、各市の保健局長会議において、ブジルでは全5570市中、少なくとも312市で急性灰白髄炎(ポリオ)が再流行する危険性を指摘したと、6月30日付現地紙が報じた。「免疫計画」のコーディネーター、カルラ・ドミンゲス氏は、「状況は極めて深刻」と語っている。  ドミンゲス氏は、「ポリオ予防ワクチン接種率5 ...

続きを読む »

東西南北

 27日の一次リーグ最終戦で、ブラジル代表のW杯決勝トーナメント進出が決まった。第1戦の対メキシコ戦は7月2日(月)の11時からのため、銀行は午前8時半から10時半までと、午後2時から4時までの4時間営業となる。その他の機関やスーパー、商店も営業時間や対応時間が変わる可能性が高いので要注意。午後3時からの試合の日は、これまで同様 ...

続きを読む »

ブラジル人親子再会へ協力要請=米国のペンス副大統領ブラジル訪問で=帰国のための飛行機派遣も

テメル、ブラジル大統領(左)と、ペンス、アメリカ副大統領(右)(Alan Santos/PR)

テメル、ブラジル大統領(左)と、ペンス、アメリカ副大統領(右)(Alan Santos/PR)  【既報関連】米国に子連れで不法入国を試みたブラジル人が逮捕され、親と引き離されて勾留されている子供が51人もいる事が判明し、ブラジル・アメリカの両国関係が微妙な緊張状態にある中、米国のマイク・ペンス副大統領が26日にブラジルを訪れ、 ...

続きを読む »

テメル大統領=ベネズエラ人援助の暫定令を裁可=ベネズエラ人とも対話

 【既報関連】ミシェル・テメル大統領(民主運動・MDB)は21日、ロライマ州都ボア・ヴィスタ市のノヴァ・カナアン地区にあるベネズエラ移民収容施設を訪問し、移民緊急援助に関する暫定令(MP)を裁可したと21、22日付現地各紙・サイトが報じた。  ノヴァ・カナアンにはベネズエラ人403人が収容されている。同施設のベネズエラ人家族と対 ...

続きを読む »