ホーム | ペルー 関連記事

ペルー 関連記事

ペルー人少年、人気のYouTuber兄弟に会いに、ヒッチハイクでブラジルへ=6日かけて兄弟の自宅にたどり着く

 ペルーに住む12歳の少年が8日、人気ユーチューバー達に会うためにヒッチハイクでブラジルまで旅をし、サンパウロ州ソロカバ市で保護された。少年はペルーの自宅からソロカバ市まで6日かけてたどり着いたという。  在ブラジル、ペルー総領事館によると、この少年は両親に何も告げずに自宅を後にしたという。所持金もなく、持っていたのはパスポート ...

続きを読む »

カーニバル=ペルーシに日本人50人出場=「本当に奇跡」ハラハラ越え活躍

葛西さん

 日本人約50人が加わったサンバチーム「ペルーシェ」(スペシャル・グループ)は10日(土)未明、サンパウロ市カーニバル会場アニェンビーを堂々と行進した。  サンパウロ・サンバチーム連合会(UESP)主催『2018年度ハイーニャ(女王)・コンテスト』で1月末、特別賞アグーリャ・デ・オウロを受けたサンバ講師の葛西叙江さん(45)も同 ...

続きを読む »

静岡県人会=10年振りに県費留学復活=母県と連携、会活性化へ=「青年部立ち上げたい!」

制度再開を祝した関係者

 県費留学制度の復活を足がかりに、県人会活性化を――。ブラジル静岡県人会(原永門会長)は、静岡県地域外交局地域外交課のモライス・アレシャンドレ地域外交専門官を迎え、「県費留学新制度説明会」を先月15日、同会会館で催した。元研修生、研修候補生ら約30人が出席し、朗報に沸いた。  静岡県は県費留学制度を長年実施していたが、およそ10 ...

続きを読む »

なぜ先進国首脳陣はブラジル訪問を避けるか?

エスタード紙2日付

エスタード紙2日付  《アメリカに新しい帝国権力(novos poderes imperiais)はいらない》―エスタード紙(E紙)2日付によれば、米国のレックス・ティラーソン国務長官は先週、6日間でラ米5カ国を外遊するのに先駆けて、そう宣言した。  これは中国が豊富な資金を投じてラ米地域で影響力を増大化させる傾向を非難したもの ...

続きを読む »

人文研=来月2日に出版記念会=シンポジウム報告書2冊を刊行

本山理事長

 サンパウロ人文科学研究所(本山省三理事長)は、出版記念会を来月2日午後6時から、ジャパン・ハウス(Av. Paulista, 52)で行う。今月26日に人文研で開かれた記者会見で、本山理事長は08年のブラジル日本移民100周年を記念しラテン・アメリカ記念講堂で開催されたシンポジウムの報告書「A presenca na Amer ...

続きを読む »

UESP=女王コンテスト特別賞!=葛西さん「とても光栄」

特別賞に喜びを見せた葛西さん(右から2番目)

 真夏の大祭典であるカーニバルが2週間後に迫るなか、24日から翌25日早朝にかけて開催されたサンパウロ・サンバ・スクール連合会(UESP)主催『2018年度ハイーニャ・コンテスト』で、サンバ講師の葛西叙江さん(45)が、特別賞アグーリャ・デ・オウロに輝いた。  惜しくも入選とはいかなかったものの、葛西さんが賞を獲得したのは今回が ...

続きを読む »

《ブラジル》国境警察の設立気運高まる=連警長官と大統領が会談

ブラジル北部のパラー州で国境警備を行う軍警(参考画像・SASCOM SEFA)

ブラジル北部のパラー州で国境警備を行う軍警(参考画像・SASCOM SEFA)  ミシェル・テメル大統領(民主運動・MDB)は15日、フェルナンド・セゴビア連邦警察長官と面会し、国境警察の設立に関する話し合いを行ったと、16日付現地紙が報じた。  この会合には大統領府法務部門副部長グスターヴォ・ロッシャ氏も参加した。トルクアルト ...

続きを読む »

東西南北

 昨日付本頁で報じた、9日にサンパウロ市地下鉄1号線で、電車到着直前に見知らぬ男性によって線路に突き落とされたが、奇跡的に命拾いしたジュッサラ・アラウージョ・デ・ソウザさん(23)が、11日付現地紙の取材に答えた。ジュッサラさんは「レールとレールの間のくぼみに落ちたの。本能的にカバンで頭を庇っていたから、頭を強打せずに済んだけど ...

続きを読む »

《ブラジル》カルドーゾ元大統領=「中道をまとめることが必要」=アウキミン知事に注文=避けたい大統領選二極化=ルーラに対して厳しい見解も

カルドーゾ元大統領(Wilson Dias/Agência Brasil)

カルドーゾ元大統領(Wilson Dias/Agência Brasil)  カルドーゾ元大統領(在職1995~2002年)が2日付エスタード紙で10月の大統領選の展望について語る中、同氏所属の民主社会党(PSDB)の有力候補であるジェラウド・アウキミン・サンパウロ州知事に注文をつけると共に、長年のライバルで復活当選を目指すルー ...

続きを読む »

ラ米で地歩を固める中国=「呪いの壁」で助けるトランプ=パラグァイ在住 坂本邦雄

ラ米諸国と米国を隔絶する「呪いの壁」。左側がサンディエゴの国境警備隊事務所、右側がメキシコティフアナの間の国境フェンス(By Sgt. 1st Class Gordon Hyde [Public domain], via Wikimedia Commons)

 2017年の重大なニュースの中で、比較的世論の関心を惹かなかった重要な問題は、トランプ大統領のラ米諸国との冷ややかな政策や無関心な対応によるスキに乗じて、中国が同地域における政治・経済的影響力を抜け目なく、着々と伸ばして来ている事実である。  トランプ大統領のメキシコに対する痛論、不法入国者、反自由貿易主義、世界の195カ国が ...

続きを読む »