ホーム | 汚職 関連記事

汚職 関連記事

リオのカブラル元知事の別荘競売に=800万レアルの豪邸購入資金はどこから?

 知事時代の汚職が次々に判明し、先日も45年と2カ月の禁固刑を言い渡されたリオ州元知事のセルジオ・カブラル被告(民主運動党・PMDB)の豪邸が競売にかけられる事になった。  裁判所の命令で競売を担当する事になったレナト・ゲデスは22日、リオ市から107キロのマンガラチバにある元知事の別荘の詳細を紹介する写真を公開した。  それに ...

続きを読む »

リオ州LJ=カブラルに45年の実刑判決=元知事夫人も有罪に

カブラル被告(Fabio Rodrigues Pozzebom/Agência Brasil)

カブラル被告(Fabio Rodrigues Pozzebom/Agência Brasil)  リオ連邦地裁のマルセロ・ブレタス判事は20日、セルジオ・カブラル元リオ州知事に対し、同州でのラヴァ・ジャット作戦(LJ)絡みの汚職の数々で45年の実刑判決を下した。21日付現地紙が報じている。  カブラル被告は昨年11月に、リオ州で ...

続きを読む »

《ブラジル》連邦検察庁=LJ担当者の大半を交代=ドッジ新長官が新陣容発表=不逮捕特権所有者らの今後は

就任式でのドッジ長官(18日、Marcos Corrêa/PR)

就任式でのドッジ長官(18日、Marcos Corrêa/PR)  ラケル・ドッジ連邦検察庁長官が就任2日目の19日にラヴァ・ジャット作戦(LJ)担当者の新陣容を発表し、同日付官報にも掲載したが、特捜班(GT)の人員は8人に減り、継続するのは2人のみと20日付現地紙が報じた。  新たに発表された検察庁本部付GTは、大統領や閣僚、 ...

続きを読む »

《ブラジル》「砂の城作戦」の証拠廃棄延期=元高裁長官への贈賄疑惑受け=パロッシ供述でまた波紋?

ルーラ氏の片腕として活躍していた頃のパロッシ被告(Arquivo/Agência Brasil)

ルーラ氏の片腕として活躍していた頃のパロッシ被告(Arquivo/Agência Brasil)  ラケル・ドッジ氏がブラジル連邦検察庁長官に就任した18日、2009年に連邦警察が実施したが、11年4月に無効化された「砂の城作戦」に関する資料の廃棄延期が決まった。  18、19日付現地紙やサイトによると、同作戦の資料は8月23日 ...

続きを読む »

「汚職直らぬなら軍介入」=陸軍将軍の発言で波紋

 陸軍のアントニオ・アミウトン・モウロン将軍が15日に発した、「政界腐敗が止まらぬなら軍の介入もありうる」との発言が問題となっている。19日付現地紙が報じている。  モウロン将軍は15日、ブラジリアで行われた講演会の席で、聴講者から、現在のような政治危機が続くなら、軍が介入する可能性はあるか、と質問され、「司法当局が政界の問題を ...

続きを読む »

ジャノー=退任直前に告発第2弾=「テメルはPMDB汚職の長」=他の党要人らも同様に=ジョエズレイ問題は微妙だが

17日で任期を終えるジャノー長官(Marcelo Camargo/Agência Brasil)

17日で任期を終えるジャノー長官(Marcelo Camargo/Agência Brasil)  14日、退任直前のロドリゴ・ジャノー連邦検察庁長官が、テメル大統領に対する2度目の起訴状を最高裁に送付した。今回の容疑は、民主運動党(PMDB)の下院部門の贈収賄犯罪を率いた疑いと、ラヴァ・ジャット作戦の捜査妨害でのもので、他のP ...

続きを読む »

《ブラジル》マッジ農相や下議宅捜索=MTでの汚職で捜査妨害?=同州元知事らの供述基に

フォンセッカ下議の執務室からの押収物を運ぶ連警警察官ら(Marcelo Camargo/Agência Brasil)

フォンセッカ下議の執務室からの押収物を運ぶ連警警察官ら(Marcelo Camargo/Agência Brasil)  連警が14日朝、アララト作戦の一環として、ブラジリアのブライロ・マッジ農相のアパートなど、63カ所で家宅捜索を行ったと同日付現地紙サイトが報じた。  アララト作戦はマット・グロッソ州(MT)で起きた、ダミー会 ...

続きを読む »

移り来て 60年=ブラジルに来て良かったか=聖市在住 駒形秀雄

神戸港からの出港風景(『在伯同胞活動実況写真帳』(竹下写真館、1938年)

 晴れか曇りかはっきりしない季節も過ぎ、街路の木々も色鮮やかな花をつける時候になりました。  自然はこのように神の恵みを示してくれますが、こと人間のやっている仕業に目を向けてみると、こちらはどうもいけません。世間の話を聞くと「ものは売れない。失業者はちっとも減らない。それなのに犯罪だけはますます増えて、友達とのんびり街を歩いても ...

続きを読む »

ブラジルらしい短歌〈一命を賭して巨悪にたちむかう若き判事は国の光明〉

モロ判事(Foto: Pedro de Oliveira/ALEP)

 「今大会では、いかにもブラジルらしい歌にたくさん出会えて、とても幸せな一日でした」――司会の多田邦治さんはにこやかに、そう全伯短歌大会を締めくくった。  中でも高点歌2位の〈一命を賭して巨悪にたちむかう若き判事は国の光明〉(山元治彦)は、今の時世を見事に詠みこんでおり、思わず喝采を送りたくなる。ブラジルでしか詠めない歌だ。   ...

続きを読む »

《ブラジル》最高裁=テメル大統領の要請通らず=全員がジャノー続投認める

 ブラジル最高裁が13日、テメル大統領が出していた、大統領自身に対する捜査からロドリゴ・ジャノー長官を外すようにとの要請を却下したと同日付現地紙サイトが報じた。  5月17日のJBSショック以降、ジャノー長官が大統領に対する疑惑告発に向けた捜査を行っている事は周知の事実だが、大統領は、ジャノー長官は国益よりも個人の思い入れなどを ...

続きを読む »