ホーム | W杯 関連記事

W杯 関連記事

W杯開幕前日までリーグ戦を消化するブラジル全国選手権、補欠メンバーの扱いは?=代表に行かないのに国内のリーグ戦にも出場できない可能性有り

昨年1月、ブラジル国内チーム所属選手だけで構成された代表チームで試合に出場したドゥドゥ(Ricardo Stuckert/CBF)

 23日の夜に行われたブラジル杯決勝トーナメント1回戦第2試合、パルメイラス対アメリカ・ミネイロ戦の前に奇妙なスタメン変更があった。  この日の試合に出場するはずだったパルメイラスの不動のレギュラー、ドゥドゥが、直前で控えFWのデイヴェルソンに替わったのだ。  これはごく稀に起こる、ウォームアップ中の怪我によるメンバー変更ではな ...

続きを読む »

東西南北

 サッカーW杯開催まであと3週間というところで、サンパウロ市のブルーノ・コーヴァス市長が、「過度に大きな音を出す花火の使用を禁止する」法案を採択した。市は90日以内に、この法案を法制化することになる。これによると、打ち上げ花火は今後、大きな音を出さないものか、視覚効果だけのもののみ利用可能で、規格外のものを使用すると2千レアルの ...

続きを読む »

コリンチャンス=カリーリ監督移籍騒動に決着=サウジ行きが正式決定

カリーリは、20日の試合が最後の指揮となった。(Daniel Augusto Jr./Agencia Corinthians)

 【既報関連】17日に突如降って沸いた「コリンチャンス、カリーリ監督のサウジアラビア移籍騒動」に決着がついた。  コリンチャンスがベネズエラ遠征に出ている時に、「カリーリにサウジのアル・ヒラルが食指」と一部メディアが先行してから報道合戦は一気に過熱した。  一時は「アル・ヒラルは別の監督にも誘いをかけていて、そっちに決まりそう」 ...

続きを読む »

サッカーW杯ロシア大会まで1カ月=2014年のブラジル大会向け工事は今も未完成

スタジアムだけはギリギリ間に合ったが、「W杯を利用しての都市整備」は多くが実現していない(参考画像・Clube Atletico Paraneense/Portal da Copa)

 ロシアW杯開幕まであと21日となったが、4年前のブラジル開催W杯のために計画されたインフラ整備工事が、開催11都市でまだ終わっていないと、23日付ブラジルニュースサイトが報じた。  ブラジルW杯の開催都市は12で、インフラ工事が全て終了したのはリオ市だけだ。しかしこれも、14年のW杯までに完成した訳ではなく、遅れての完成だった ...

続きを読む »

東西南北

 ベネズエラ大統領選でのマドゥーロ氏の再選は世界中に波紋を投げかけているが、エスタード紙の記事によると、ベネズエラから亡命を希望する人も金銭的にかなり苦しいことが伺える。首都カラカスからブラジルのロライマ州まで来るのに一番安い手段はバスで、2ドルかかるという。一見安そうに思えるが、同国の最低賃金は現在3ドルだから、その時点でかな ...

続きを読む »

ロシアW杯=ブラジル代表国内合宿スタート=招集メンバー続々と合宿所に

ブラジル代表合宿所一番乗りのマルキーニョス(Lucas Figueiredo/CBF)

 7月15日に、ロシアはモスクワの地で、世界最多の6度目のワールドカップ制覇を目指す戦いを開始するブラジル代表が、臨戦態勢に入った。  5月14日にチッチ監督が発表した23人の召集メンバーが21日、リオ州山間部、テレゾポリス市にあるブラジル代表トレーニングセンターに続々と集合しはじめた。  午前7時20分に、合宿所入り一番乗りを ...

続きを読む »

セレソンへのシニカルな見方はいつ終わる?

代表選出された23人

 14日、W杯サッカーがちょうど1カ月前を迎えた時点で、セレソンが出場23選手を発表した。ただ、盛り上がりには欠けている▼それはなぜか。「前回の大会でドイツに屈辱の1―7の大敗を喫したことで、国民からの信用が薄れているから」。それもある。「出場しても、またみじめな敗戦をして終わるだけなのでは」。そういうペシミスティックな感情論も ...

続きを読む »

代表補欠にも“うれし涙”=怪我に泣き続けた悲運の名センターバック、デデー

 14日に発表されたサッカーW杯の代表23人には入れなかったものの、6月4日までの交代期間の補欠選手に自分の名前が入っていたことを知り、クルゼイロのセンターバック、デデー(29)が思わず涙をこぼして、話題を呼んだ。  デデーはこの日、別のイベントで記者会見を行っていたが、その席でセレソンのチッチ監督が代表発表に際し、「交代枠の1 ...

続きを読む »

東西南北

 15日、最高裁第2小法廷で遂に、ラヴァ・ジャット作戦で起訴された連邦議員の裁判が行われた。同作戦がはじまったのは2014年3月なので、そこから数えること4年2カ月でようやくここまでたどり着いたことになる。その間には、最高裁で最初のラヴァ・ジャット報告官だったテオリ・ザヴァスキ判事の死(17年1月飛行機事故死)も挟まっており、余 ...

続きを読む »

ロシアW杯出場23選手発表=シャフタール勢に不当な低評価、アンチの多いコリンチャンス勢の選出にも不満の声

 ロシアW杯開幕をちょうど一カ月後に控えた5月14日に、ロシア行きの切符をつかんだブラジル代表23人が発表された。才能にあふれた選手を数多く輩出するサッカー王国ブラジルは、すべての国民が完全に満足する選出はありえない。今回も、「あの選手が選ばれないなんておかしい」という不満の声がチラホラサッカーファンの間で漏れ聞こえてくる。   ...

続きを読む »