ホーム | リオ五輪 関連記事

リオ五輪 関連記事

熊本県文化交流協会60周年祝う=54人の大型慶祝団迎え=田呂丸会長「留学生・研修生の存続を」

式典で挨拶する田呂丸会長

 ブラジル熊本県文化交流協会(田呂丸哲次会長)の創立60周年記念式典(小山田祥雄実行委員長)が、聖市の同会館で4日に開催され、母県からは小野泰輔副知事、森浩二県議会副議長、松田三郎県議、植松浩二熊本市副市長、田辺正信(まさのぶ)同市副議長らを始め、熊本日伯協会(河村邦比児会長)一行20人、上塚周平顕彰「イッペイの会」(米原尋子会 ...

続きを読む »

ニコン、伯市場から撤退=スマフォ普及で市場縮小

 光学機器メーカー「ニコン」(牛田一雄社長、本社=東京都港区)のブラジル販売子会社「ニコン・ド・ブラジル」は12日、当地における全ての事業を終了したと同社ウェブサイト上で発表した。  同社は、2011年に当地で販売子会社を設立。14年ワールド杯と16年リオ五輪を見据え、市場拡大を見込んでいたがスマート・フォーンの普及などによりデ ...

続きを読む »

PLゴルフクラブ50周年祝う=欠かせない駐在員の社交の場=天野理事長「ブラジル最高目指す!」

乾杯では「よいしょ~」と雄々しい掛け声が上がった

 アルジャー市の社団法人「PLゴルフクラブ」(天野一郎理事長)は、今年で「開場50周年」を迎えた。日系駐在員が自由にプレーできるゴルフ場としてPL(パーフェクト・リバティー)教団により創設された同クラブは、半世紀の間に27ホールを備える聖州でも最大規模のクラブの一つに発展してきた。1965年に創設されたコロニア最古のアルジャー・ ...

続きを読む »

PLゴルフクラブが50周年!=記念大会に過去最大200人=邦人向けクラブとして発展

祝杯を上げた関係者ら

 邦人駐在員が自由にプレーできるゴルフ場として創設された社団法人PLゴルフクラブ(天野一郎理事長)――「開場50周年記念大会」が16日に開催され、同クラブ主催のコンペとしては過去最大となる約200人が参加し、半世紀の節目の年を盛大に祝した。  アルジャーゴルフクラブに次いで日系クラブとしては2番目に古い歴史を持つPLゴルフクラブ ...

続きを読む »

ガビ・ゴール復活=欧州雌伏を経て、サントスFCで得点王争い

ゴールを決めてカメラにニッコリ微笑むガビ・ゴール(Ivan Storti/Santos FC)

 名門サントスFCに戻ってきた愛称〃ガビ・ゴール〃こと、ガブリエル・バルボーザが好調だ。9日に行われたブラジル全国選手権第24節、敵地でのパラナ・クルーベ戦で2得点を決め、リーグ戦通算12得点で得点王争いの単独トップに立った。  ガビ・ゴールは2013年5月に、16歳の若さでサントスFCトップデビューを果たした。順調にキャリアを ...

続きを読む »

独立200周年記念の記念モニュメント建設を

1918年にイタリア系コロニアが寄贈した「栄光―希望の泉」のモニュメント

 暴力を扇動する発言を多発するボウソナロ大統領候補が、暴力によって口を封じられる姿に、自然界の摂理を感じるのは、コラム子ばかりではないだろう。選挙戦が始まって2週間経つ。国民の大半にとって、理想的な候補がいないなかで、消去法で誰に投票するかを選ぶしかない選挙のようだ。そんな大統領候補者の中で、誰も「ブラジル独立200周年にこんな ...

続きを読む »

カヌー=五輪男イザキアスがまた快挙 今度は世界選手権で金2銅1

24日、金メダル獲得を喜ぶイザキアスRodolfo Vilela/ rededoesporte.gov.br

 リオ五輪ではひとりでメダル三つ(銀2銅1)を獲得し、「五輪のヒーローのひとり」として脚光を浴びたカヌー選手のイザキアス・ケイロスが、23~26日にポルトガルで開催されていたカヌー・スプリント世界選手権で、今度は金二つに銅一つと、リオ五輪を上回る成績を収め、改めて世界的カヌー選手であることをアピールした。  イザキアスはまず24 ...

続きを読む »

在聖総領事館、中富副領事離任=新任もキヤノン出向の渡邊氏

来社した中富副領事(左)、渡邊副領事

 在聖日本国総領事館の人事異動により、中富瑤介副領事(31、神奈川)が今月中頃に離任、渡邊聡太副領事(33、千葉)が着任した。8日、挨拶に来社した。  中富副領事は15年6月に着任し、経済班と広報文化班を兼任。秋篠宮同妃両殿下のご来伯や、リオ五輪、先月の眞子内親王殿下のご来伯など大きなイベントを経験。ジャパン・ハウス(JH)には ...

続きを読む »

ブラジル五輪委=東京五輪出場枠確保に意欲=各種目で世界選手権続々開催

リオ五輪を象徴するシーンの一つ、ウサイン・ボルトの雄姿(参考画像・Roberto Castro/Brasil 2016)

 2020年7月24日に開幕する東京五輪まであと2年を切り、7月31日付ブラジル現地紙が「今年中に五輪出場権が決まる種目」として、はやくも18年中に出場、不出場の命運が分かれる種目や選抜の様子を伝えている。  同記事で紹介されている種目中、最も早く五輪出場権が決まるのが、8月2日から12日までデンマークで世界選手権が行われるセー ...

続きを読む »

ブラジル五輪委が東京五輪に向けた選手団派遣計画を発表=派遣選手数はリオ五輪の半分に=日本でブラジル食材を調達

リオ五輪開会式の様子(Roberto Castro/Brasil2016)

 東京五輪の開幕を2年後に控えた23日、リオのブラジル五輪委(COB)本部で、東京五輪に向けた選手団派遣計画の発表が行われたと、23、24日付現地各紙・サイトが報じた。  長年COBの会長を務めたアルトゥール・ヌズマン氏は昨年、リオ五輪招致に関わる汚職容疑で逮捕され、国際五輪委(IOC)からも資格停止処分となったために辞任(現在 ...

続きを読む »