ホーム | 日本祭り 関連記事

日本祭り 関連記事

サトウ・カンパニー=特撮ヒーロー映画1月公開へ=ブラジル版ジャスピオン製作=移民110周年で日本映画祭も

佐藤社長、ジャケリーネ秘書

 特撮ヒーロー「ジャスピオン」ブラジル版を来年1月公開へ――サンパウロ市近郊バルエリ市アルファビレの映画配給会社サトウ・カンパニーが、2月に同映画の製作を発表した。同社が8月に予定する日本映画上映イベント「Japan Filme Experience 2018」(以下JFE)では、その監督、配役が発表されるほか、日本移民110周 ...

続きを読む »

ジャパン・ハウス1周年=来館者数77万人を記録=将来的な収益性強化が課題

開館から1周年を迎えたJH

 日伯政府要人が一同に会し、華々しくオープンしてから丸1年を迎えたジャパン・ハウス(平田アンジェラ多美子館長、以下、JH)。開館わずか1カ月で来館者は7万5千人、1年間では延数76万9502人を記録した。当初の年間目標13万6千人を遥かに上回る実績をあげ、パウリスタ大通りでも象徴的な文化施設の一つとして地位を確立した。開館から1 ...

続きを読む »

110周年式典=総勢2千人の豪華芸能ショー=龍、大蛇、獅子が共演?!=今年一番、見逃せない大舞台

感動の嵐を呼んだ小禄田原字人会100周年記念公演

 7月21日午前11時から県連日本祭り会場で開催される「ブラジル日本移民110周年記念式典」。その前後に、総勢2千人の出演者による特別な豪華芸能ショーが予定されている。テーマは「結―次世代に繋ぐ未来への懸け橋」。30以上の芸能団体が流派や年代を超えて結束し、演目を繋いでゆく形で舞台が構成される。5千人収容の式典会場で行われるこの ...

続きを読む »

ニッポン移住者協会=日本庭園修復、上棟式=6月にUSPへ再贈呈

棟門の完成を祝った関係者(撮影・望月二郎)

 【既報関連】日本移民110周年記念事業の一つとして、ニッポン移住者協会(杓田美代子会長)が中心になってサンパウロ州立総合大学(USP)構内の日本庭園修復を進めている。その一環として先月5日に「棟門」が新設され、上棟式が行われた。  同庭園入口に建てられた棟門は、西川忠夫氏やヴァルゼン・グランデ・パウリスタのコチア青年有志が寄贈 ...

続きを読む »

《ブラジル》文協定期評議会=会計は16年度に続き赤字=110周年記念事業、資金に目処

報告を行う呉屋会長(左)と西尾副会長

 ブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)は先月28日、『第154回定期評議員会』を行った。日本移民110周年記念事業の資金集めは目標の300万レアル(約9300万円)に達成する予定と報告された一方、文協自体の会計は2016年度に続いて昨年度も赤字となり、増収が急務であることが改めて浮き彫りとなった。  110周年記念事業の柱は ...

続きを読む »

日系社会で新たな一手=将棋イベントに150人=文化普及目指し準備着々

将棋教室では大盤や手製の駒の動かし方表を用意した

 将棋文化の普及活動を行っているブラジル将棋連盟(吉田国夫会長)が4月21、22日に将棋普及イベントを行い、計150人の参加を得た。ニッケイ新聞(高木ラウル社長)や在ブラジリア日本国大使館(山田彰駐伯特命全権大使)など当地への将棋文化普及を望む日系社会の各団体が協力した。  ブラジル将棋連盟には1970年代の最盛期、日本人移民を ...

続きを読む »

サントアマーロ6月祭り=日本祭りと融合、青年部企画

案内に来社した一行

 サントアマーロ日伯文化体育協会青年部(大貫隼ジョニー部長)は、「第5回ジュニーナ祭り」を6月16日午後3時から同会館(Rua Vigario Taques Bittencourt, 211)で開催する。  これは日本の祭りとブラジルのフェスタ・ジュニーナ(6月祭)を融合させたもの。日本食や民謡、太鼓などの演目のほか、子供向けス ...

続きを読む »

春の叙勲=全伯から13人が受章=早川さん「最高に幸せ」=新宅氏、斉藤氏ら多分野から

受章者のみなさん

 日本政府が先月29日付けで発表した『平成30年春の叙勲』受章者として、ブラジルから邦人3人、外国人10人の計13人が発表された。今回の受章者のなかで最年長となった早川正雄さんは「恥ずかしながら、私は立派な人間ではないし、お金も地位も何もない。唯一自分にあったのは立派な先輩方だった。その教えに触れ、背中を追ってきた。今日があるの ...

続きを読む »

県連代表者会議=日本祭り式典会場に約4千人収容=ギネスに向け準備着々と

 ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の4月度代表者会議が26日、文協ビル内の県連会議室で行なわれた。聖市の日本移民110周年記念式典会場やギネスなどについて説明があったほか、菊地義治ブラジル日本移民110周年祭典委員会実行委員長から移民の日法要への出席が呼びかけられた。  市川利雄日本祭り実行委員長によると、移民11 ...

続きを読む »

岩手県人会=人気のわんこそば祭を開催=女性や非日系も奮闘

競争中の女性参加者ら

 岩手県人会(千田曠暁会長)が8日、同県人会館で「第11回わんこそば祭」を開催した。同県人会会員お手製のそばを楽しむ人やわんこそば早食い競争挑戦者など約180人が祭を楽しんだ。  3分間で食べた杯数を争う早食い競争では30人が参加。今回の優勝は73杯を食べた早川量通さん。  また女性のみの競争も行なわれ、会場からは「じゃんじゃん ...

続きを読む »