ホーム | 水力発電 関連記事

水力発電 関連記事

《ブラジル》ベロ・モンテ水力発電所=希少種の魚に絶滅の危機?=広域停電後に別の発電所停止

 パラー州のベロ・モンテ(BM)水力発電所が本格稼動し始めたら、シングー川に棲む希少種の魚が絶滅する可能性があると18日付現地紙が報じた。同発電所は建設前から、生態系への影響など、様々な問題を指摘されていた。  現在のBM発電所はテスト稼働中で本格稼動とは程遠いが、それでも、シングー川流域のヴォウタ・グランデ(VG)と呼ばれる地 ...

続きを読む »

《ブラジル》北部、北東部14州で大停電=送電中継所のブレーカー落ちる=復旧まで7千万人に影響

広大な国土を持つブラジルは送電網の設備も一苦労だ(参考画像・Marcos Santos/USP Imagens)

 ブラジル全国電力システム運営機構(ONS)によると、北部パラー州のベロ・モンテ水力発電所の送電網で21日午後に技術的な不具合が発生し、少なくとも3時間の間、14州で広域停電が発生。約7千万人が被害を受けたと21、22日付現地紙・サイトが報じた。広域停電は午後3時48分に、北東部の全9州と、ロライマとアクレ州を除く北部5州で発生 ...

続きを読む »

《ブラジル》ベロ・モンテ水力発電所=約2千匹の魚が大量死=タービン実験を中止に

 シングー川で大量の魚の死が記録されたため、パラー州ベロ・モンテ水力発電所がタービンの実証実験を中止した。13日付エスタード紙が報じている。  実験停止を命じた国立再生可能天然資源・環境院(IBAMA)によると、同発電所が2月16~24日と2月25~3月5日にタービンの実験を行ったところ、前者では936匹(395キロ相当)、後者 ...

続きを読む »

《ブラジル》ラヴァ・ジャット第49弾=デウフィン・ネットよ、お前もか!=ベロ・モンテ発電所建設で不正

 連警が9日、ラヴァ・ジャット作戦第49弾のブエナ・フォルトゥーナ作戦を敢行し、経済学者のアントニオ・デウフィン・ネット元財相(89)宅の家宅捜査などを行ったと同日付現地紙サイトが報じた。  同作戦は、パラー州のベロ・モンテ水力発電所建設での不正を巡るもので、パラナ州クリチバ市とサンパウロ州内のサンパウロ市、グアルジャー市、ジュ ...

続きを読む »

《ブラジル》来年の電気代は平均9%超値上がりか=景気回復で電力需要が増大

ブラジル最大の水力発電所イタイプダム(参考画像・Itaipu Binacional)

ブラジル最大の水力発電所イタイプダム(参考画像・Itaipu Binacional)  ブラジルの今年の広範囲消費者物価指数(IPCA・インフレ率)は年3%を割り、来年のインフレ見込みも4%とされているが、一般家庭用の電気代だけは様相が異なる。電気代は今年、全国平均で14%値上がりし、来年も9・4%上昇が予想されていると、25日 ...

続きを読む »

《ブラジル》電気代=12月は「赤旗1」に=追加料金が100kWhあたり2レアル減額

 【既報関連】国家電力庁(Aneel)は11月27日、12月の電気代の追徴率を11月の「赤旗2」から「赤旗1」に変更することを決めたと同日付G1サイトなどが報じた。  11月は100キロワット/時(kWh)あたり5レアルの追加料金が課されていたが、「赤旗1」への変更により、追加料金は100kWhあたり3レアルになる。 ※このコン ...

続きを読む »

《ブラジル》電気代が産業の回復を阻害=旱魃が生産コスト削減の壁に

 【既報関連】今年のブラジルの少雨・旱魃は記録的で、北東部や中西部、南東部の水力発電所は軒並み、ダム貯水量が減り、発電コストがより高い火力発電所の稼動を余儀なくされている。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登録はお済みですか? 会員について

続きを読む »

《ブラジル》16年の地球温暖化ガス排出量が8・9%増加=世界7位の大気汚染国に

   オブセルヴァトリオ・ド・クリマ(OC、地球温暖化などを研究する民間機関)が25日、16年のブラジルの地球温暖化ガス排出量は世界7位の22億7800万トン(二酸化炭素換算)で、前年比8・9%増えたと発表したと同日付現地紙サイトが報じた。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登録 ...

続きを読む »

《ブラジル》11月から電気代さらに高く=「赤旗2」の追加料金が増額に

   【既報関連】旱魃が続き、各地の水力発電所のダムの水位が落ちているため、11月からは電気代がまた上がると、25日付現地各紙が報じた。

続きを読む »

《ブラジル》10月の電気代「赤旗2」に=水不足で最高額を初適用

 国家電力庁(Aneel)は9月29日に、10月からのブラジル全国の電気代の設定を「赤旗2」としたと1日付ニュースサイト、アジェンシア・ブラジル(AB)が報じた。  赤旗2は電気代がもっとも高額になる設定で、消費電力100キロワット/時(kWh)あたり3・5レアルが追加徴収される。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要で ...

続きを読む »