ホーム | ルーラ 関連記事

ルーラ 関連記事

東西南北

 バス専用道を作るなどして、悪名高い市内の交通渋滞緩和を試みてきたサンパウロ市だが、ラッシュ時になると途端に動けなくなるバスは今も少なくない。21日付アゴラ紙は、「最も遅いバスの路線」ワースト10を午前と午後に分けて発表しているが、いずれも時速わずか10キロ前後とかなり遅い。午前ワーストは西部のピニェイロス~ドン・ペドロ間行きの ...

続きを読む »

《ブラジル》連警が労働者党グレイシ党首の収賄暴く=5度の支払で88万5千レアル=2度目の起訴は不可避か=ジルセウは2度目の服役決定

17日のグレイシ氏(左)(Ricardo Stuckert)

17日のグレイシ氏(左)(Ricardo Stuckert)  連邦警察が17日、労働者党(PT)党首のグレイシ・ホフマン上院議員が、ラヴァ・ジャット作戦(LJ)にまつわる汚職工作で合計88万5千レアルの収賄を行った疑いがあるとの報告書をまとめ、最高裁に提出した。また、同党所属の元官房長官ジョゼ・ジルセウ被告の控訴が連邦第4地域 ...

続きを読む »

《ブラジル》抗議者襲撃のPT元市議親子逮捕=ルーラ逮捕命令の直後

 16日、ルーラ研究所の前で元大統領を批判した企業家に暴行を加えた件で、11日に殺人未遂容疑で逮捕命令が出ていた労働者党(PT)の政治家親子がサンパウロ市市警に出頭した。17日付現地紙が報じている。  逮捕されたのは大サンパウロ市圏ジアデマの元市議のマノエル・エドゥアルド・マリーニョ容疑者と、その息子のレアンドロ容疑者だ。2人は ...

続きを読む »

セレソンへのシニカルな見方はいつ終わる?

代表選出された23人

 14日、W杯サッカーがちょうど1カ月前を迎えた時点で、セレソンが出場23選手を発表した。ただ、盛り上がりには欠けている▼それはなぜか。「前回の大会でドイツに屈辱の1―7の大敗を喫したことで、国民からの信用が薄れているから」。それもある。「出場しても、またみじめな敗戦をして終わるだけなのでは」。そういうペシミスティックな感情論も ...

続きを読む »

《ブラジル》グアルジャーの三層住宅落札=ルーラ氏断罪招いた疑惑物件

 ルーラ元大統領への賄賂の一部とされる、サンパウロ州グアルジャーの高級三層住宅が競売にかけられ、入札期限の15日に、220万レアルで落札された。  入札期限の15日、それも制限時間まであと5分というタイミングで行われた入札は、ブラジリア在住者によるもので、落札額は底値の220万レアル。実際に所有権を得るためには、落札後72時間以 ...

続きを読む »

《ブラジル》労働者党元市議と息子に逮捕状=ルーラ逮捕前夜の殺人未遂で

 ルーラ元大統領に逮捕命令が出た4月5日、元大統領支援者がルーラ研究所前で起こした殺人未遂事件で、労働者党(PT)元市議とその息子に逮捕令状が出たと12日付現地紙が報じた。  事件が起きたのは、元大統領逮捕命令が出た5日夜だ。サンパウロ市のルーラ研究所前の前には元大統領支援者らが大勢集っていたが、通りかかりの企業家、カルロス・ア ...

続きを読む »

東西南北

 12日にテメル政権が2周年を迎えたが、ダッタフォーリャの統計によると、在任期間中の国民からの人気を200点満点の指数にした場合、テメル氏は、コーロル大統領以降では最も低い、わずか25点だったという。それによると、もっとも高かったのはルーラ政権2期目(2007~10年)だ。ルーラ氏の2期目、ジウマ氏の1期目、カルドーゾ氏の1期目 ...

続きを読む »

「ルーラを釈放せよ!」スタンプの紙幣は無効にならず=ブラジル中銀が噂を否定

インターネットで拡散している、ルーラ元大統領の顔のスタンプ入り紙幣

 ブラジル中銀は3日、「ルーラ元大統領の顔写真スタンプや、『ルーラを釈放せよ!』とスタンプされたレアル紙幣は無効にはならない」との公式発表を行った。  ことの経緯は、カリスマ的人気を誇ったルーラ元大統領が、収賄疑惑などで有罪判決を受け、4月7日からパラナ州クリチバ市の連邦警察署に収監されていることで、ブラジルの通貨であるレアル紙 ...

続きを読む »

PTはシロと手が組めるか?

17年2月、ルーラ氏と会談した際のシロ氏(Ricardo Stuckert/Instituto Lula)

17年2月、ルーラ氏と会談した際のシロ氏(Ricardo Stuckert/Instituto Lula)  混戦と言われ、「誰が勝つかわからない」と言われている今年の大統領選だが、ここに来て、大きく動きつつあるとコラム子は見ている。有権者の動向でこそないが、少なくとも政界関係者の流れはシロ・ゴメス氏(民主労働党・PDT)に向い ...

続きを読む »

東西南北

 8日午前に突如発表されたジョアキン・バルボーザ氏の大統領選出馬断念。テレビ司会者のルシアノ・フッキ氏が出馬断念後に、「政界浄化」の希望を込めてそれなりに高い支持率を得ていた同氏だったが、そこはやはり元々が政治家ではない人物。「きれいそうなイメージ」だけでは政治はできない、ということか。これで、国民は改めて現実に立ち返って次期大 ...

続きを読む »