ホーム | 外交樹立120周年 関連記事

外交樹立120周年 関連記事

ブルー・ツリー=本場カーニバル体験を堪能=アギア・デ・オウロが指導=充実のワークショップ

カーニバルの一日体験を楽しんだ来場者

 真夏の風物詩カーニバルを安全に楽しめる機会の提供を目的に「国際カーニバル・ワークショップ(Workshop Carnaval das Nacoes)」が3日、聖州バルエリ市アルファビレ区のエスパッソ・ヴィラ・ブルー・ツリーで催された。主に進出企業駐在員や日系社会から約150人が参加し、サンバチームのアギア・デ・オウロ(黄金の鷲 ...

続きを読む »

東洋街路上カーニバル、今週末=熱い3日間で、民族の調和を!

東洋街で開催された路上カーニバルの様子

 真夏の大祭典であるカーニバルが一週間後に控えるなか、今週末の2、3、4日の3日間にかけて、『東洋街・路上カーニバル』が開催される。聖市主催で、野村アウレリオ市議の支援により実現したもの。  これは、聖州路上カーニバル・ブロッコ連盟の公認ブロッコ。聖州全体では、同連盟公認ブロッコは280に及び、非公認を含めるとおよそ680に上る ...

続きを読む »

国際カーニバル・ワークショップ=「安全な場所で楽しんで」

(左から)内村さんと小林さん

 真夏の大祭典の本番が近づくなか、『国際カーニバル・ワークショップ(Workshop Carnaval das Nacoes)』が、来月3日、エスパッソ・ヴィラ・ブルー・ツリー(Rua Castro Verde, 266, Jardim Caravelas)で、本番の一足先に開催される。  ブルーツリー・ホテルズ&リゾーツ、小林 ...

続きを読む »

国際交流基金=松尾副所長離任、後任に山氏=「120年に繋がる事業を」

(左から)松尾さん、山さん

 国際交流基金サンパウロ日本文化センターで、12年5月から5年以上に及び副所長を務めた松尾博貴さん(45、埼玉)と新任の山雄起さん(33、三重)が24日、離着任の挨拶のため本紙を訪れた。  松尾さんは「一つ一つが印象深く、記憶に残っている。一つには絞れないよ」と感慨深げに語り、5年間を振返った。15年の日伯外交樹立120周年に伴 ...

続きを読む »

中前総領事、来月9日帰国=忘れようのない日系社会=「ルーツの種火をどう燃やすか」

帰国挨拶する中前総領事

 来月9日に2年の任期をおえて帰国する中前隆博在聖総領事(56、広島県)は16日夜、挨拶のため来社した。任期を振り返り、日系社会への感謝と今後の更なる日系社会の発展を願った。  13年9月から在ブラジリア日本国大使館公使として勤務し、15年6月から総領事に。15年に日伯外交樹立120周年行事で秋篠宮同妃両殿下をお迎えしたほか、今 ...

続きを読む »

県連記者会見=日本祭り来月7日から開催=大阪万博誘致の展示も=20年の歩みテーマに

市川さん、ガランチ理事、山田会長、ブラデスコの木村オラボ氏、トヨタのシモムラ・セルソ氏、三菱のアクツタダシ氏らスポンサー代表

 来月7から9日にかけてサンパウロ・エキスポセンターで開催される『第20回日本祭り』を控え、ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)は14日、ジャパン・ハウス内多目的ルームで記者会見を行った。ブラジル報道陣向けで同祭会見が開催されたのは今回が初。テレビ局など報道関係者40人近くが集るなか「聖市の一大行事」の概要が明らかにさ ...

続きを読む »

日本移民110周年は目前だ! (連載2)=できればマリリアにもご来訪を

三笠宮同妃両殿下がご訪問されたマリリアの公園(梅崎嘉明さん提供)

 次の節目である日本移民110周年まで、あと1年と8カ月になったが、まだ記念事業の計画は聞こえてこない。日本から皇室をお呼びし、大きな事業をするのであれば、遅くとも1年前には大筋が決まっていないと難しい。本来なら、この年末、遅くとも来年前半が勝負時のはずだ。  世紀の節目だった日本移民百周年から8年が経ち、日伯外交樹立120周年 ...

続きを読む »

梅田大使がブラジルに別れ=W杯、外交120周年、五輪経て=「ありがとう」日系社会に感謝

日系諸団体共催の送別会に訪れ、笑顔で乾杯する梅田大使夫妻(中央)

 ブラジル離任が発表された梅田邦夫特命全権大使が先月29日、サンパウロ市にある本紙編集部へあいさつに訪れた。2014年3月の着任から2年7カ月。話題の多かった任期中を「激動の時代」と振り返りつつ、「たくさんのご支援を頂いた」と日系社会に対し感謝を伝えた。  サッカーW杯やリオ五輪といった一大イベントを終え、外交120周年での皇室 ...

続きを読む »

創立半世紀に記念誌を編纂=新たな発展を期待、都友会

本の表紙

 東京都友会(尾和義三郎会長)は創立50周年を記念して、『ブラジル東京都友会 50年の歩み 1965~2015』を刊行した。創立当時の様子から、現在に至るまでの都友会活動や、研修生派遣事業といった母都との繋がりの歴史や、友好協定を結ぶ東京都と聖州の交流史が纏められている。 日伯外交樹立120周年、東京都と聖州の友好協定25周年、 ...

続きを読む »

国際交流基金「リオから東京へ」=五輪向けの大型文化事業=美術展、映画祭、コンサート

マルシアさんと「上を向いて歩こう」の作曲家・中村八大さんの息子、中村力丸さん

 【東京支社発】リオ五輪を盛り上げるために7月から8月にかけて、リオ・デ・ジャネイロ市で美術展や映画上映、コンサートなどの記念イベントを開催すると、国際交流基金は16日に東京の同本部で記者懇談会を開いて発表した。前回の東京五輪時代(1964年)前後に活躍したアーティストの作品を中心に展開し、2020年の東京五輪に向けた機運の高揚 ...

続きを読む »