ホーム | 日本祭り 関連記事

日本祭り 関連記事

《ブラジル》新企画=Jリーグや五輪の講演会=復活の山形県人会青年会=若者主体でイベント開催

青年会が主催した講演会

 ブラジル山形県人会(篠原俊巳会長)の青年会(タマリ・シンジ会長)が2日午後、サンパウロ市の宮崎県人会館で「日本のサッカーと2020年東京五輪」講演会を開催した。青年会のアドバイザー、有山良治さん(45、二世)らに青年会活動について取材した。  同講演会の講演者は3人。日本サッカーの研究をするチアゴ・ボンテンポさんは主にJリーグ ...

続きを読む »

県連代表者会議を開催=日本祭り、ギネスは断念

川合会長によりJICAの研修制度についての説明がなされた

 ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の10月度代表者会議が先月26日、聖市文協ビル内の県連会議室で行わた。  川合副会長から、県連が来年の日本祭りでの取得を目指していたギネスについて、審査の結果、要件を満たさないために登録できないことが報告された。  また、JICAの研修制度について案内を行なった。川合会長は「県費留 ...

続きを読む »

地方の絆強め、再活性化を!=聖州日系地方団体代表者の集い=新団体の定款審議来年へ

参加者の皆さん

 『第5回聖州日系地方団体代表者の集い』が15日午前10時から聖州のアチバイア文化体育文協(小野エリベルト会長)で開催され、約40人が出席し、うまく行った経験や問題意識を共有し合った。聖南西文化体育連盟の山村敏明会長の呼びかけにより、来年プロミッソン等で予定される110周年の地方式典を一緒に盛り上げていくことを機会に、地方同士の ...

続きを読む »

110周年記念リッファ販売開始=一等はトヨタ・プリウス

一等のトヨタ・プリウス

 移民110周年記念事業の資金集めのため、ブラジル日本移民110周年記念祭典委員会(菊地義治実行委員長)主催『移民110周年第一段リッファ(協力券)』の販売が13日から始まった。一枚35レアル。  賞品は、一等=プリウス(トヨタ自動車)、二等=デジタルカメラEOS(キャノン)、三等=スマートTV・LEDフルHD40(パナソニック ...

続きを読む »

第58回海外日系人大会=TOKYO 2020に向け日系パワーを結集!=大会宣言文を掲載 =(中)

24日の国際シンポジウム「2020に向け新たな連携を」で基調講演を行う中前隆博外務省中南米局長(JICA市ヶ谷ビル、海外日系人協会提供)

(2)東京オリンピック・パラリンピックに向け、スポーツの新たな連携を提案します  昨年、世界最大の日系社会を擁するブラジルで、リオデジャネイロ・オリンピック、パラリンピックが開催され、五輪旗の東京へのバトンタッチに全世界が注目しました。TOKYO 2020は、日本と日系社会が様々な分野で連携を深めるチャンスです。  中南米日系社 ...

続きを読む »

秋田県=副知事来伯=県系人の活躍に喜び=110周年の協力確認も=「宝の伯国にはせこんだナー」

堀井副知事(右)ら南米訪問団全員が登壇し、歓迎会に参加した全員と秋田民謡「ドンパン節」を歌っている様子

 亜国の秋田県系人団体、在亜秋田千秋会(藤井パオラ会長、三世)が今年、創立70周年を迎え、21日の記念式典に参加するため、母県から堀井啓一副知事らが慶祝に向かった。19、20日にはその道すがら、当地のブラジル秋田県人会(川合明会長)を訪れ、県人らの活躍を知ると共に、歓迎会で親交を深めた。南米訪問団として当地を訪れたのは、堀井副知 ...

続きを読む »

県連故郷巡り=伯国/ポルトガル/日本=不思議な〃三角関係〃=第11回=世界の果てが新世界への出発点

ユーラシア大陸の最西端、ロカ岬

 怖いぐらいの強烈な風が吹き付け、身体を持っていかれそうだ。9月19日夕方、一行はユーラシア州大陸最西端のロカ岬へ向かった。リスボン市内より寒い感じだ。切り立った断崖絶壁の向こうには大西洋しか見えない。いかにも「地の果て」という雰囲気が漂う。  ホメロスやダンテと並び称されるポルトガル史上最大の詩人ルイス・デ・カモンイスの代表作 ...

続きを読む »

県連故郷巡り=伯国/ポルトガル/日本=不思議な〃三角関係〃=第8回=少年使節が着物を披露した王宮

シントラ王宮の壮麗な広間の様子

   3日目の9月19日午後、一行は王族や貴族が夏の3カ月間を過ごした有名な避暑地「シントラ」を訪ねた。海抜が海と一緒で蒸し暑いリスボンのすぐ近くに位置するが、標高が530メートルあるために涼しい。リオにおけるペトロポリスのような場所で、詩人バイロンが「エデンの園」と称賛した。  ここもUNESCO世界遺産で、中でも「 ...

続きを読む »

《ブラジル》県連代表者会議=「ふるさと産品プロモーション」=JETROが県連と協力=来年日本祭で実現目指し

説明中の菊地委員長

 移民110周年に向けて、日本の伝統産品などの関連企業と県人会を繋ぐ『ふるさと産品プロモーション』構想が明らかにー。先月28日、文協ビルの県連事務所で行われたブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の「9月度県連代表者会議」で、ブラジル日本移民110周年記念式典実行委員長の菊地義治氏は、日本貿易振興機構(JETRO)サンパ ...

続きを読む »

■ひとマチ点描■Youtubeで伝わる竹工芸

製作工程を見せてくれた八反田さん

 世界で絶大な人気を誇る動画サイト「Youtube」で日本文化を習得し始めた日系の若者に出会った。ポルト・アレグレ市の日本祭り会場内で自身の竹細工を販売していた八反田イーゴルさん(二世、36)だ。  八反田さんは聖市のベラス・アルテス芸術大学の製品デザイン科を卒業。「Youtube」で日本の木竹工、田中旭祥さんなどの作品を見て1 ...

続きを読む »