ホーム | ベネズエラ 関連記事

ベネズエラ 関連記事

《ブラジル》ベネズエラ人流入問題=大統領令で非常事態宣言=登録や人道支援は軍が統括=ロライマ州は衛生対策も要請

国防相らも交えた会議でのテメル大統領(14日、Marcos Corrêa/PR)

国防相らも交えた会議でのテメル大統領(14日、Marcos Corrêa/PR)  【既報関連】ロライマ州や州都のボア・ヴィスタ市がベネズエラ人急増で悲鳴を上げている事もあり、連邦政府は8日、国防相らを派遣して現地視察させた上、テメル大統領も12日に同州を訪問。これを受け、15日か16日には、ロライマ州へのベネズエラ人流入急増に ...

続きを読む »

《ブラジル北部》ロライマ州=ベネズエラ人住居放火事件相次ぐ=「外国人排斥か」動機を調査=移民急増による緊張表面化?=国防相、法相も現地視察

ラウル・ジュングマン国防相(Arquivo/Agência Brasil)

 【既報関連】ベネズエラからの移民が大量に流入している北部ロライマ州の州都ボア・ヴィスタ市で、5日と8日の未明にベネズエラ人が住む住居が放火される事件が起きた。ボア・ヴィスタ市には、人口33万人のところに1割を超す4万人のベネズエラ人が流入しており、緊張も高まっている。8日に現地を視察したラウル・ジュングマン国防相やトルクアルト ...

続きを読む »

なぜ先進国首脳陣はブラジル訪問を避けるか?

エスタード紙2日付

エスタード紙2日付  《アメリカに新しい帝国権力(novos poderes imperiais)はいらない》―エスタード紙(E紙)2日付によれば、米国のレックス・ティラーソン国務長官は先週、6日間でラ米5カ国を外遊するのに先駆けて、そう宣言した。  これは中国が豊富な資金を投じてラ米地域で影響力を増大化させる傾向を非難したもの ...

続きを読む »

《ブラジル政府》ベネズエラとの国境閉鎖を検討=「もう限界」と地元議員

昨年10月にテメル大統領(左)と会談した、スエリー・カンポス、ロライマ州知事(右)(Alan Santos/PR)

昨年10月にテメル大統領(左)と会談した、スエリー・カンポス、ロライマ州知事(右)(Alan Santos/PR)  ベネズエラと国境を接するブラジル北部ロライマ州都ボア・ヴィスタ市には、隣国のマドゥーロ政権による圧政から逃れてきた難民があふれている。そんな中、ブラジル政府はベネズエラ国民の入国制限の検討を始めたと、1日付現地紙 ...

続きを読む »

ベネズエラ=国際的孤立の危機に直面=選挙前倒しや野党参加禁止で

 大統領選に最大野党を参加させない策略を行なったため、ベネズエラのマドゥーロ政権が国際的孤立の危機に立たされていると、27日付エスタード紙が報じている。  ベネズエラ最高裁は25日、最大野党の「民主連合会議」(MUD)に対し、昨年12月の全国市長選をボイコットしたことにより、4月の大統領選で「26州のうち8州で参加を無効にする」 ...

続きを読む »

世界的な法人税の減税傾向に乗り遅れたブラジル=投資や雇用流出の不安も

ダボス会議に出席した、米国トランプ大統領(Fórum Econômico Mundial/Boris Baldinger)

ダボス会議に出席した、米国トランプ大統領(Fórum Econômico Mundial/Boris Baldinger)  米国が昨年12月に法人税の大型減税を行い、隣国のアルゼンチンも段階的な法人税引き下げを決定した中、ブラジルの法人税率は34%と世界最高水準で、国外投資を呼び込むのに障害になりそうだと、28日付ブラジル各紙 ...

続きを読む »

東西南北

 24日は、ある種の異様な興奮に包まれていた。現地紙はいずれの新聞も一昨日のルーラ氏の抗議集会と同じ写真を表紙に使用し、国民の多くが朝からテレビとネットに釘付けになり、ルーラ氏の第4連邦地域裁での裁判を、固唾を飲んで見守っていた。近年で似た状況になった日と言えば、16年4月17日のジウマ前大統領の下院での罷免投票があった。だがル ...

続きを読む »

ベネズエラ=反政府派ペレス氏を殺害=野党は「弾圧」と抗議

 ベネズエラのニコラス・マドゥーロ政権が16日、反政府派の警察官オスカル・ペレス氏を捜査の過程で殺害したと発表し、同国で波紋が広がっている。17日付現地紙が報じている。  反政府グループへの捜査の過程でリーダーであるペレス氏を15日に殺害したと、ネストル・レヴェロル内相が16日に国営テレビの放送で発表した。 ※このコンテンツを閲 ...

続きを読む »

ベネズエラで拘束のブラジル人解放される=居住地の米国に強制送還=「反政府活動参加」とベネズエラ政府

ジョナタン・ジニス氏(MBL)

ジョナタン・ジニス氏(MBL)  ベネズエラ政府は6日、昨年の12月27日より同国が拘束していたブラジル人のジョナタン・ジニス氏を釈放し、同氏が居住していた米国へ追放したと、6~8日付ブラジル各紙が報じた。  同氏は非政府組織を隠れ蓑に反対勢力を支援していたとの嫌疑で、ベネズエラで事実上の独裁体制を敷くマドゥーロ政権のSebin ...

続きを読む »

《ブラジル》ギャング集団PCC=ベネズエラからの移民を勧誘=ロライマ州の刑務所の中で=同州は緊急事態宣言も発令

昨年10月にテメル大統領(左)と会談した、ロライマ州のカンポス知事(右)(Alan Santos/PR)

 マドゥーロ政権が独裁体制を敷き、経済危機が深刻化するベネズエラから、ブラジルへの移民流入が急増している。ブラジルに入国しても、経済的困窮により犯罪に手を染め、刑務所に入ってしまうベネズエラ人が増える中、サンパウロ州に本拠地を構える犯罪組織の州都第一コマンド(PCC)が刑務所内のベネズエラ人を組織に勧誘していると、5日付現地紙が ...

続きを読む »