ホーム | ボリビア 関連記事

ボリビア 関連記事

東西南北

 あと2週間ほどでクリスマスになるが、9日付アゴラ紙によると、今年の子ども向けのプレゼントとして、武器のおもちゃが流行しているという。主な要因としては、子どもたちの間で「アベンジャーズ」などのスーパーヒーロー映画が影響力を持っていることが大きいが、奇しくも、今年は「銃自由化」を訴えるジャイール・ボウソナロ氏が大統領に当選した年で ...

続きを読む »

《サンパウロ市》スペイン人のテロリストを逮捕=20数年の逃亡の末に

 サンパウロ市西部バラ・フンダで5日に公文書偽造罪で捕まった男性が、1977年にスペインでテロ事件を起こして逃亡していた人物だったことが判明した。7日付現地紙が報じている。  この男性の本名はカルロス・ガルシア・フリアで、24歳だった1977年1月24日にマドリッドで起きた「アトチャの殺戮」という事件で、5人を殺害した。この事件 ...

続きを読む »

東西南北

 5日付アゴラ紙によると、サンパウロ市西部マルジナル・ピニェイロスの高架橋に2メートルのズレが生じた11月15日の事故以来、市内の渋滞が38%悪化しているという。ズレの生じた部分に関しては、完全な復旧の見通しが立つまで、コースの変更を余儀なくされており、混乱はしばらく収まりそうにない。また、サンパウロ市はこのたび、北部のマルジナ ...

続きを読む »

安倍総理=パラグァイを公式初訪問=「1万日系人の現地貢献は誇り」=超新鋭浚渫船建造資金を援助

外交関係樹立100周年記念ロゴを発表する両首脳(首相官邸HP)

 【パラグァイ発=坂本邦雄さん特別寄稿】11月30日(金)から12月1日(土)にかけて、亜国ブエノスアイレス市で開催されたG20サミット(首脳会議)に参加した安部晋三首相は、翌日曜日(2日)夕刻に帰国の途上、先にウルグァイに立ち寄った後、パラグァイに短時間ながら公式訪問した。  これまでに、1978年に当時は未だ皇太子同妃両殿下 ...

続きを読む »

沖縄戦の惨苦――戦争孤児 親富祖政吉=第4回

新たな希望を求めて。第4次青年隊移民37人と共にブラジルへ

 しかし僕は勉強にあまり身が入らず、学校を止めようかと思いながら2年生になっていました。2学期になって宮古島から仲村という社会科の先生が転任してこられた。  社会科の試験の成績が良かったということもあってか、先生から「今日先生は宿直だから、色々と話をしたいからお出で」と誘われました。  先生は、学校での勉強のことや人間の生き方な ...

続きを読む »

パラグアイでブラジル人密売者の救出阻止=ブラジルと同国の警察が協力し=2日にはトンネルも発見

地中に隠されていた武器や弾薬(Divulgação/PF)

 ブラジル連邦警察とパラグアイの国家麻薬犯罪防止局が4日、パラグアイの首都アスンシオンで収監中のブラジル人の麻薬密売者マルセロ・フェルナンド・ピニェイロ・ヴェイガことマルセロ・ピロット(以下、ピロット)救出作戦を企てていたブラジル人5人を逮捕、大量の武器も押収したと5日付ブラジル国内紙サイトが報じた。  ピロットはリオを本拠とす ...

続きを読む »

《ブラジル》殺人容疑者がリンチに遭い死亡=前日殺した市民の遺族らの報復か

事件について報じたG1サイトの記事の一部

 ブラジル北部のアクレ州内陸部のカピシャバ市で9月27日夜、殺人容疑で捕まったエリソン・デ・ソウザ・サントス容疑者(19)が、警察署に乗り込んだ住民達からリンチに遭って死亡するという事件が起きた。  同容疑者が捕らえられていた警察署を襲った住民達は、署の門や錠前をハンマーなどで壊し、同容疑者を房から引きずり出した。サントス容疑者 ...

続きを読む »

■訃報■田中慎二

 イラストレーター、画家、コロニア史研究家の田中慎二さんが7日午後4時、聖州立ガン医療センター(ICEUP)で多臓器不全のために亡くなった。享年83。今年初めにすい臓ガンが見つかり手術をしていたが、感染症を併発して急死した。初七日は16日(日)午前10時15分からパロキア・サンフランシスコ・デ・アシス(Rua Borges La ...

続きを読む »

特別寄稿(追悼文)=田中慎二さんのこと=聖市在住 中島 宏

「ブラジル日系美術史」出版記念会のときの田中慎二さん

 また一人、コロニア、いわゆるブラジル日系社会から、異彩を放った稀有な人物が忽然と消えた。田中慎二さんが亡くなられた。享年八十三歳であった。  一九五五年に日本からボリビアに移住、その後、一九六〇年にブラジルへ再移住し、パウリスタ新聞社に入社後、コチア産業組合の機関紙「農業と共同」誌に勤務。一九七〇年代以降はフリーとなって、日系 ...

続きを読む »

《ブラジル》アマゾナス州の麻疹患者千人超す=ボリビアが予防接種を義務化

軍医や兵士も協力して行われているマナウス市での予防接種キャンペーン(Altemar Alcantara/Semcom)

 ブラジル国内ではベネズエラ人の流入や移動に伴うと思われる麻疹(はしか)の感染拡大が続いており、ボリビアが、予防接種を受けていないブラジル人の入国を禁ずる事を決めたと21日付現地紙サイトなどが報じた。  麻疹感染は、今年2月にロライマ州で最初の死者が出て以来、注目を集めている。6日に始まった乳幼児向けの予防接種キャンペーンでは、 ...

続きを読む »