ホーム | ラヴァ・ジャット 関連記事

ラヴァ・ジャット 関連記事

オデブレヒト=ベネズエラで贈賄1億7千万ドル=チャベスやマドゥーロにも贈賄

マルセロ・オデブレヒト元社長(Cicero Rodrigues/World Economic Forum)

マルセロ・オデブレヒト元社長(Cicero Rodrigues/World Economic Forum)  ラヴァ・ジャット作戦での多額の贈賄容疑が問題となった建設大手オデブレヒト社が、2006年から14年にかけて1億7300万ドル(6億3千万レアル)もの贈賄をベネズエラの政治家に行なっていた疑惑が、ブラジルとベネズエラで行な ...

続きを読む »

議長選=上院議長で異例の大波乱=若きアルコルンブレ氏当選=下院はマイア圧勝で三選=DEMの影響が強まる

夫人と当選を喜ぶアルコルンブレ氏(Fabio Rodrigues Pozzebom/Ag. Brasil)

夫人と当選を喜ぶアルコルンブレ氏(Fabio Rodrigues Pozzebom/Ag. Brasil)  連邦議会の議長選は、下院ではロドリゴ・マイア氏(民主党・DEM)が1日にすんなりと三選を決めた。しかし上院では1995年から上議を務め、今回3度の議長席を狙う老獪なレナン・カリェイロス氏(63、民主運動・MDB)に対し、 ...

続きを読む »

《ブラジル》連邦議会=初日は議長選からスタート=下院はマイア再選が有力=上院はレナン止められるか

1日の下院(Lula Marques)

1日の下院(Lula Marques)  1日、連邦議会が再開され、下院、上院共に議長選挙からはじまった。議長は同日の夕方から夜に決定する見込みだ。1日付現地サイトが報じている。  下院議長選の争点は、16年7月以来議長をつとめているロドリゴ・マイア氏(DEM・民主党)の三選目なるか、ということにある。 ※このコンテンツを閲覧す ...

続きを読む »

《ブラジル》下院議席数=PTとPSLが共に第一党に=大統領選で対立の両党=MDB5位、PSDB9位

30日付フォーリャ紙サイトに掲載された政党分布に関する記事の一部

30日付フォーリャ紙サイトに掲載された政党分布に関する記事の一部  連邦議会は明日2月1日から活動を再開するが、下院の議席数を見ると、労働者党(PT)とボウソナロ大統領の社会自由党(PSL)が共に55人で、第一党となっている。30日付フォーリャ紙が報じている。  昨年の10月7日に行われた下院議員選挙の時点では、PTが56人、P ...

続きを読む »

《ブラジル》上院議長選=注目はMDBのテーベチ氏=反レナン派の支持受ける=DEMの権力集中阻止の意味も

テーベチ氏(Pedro França/Agência Senado)

テーベチ氏(Pedro França/Agência Senado)  2月1日に行われる上院議長選に、最大党・民主運動(MDB)の女性議員シモーネ・テーベチ氏が名乗りをあげ、話題となっている。それは、「政界浄化」を掲げる勢力から、ラヴァ・ジャット作戦で数多くの容疑を抱えるレナン・カリェイロス上議(MDB)の返り咲き当選を阻止す ...

続きを読む »

人気俳優=Wモウラの初監督作がベルリン映画祭に=物議醸しそうな共産主義ゲリラの伝記

 ブラジル国内で人気・実力共にナンバーワン俳優の呼び声高く、大ヒット映画の「エリート・スクワッド」やネットフリックスのドラマ「ナルコス」の主人公として世界的にも知られるヴァギネル・モウラ。その彼が初めて監督した作品「マリゲーラ」が、「世界3大映画祭」のひとつ、2月開催のベルリン国際映画祭に出展されることになった。これが映画の内容 ...

続きを読む »

夫とは好対照な夫人のイメージ

就任式でのミシェレ氏(Marcelo Camargo/Agência Brasil)

 元旦の大統領就任式で、ボウソナロ大統領夫人の株が随分上がった。表に出てきはじめたのが大統領当選後と間もなく、「福音派との結びつきが非常に強い人らしい」という情報しか入ってきていなかった▼だが、そんな彼女がたちまち国民の記憶に残ることを行なった。それが大統領就任式で行なった手話パフォーマンスだった。大統領の就任式で夫人がスピーチ ...

続きを読む »

ボウソナロ新内閣が発足=「政治家より国民のために尽くす」=古く澱んだ池に澄んだ大量の水=聖市在住 駒形 秀雄

新しく就任した内閣(Foto Valter Campanato/Agência Brasil)

 1月1日、うす曇りの首都ブラジリアで各界要人列席の下、ジャイール・ボウソナロ氏の第38代大統領の就任式が無事挙行されました。全国各地から11万人もの国民がこれに参集し、三権の広場は大衆の祝福の言葉で満たされました。  翌2日には各省庁の実務を遂行する新閣僚たちも正式に任命され、旧来とは別の清新メンバーによる内閣が発足しました。 ...

続きを読む »

怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボウソナロ

ボウソナロ氏(Rogério Melo/PR)

 「なぜ、そんな兆しさえなかったブラジルで、極右政権が誕生したのか」と問われたとしたら、「ルサンチマン(積もり積もった怨念)」と「ブラジル選挙の29年のジンクス」の2つが起こした〃時代的な化学反応〃を理由にあげる。この二つの事象は、いかにして窓際下院議員、陸軍予備役少佐、ジャイール・ボウソナロ氏を大統領へと導いたのだろうか。 P ...

続きを読む »

2018年=ブラジル10大ニュース発表=話題の中心はボウソナロ=ルーラ時代の栄華も崩壊=社会の様々な歪みも噴出

ボウソナロ氏刺傷事件(Reprodução TV)

 2018年もブラジルでは大きなニュースが相次いだが、その中から特に大きなものを10選び、改めて紹介する。  1位はジャイール・ボウソナロ氏の大統領選勝利だ。同氏の勝利は、ただ単に「極右候補が勝った」という性質のものではなく、9月6日にミナス・ジェライス州で起きた刺傷事件や、入院時に同氏を嫌う女性有権者たちが起こし、全国的な規模 ...

続きを読む »