ホーム | 殺人事件 関連記事

殺人事件 関連記事

『百年の水流』開発前線編 第四部=ドラマの町バストス=外山 脩=(8)

乱れに乱れる  移住地の乱れは、1930年に入ると、一段と激しくなった。  2月、畑中は入植者二人を移住地から追放した。この二人はブラ拓事務所へ盾突き続けていた。  詳細については資料を欠くが、相当荒っぽい言動があったのであろう。畑中は「秩序安寧を害する」と右の強硬処置をとった。  乱れは、入植者とブラ拓事務所の関係だけではなか ...

続きを読む »

ブラジル短信=「新政権発足、求められる秩序と発展」=1月20日記 聖市在住 田中禮三 

ボウソナロ新内閣の就任式の様子(Foto Marcelo Camargo/Agência Brasil)

 新年に、退役大佐ボウソナロ新大統領率いる新政権が発足した。昨年末の総選挙で、過去十数年にわたる労働者党による腐敗政治に終止符が打たれ、新たな年の始まりと共にスタートした新政権へのブラジル国民の期待は大きい。  2015年に始まった検察庁、連邦警察によるラバジャット作戦は、ブラジル政界が如何に汚職まみれであったかを、その捜査過程 ...

続きを読む »

《ブラジル》セアラー州の暴動終らず=銃撃戦で強盗犯6人死亡

強盗団と軍警との間で銃撃戦が起きた農園(24日付G1サイトの記事の一部)

 【既報関連】1日に発足したセアラー州新政府が刑務所管理局を新設、管理の厳重化や犯罪者の分離収容停止などの方針を打ち出した事に反発した犯罪組織が2日夜から起こし始めた暴動が続く中、24日未明に軍警と強盗団の銃撃戦が発生、6人が死亡、4人が負傷するという事件が起きたと同日付現地紙サイトが報じた。  軍警と強盗団の銃撃戦が起きたのは ...

続きを読む »

《ブラジル》ボウソナロ大統領=銃規制緩和の大統領令に署名=「国民の正当防衛を保障」と強弁=モロ法相の進言は大半が却下=「次は携帯許可」と意気込む推進派

「私はこの武器を使う」と言って、ペンを見せ付けるボウソナロ大統領(Lula Marques)

「私はこの武器を使う」と言って、ペンを見せ付けるボウソナロ大統領(Lula Marques)  ボウソナロ大統領は15日、銃所有規制を緩和する大統領令に署名した。同大統領は、2005年の国民投票で銃の流通が承認された事を暗喩し、「国民が銃を買うと決めたのなら、我々にはその権利を否定する事はできない」と演説し、「国民に正当防衛の権 ...

続きを読む »

リオでミリシアの大摘発=約100件の逮捕令状出る

出動に備える軍の車両(SECOM/COMANDO MILITAR DO LESTE)

 リオ市西部で暗躍する犯罪者らの民兵組織(ミリシア)摘発のため、リオ州市警と軍兵士が20日、約100人分の逮捕令状を執行したと同日付現地紙サイトが報じた。  「ヘラクレス」と題する作戦の対象は、ウエリントン・ダ・シウヴァ・ブラガ(通称エコ)が指揮し、リオ市西部からバイシャーダ・フルミネンセにかけて勢力をのばしているミリシアだ。 ...

続きを読む »

《ブラジル》テメルがバティスティ国外追放の書類に署名=70年代のイタリア人テロ犯=ボウソナロの判断の前に=ルーラの判断を8年で覆す

バティスティ氏(José Cruz/ (Arquivo) Agência Brasil)

バティスティ氏(José Cruz/ (Arquivo) Agência Brasil)  テメル大統領は14日、70年代にイタリアでテロ事件を起こして逃亡中のチェーザレ・バティスティ氏(83)の国外追放に正式に調印した。これはかつて、ルーラ元大統領が出していた見解を覆すものとして注目されている。15日付現地紙が報じている。   ...

続きを読む »

《ブラジル》表現の自由が世界で2番目に大きく下降=「この傾向は世界的」とも

 「表現の自由及び知る権利の保護」を専門とする国際的非政府団体(NGO)、アーティクル19(本部英国ロンドン)が5日に発表した調査によると、ブラジルは、過去3年間の表現の自由度ランキング順位低下の幅が、世界で2番目に大きかった事が分かった。6日付ブラジル国内紙が報じている。  表現の自由度ランキングが最も大きく落ちたのはドミニカ ...

続きを読む »

パラグアイ=CV首領をブラジルへ強制送還=刑務所内で殺人犯し、追放

マルセロ・ピロット(Polícia do Paraguai)

 昨年12月にパラグアイで逮捕された麻薬や武器の密売者、マルセロ・フェルナンド・ピニェイロ・ヴェイガ(通称マルセロ・ピロット、43、以下、Mピロット)が19日の朝、パラナ州フォス・ド・イグアスでブラジル連邦警察に引き渡され、同日午後、同州カタンドゥーヴァスの連邦刑務所に収監されたと19、20日付現地紙、サイトが報じた。  Mピロ ...

続きを読む »

名画友の会=11月の上映

 サンパウロ名画友の会(五十嵐司代表)が『映画鑑賞会』を10日、24日正午半から熟連会館(Rua Dr. Siqueira Campos, 134)の2階小ホールで開催する。  参加費は一般12レ、会員10レ。上映開始15分前に集合すること。 ▼10日=「秋津温泉」(1962年、吉田重明監督)、「キング ソロモン」(1950年、 ...

続きを読む »

サンパウロ州=フェミニシジオが増加=サンパウロ市では昨年同期の2倍に

 今年の1~8月、サンパウロ州では、女性であることが理由で殺されるフェミニシジオ(女性殺人)が増えており、サンパウロ市に至っては倍増していたことが判明した。22日付現地紙が報じている。  州保安局が発表したデータによると、サンパウロ州では今年の1~8月に、79人の女性が女性殺人の犠牲者となった。昨年同期は63人だった。  また、 ...

続きを読む »