ホーム | 外交樹立120周年 関連記事 (ページ 20)

外交樹立120周年 関連記事

県連代表者会議=出店経費は昨年比で倍増=見込まれる日本各省参加=次回故郷巡りはメキシコへ

郷土食ブースにかかる経費を説明する山田委員長

 ブラジル日本都道府県人会連合会(本橋幹久会長)の1月度代表者会議が先月29日、文協ビルの県連会議室で行われ、41人が出席した。 前日28日には郷土食ブースの出店説明会を行い、出店説明会の会場・栃木県人会館には、県人会などおよそ50団体から約100人が集まり、質疑応答で3時間以上を費やした。 関係者らに「経費は一店につき7~8千 ...

続きを読む »

飯星下議が3日に就任

飯星ワルテル連邦下議(PSD)

 飯星ワルテル連邦下議(PSD)が3日、ブラジリアの連邦議会で3期目の就任宣誓を行なった。 飯星氏は昨年の統一選挙でいったん当選していた。その後パウロ・マルフ氏が、汚職防止法で立候補取下げ扱いされていたことを不服とする裁判に勝った。そのため20万票余りを獲得していたマルフィ氏が当選扱いとなり、同連立中下位だった飯星下議が補欠に回 ...

続きを読む »

120周年第4回会合=大統領訪日と皇室ご来伯実現へ=日本館改修も記念事業に=練習艦隊数カ所に寄港か=リオも独自に事業進める

ロゴを背にしたブルーノ・ヒトシさん

 日伯外交関係樹立120周年記念事業ブラジル実行委員会(梅田邦夫委員長=駐伯日本国大使)は2日、在聖総領事館で第4回会合を行なった。構成員の日系5団体ら約20人が出席した。会議後に梅田大使、福嶌教輝在聖総領事、山元毅(つよし)在リオ総領事が会見し、目玉企画の花火大会と展示会開催の進捗状況を伝えた。また記念事業の一つに、日本館の改 ...

続きを読む »

カーニバル講座で楽しく=「美味しいサンバを踊って」

小口さんにサンバを教わる参加者親子

 「カーニバルワークショップ」が1月31日、聖市ブルーツリーパウリスタ・ホテルで開催された。日伯外交樹立120周年行事の一環で、インスティトゥート・パウロ小林(IPK、小林ヴィトル代表)、アギア・デ・オウロ(以下、アギア)、同ホテル、ノア・パウリスタの共催で行われた。 開催に先立ち、同ホテル国際部の広瀬純子さんは「サンバを体で感 ...

続きを読む »

東西南北

 汎アマゾニア日伯協会が付属図書室を日系人向けに改良している。堤剛太元事務局長によれば、一世の利用者が減っているため、日系人や非日系の利用者を増やすべく、州政府文化庁から4万レアルの補助金を受けてポ語書籍を収集中とか。今回あったアマゾニア日伯援護協会の50周年式典は、日伯国交樹立120周年の同地開幕行事でもあった。「面白い年にし ...

続きを読む »

東洋風に拘って芸能活動=井上ナターリアさんアギアに=プレイボーイ 純血日系では初表紙=「バッチャンが大好き」

プレイボーイ誌のお気に入りの写真を手にする井上さん

 「ブラジル版プレイボーイが始まったのは1975年ですが、東洋風にグラビア撮影した純血日系人は私が初めてです」。井上ナターリアゆかりさん(28、三世)は日系として強い誇りを持ちながら、当地で芸能活動を行っている珍しい人物だ。2月16日深夜に行われる聖市カーニバルでは、日伯外交樹立120周年をテーマにパレードするアギア・デ・オウロ ...

続きを読む »

援協役員会で新理事紹介=ウニメジ未払い問題検討

与儀日伯友好病院経営委員長

 サンパウロ日伯援護協会(菊地義治会長)は29日、本部で1月定例役員会を開いた。新規就任の理事として土井セルジオ紀文、吉川卓志、根塚弘、藤井喜二朗氏が紹介され、菊地会長は「新しいアイデアを持って援協を活性化して欲しい。改めて一致団結し、盛り上げましょう」と話した。 次に日伯外交樹立120周年事業認定について、菊地会長から鶴のロゴ ...

続きを読む »

総領事公邸で和食イベント=120周年記念事業の開幕=小池シェフに功労者表彰

福嶌総領事から農水大臣賞を受け取る小池シェフ

 在聖総領事館(福嶌教輝総領事)が27日にモルンビー区の総領事公邸で、聖市における日伯外交樹立120周年記念事業の正式なオープニングとなる和食イベントを開催した。文協和食普及委員会委員長を務めるレストラン「藍染」の小池信シェフが腕を振るい、メディア関係者、他国の外交官ら約90人をもてなした。 同シェフが昨年、日本農水省より受賞し ...

続きを読む »

リオで400人が新年会=外交120周年の成功願う

鏡割りで新年を祝った

 リオ州日系4団体が主催し11日昼、リオ日系協会講堂で新年会を行なった。新年を共に祝おうと約400人が集まった。在リオ日本国総領事館やリオ州日伯文化体育連盟、リオ日本商工会議所、日伯文化協会、リオ日系協会から多くの参加者が訪れた。 両国歌斉唱後、4団体を代表して鹿田明義連盟理事長があいさつ。「旧年は『アベノミクス』を進める第3次 ...

続きを読む »

パラナ州100周年=三つの節目で飛躍の年に=西森連邦下議が抱負語る=3月開幕式、6月記念法要=海苔現地生産の可能性探る

「経済関係をより強めたい」と意気込みを語った西森連邦下議

 パラナ州では今年、日本人入植100周年、兵庫との州県姉妹提携45年、日伯外交樹立120周年という三つの節目の重なる一年を迎えるにあたり、同州選出の西森ルイス連邦下議(65、PR)が14日、本紙を訪れ、意気込みを語った。入植100周年記念事業実行委員会(山脇ジョルジ委員長)を昨年9月に立ち上げ、ベット・リッシャ州知事も名誉委員長 ...

続きを読む »