ホーム | 大豆 関連記事

大豆 関連記事

穀物輸送=ブラジル北部の鉄道敷設計画に、アメリカ穀物メジャーなどが関心=126億レアル規模の官民合同計画=長年の課題は解決するか?

国道163号線で立ち往生するトラック(参考画像 - 53º BIS)

国道163号線で立ち往生するトラック(参考画像 – 53º BIS)  ブラジルは世界有数の穀物生産国だが、内陸部で収穫された穀物を港まで運ぶためのインフラ設備が著しく脆弱だ。これを受け、米国の穀物メジャーなどが立てた、ブラジル中西部マット・グロッソ州の一大穀倉地帯でとれた大豆を北部に運ぶための鉄道敷設計画に、国内外 ...

続きを読む »

サンパウロ州=100トンの大豆のサイロに落ちた!!=あわやの男性2人無事救出

 サンパウロ州内陸部のパラナパネマで8日、約100トンの大豆を貯蔵するサイロに男性2人が落ちたが、約3時間後に無事に救出されるという事件が起きた。  事故当時、男性2人はサイロのそばで働いていたが、突然、100トン以上の大豆が貯蔵されているサイロに吸い込まれたという。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ ログイン ...

続きを読む »

基礎食料品セット=23州の州都で価格低下=1年で1割以上下がった都市も

基本生活物資の値段は下降傾向にある(参考画像 Agencia Brasil)

基本生活物資の値段は下降傾向にある(参考画像 Agencia Brasil)  ブラジルでは、生活基本物資の価格の変動を見るため、「セスタ・バジカ」と呼ばれる基礎食料品セットの価格を定期的にチェックする。  労組間社会経済調査・統計所(Dieese)によると、6月はブラジリアを含む27州都中、23州の州都でセスタ・バジカの値段が ...

続きを読む »

《ブラジル》貿易収支=上半期の黒字額が記録更新=穀物の豊作などが後押し

 商工開発省が3日、今年上半期の貿易収支は、1989年の統計開始以来、最高の362億1900万ドルの黒字計上と発表したと3、4日付現地紙、サイトが報じた。これまでの黒字は、2016年の236億5千万ドルが最高だった。  同省によると、今年上半期の輸出総額は1077億1千万ドルで、輸出量は昨年同期比1・8%増、輸出額は17・6%増 ...

続きを読む »

わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(15)

 わが富山中隊が駐屯する地区はこの駅から15km、徒歩で約3時間半を要すると云う。そして夢に描いた「曠漠千里…」の大平原とは程遠い山あり丘あり小川など山紫水明の地であった。かつてロシアが森林鉄道を敷設し無限の密林を伐採し、この鉄道で運びだしたと云われている。付近には大木の切り株が無数にくされかかったまま残っていた。 ...

続きを読む »

6月の「15日締めインフレ率」発表=+0・16%は11年ぶりの低数値

 毎月の公式インフレ率の予測となる、前の月の16日から、その月の15日までのデータで算出される、15日締め広範囲消費者物価指数(IPCA―15)の6月の数値は、0・40%だった5月より0・24%ポイント低い0・16%だった事が分かった。  これは6月のIPCA―15としては、マイナス0・15%のデフレを記録した、2006年以来の ...

続きを読む »

わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(3)

 この狭少な農地で主な農産物と云えば、甘蔗(サトウキビ)と甘藷(サツマイモ)で他に大豆や野菜類がある。そのうち換金作物となるのが甘蔗と甘藷である。小さい島の小規模の農業だから、極く集約的農業で収穫量も微々たるものである。  最近では花卉の栽培が盛んになり、本土に花のない時期を目当てに出荷する対策が講じられているようである。  幼 ...

続きを読む »

第8回全パ日労連親睦交流会=250人で賑やか和やかに=最優秀川柳「亡くなればみんないい奴惜しい人」=パラグァイ 坂本邦雄

秦泉寺清氏を囲む筆者夫妻

 今年は8回目になる全パラグァイ日系老人クラブの親睦交流会が、この5月21日(日)にアルト・パラナ県イグアス市の日本人会会館サロンで、パ日老連の山西司郎事務局長の司会により、ホスト役のイグアス鶴寿会と近くのエステ市東寿会の共催の許に盛大に執り行われた。  集まったのはアマンバイむつみ会、エンカルナションあけぼの会、チャベス相生ク ...

続きを読む »

《ブラジル》県連故郷巡り=「承前啓後」 ポルト・ヴェーリョとパウマス=(30)=1500Haで中規模農家

昨年11月に結婚40周年を迎えた馬場アヤ子さんと夫の和義さん

 エジソンさんの説明は実に論理的だ。「年に大豆1回1500ヘクタール、トウモロコシ1回1000ヘクタール。枝や葉は全部、土に戻す。水は雨だけ。ここでは6カ月間、雨が降って、残りは乾期。この地域ではヘクタール当り50俵が平均だが、35俵取れれば、もう利益がでる。今年はだいたい1俵当り60レアルで、僕らはl00%輸出している。今はも ...

続きを読む »

《ブラジル》県連故郷巡り=「承前啓後」 ポルト・ヴェーリョとパウマス=(29)=1500Haで従業員5人

中村ネルソンさんとエジソンさん

 3月21日(火)朝8時半、一行はホテルを出発し、パウマス市から150キロにあるアパレシーダ・デ・リオ・ネグロ市にある中村エジソンさん(41、三世、リンス生まれ)の大豆農場に向かった。ネルソン会長の従兄弟だ。  パウマスは谷底のように低くなっており標高は100メートル程度だが、セーラを登るといきなり400メートルになる。上は見る ...

続きを読む »