ホーム | 特集 | ブラジル日本移民104周年

ブラジル日本移民104周年

移民船の思い出を語る(2)

ブラジル日本移民104周年 ニッケイ新聞 2012年6月23日付け 南アで黒人みてビックリ!  玉井須美子さん(86、愛知)タヴォン・ダ・セーラ在住。あらびあ丸、1933年4月サントス着  8歳で両親と共に「あらびあ丸」に乗り込んだ1933年、玉井さんはいつも同年代の友人と船内を走り回る元気いっぱいの少女だった。時には男の子と喧 ...

続きを読む »

リオ+20=日本パビリオンが存在感=官民一体で環境、省エネ技術発信=震災復興、東北もアピール

ブラジル日本移民104周年 ニッケイ新聞 2012年6月23日付け  今月、リオで開催された「国連持続可能な開発会議(リオ+20)」にあわせ、13日〜24日に「日本のグリーン・イノベーションー復興への力、世界との絆」をテーマにした日本パビリオンが設置され、日本政府をはじめ、約40の団体・企業がブースを設け、それぞれに環境への取り ...

続きを読む »

11月で109歳の上地マツさん=コロニア史上最高齢か=心の平安が長寿の秘訣=先祖は源為朝との話も

ブラジル日本移民104周年 ニッケイ新聞 2012年6月23日付け  聖市在住、沖縄県名護市出身の上地マツさんは、この11月で109歳を迎える。1年ほど前から体の自由がきかず一日の大半をベッドで過ごすが、新聞を読んだり昔の写真を繰って子どもたちに昔話を聞かせたりと、精神活動は盛んだ。今も名護市に住む妹・松川ヨシさんは100歳、聖 ...

続きを読む »

87年前の移住の思い出

ブラジル日本移民104周年 ニッケイ新聞 2012年6月23日付け  1925年、先に移住した上地寛吉さんの花嫁として22歳で渡伯した。旧姓は与那嶺。寛吉さんは同じ真喜屋出身で家も近所だった。南麻州カンポ・グランデの鉄道会社と契約し、ノロエステ線の敷設工事に携わっていたという。  聖州カタンドゥーバ市に移って結婚し、コーヒー園で ...

続きを読む »

電子機器受託企業Foxconn=労働問題に出る国民気質=多国籍企業の従業員待遇=自殺しない誓約書とスト

ブラジル日本移民104周年 ニッケイ新聞 2012年6月23日付け  「フォックスコン」と聞いて、台湾に本社がある鴻海精密工業のブランド名で、中国などで生産活動中の子会社、富士康の名前でも知られていると言える人は相当な業界通だろう。伯国では、昨年4月に中国を訪問したジウマ大統領が、コンピューターやタブレット用のパネル製造工場建設 ...

続きを読む »

「移民の日」に寄せて=内閣総理大臣 野田佳彦

ブラジル日本移民104周年 ニッケイ新聞 2012年6月23日付け  ブラジルにおいて「移民の日」を迎えるに当たり、心からお慶び申し上げます。  昨年3月の東日本大震災から1年余が経ちましたが、ブラジルにお住まいの日本人移住者及び日系人の皆様から多大なる御支援、お見舞いのメッセージを頂きましたことに改めて厚く御礼申し上げるととも ...

続きを読む »

盛り上がる伯国への移住熱=経済危機で欧米人に人気=出移民国から入移民国へ=専門職や観光事業で需要

ブラジル日本移民104周年 ニッケイ新聞 2012年6月23日付け  長引く欧州での経済危機や、BRICs諸国の一角との認識をされ、ワールドカップやオリンピックなどの国際的イベントへの期待もあり、伯国が再び「移民大国」になりつつある。伯国法務省が昨年10月に発表した統計によると、2011年6月時点での伯国の外国人人口は146万6 ...

続きを読む »

「移民の日」に寄せて=外務大臣 玄葉光一郎

ブラジル日本移民104周年 ニッケイ新聞 2012年6月23日付け  ブラジルにおいて「移民の日」を迎えるにあたり、ブラジルで生活されている約150万人の日本人移住者及び日系人の皆様に心からお祝いを申し上げます。  昨年の東日本大震災に際し、日本から遠く離れた南米の地から届けられた皆様からの多くの温かい激励や御支援を目の当たりに ...

続きを読む »

明治の精神とコロニア七不思議=大宅壮一「明治が見たければブラジルへ!」の本当の意味=伯国は旧世界の裏返し?!

ブラジル日本移民104周年 ニッケイ新聞 2012年6月23日付け  評論家の大宅壮一は1954年に取材旅行のために来伯した際、「明治の日本が見たければブラジルにいけ!」との名セリフを残したとコロニアでは言い伝えられている。  当地に色濃くつづく明治気質を端的に指摘した言葉として有名だ。おなじ時に大宅はアマゾンのトメアスー移住地 ...

続きを読む »

日系社会は貴重な外交資産=駐ブラジル日本国大使 三輪昭

ブラジル日本移民104周年 ニッケイ新聞 2012年6月23日付け  6月18日に第104回目の「日本移民の日」を迎えるにあたり、ご挨拶申し上げます。  ブラジルは日本から見ると地球の反対側に位置し、距離的には非常に遠い国です。その遠い日本から最初の日本人移住者が笠戸丸に乗り、海を渡ってブラジルに到着した日からはじまる長い移住の ...

続きを読む »