ホーム | 日系社会ニュース | 射撃協新年大会開く

射撃協新年大会開く

3月7日(金)

 ノーバ・バンデイランテス射撃協会(山本恒夫会長)は新年射撃大会を二月二日にファゼンダ・アピンゴラ(レジス・ビッテンコウト自動車道三百十二・五キロ)で開催した。  
 射撃の他にもカラオケ大会や釣り大会なども同時に開催された。
入賞者は次の通り。
成人の部=(エアライフル)一位/フジナガ・ノリヒロ、二位/ヨシダ・シセロ、三位/カルロス・サンチェス(エアピストル)一位/フジナガ・ノリヒロ、二位/ルイス・ベイラ、三位/アダチ・エドワルド
新人の部=一位/カウエ・モライス、二位/マリア・カロリーナ、三位/ウレベール・シルバ
総合の部=(エアライフル)一位/ヴァンジレーノ・ロドリゲス、二位/リリアン・ヤマモト、三位・アドリアーノ・モッタ、(ピストル)一位/ヴァンジレーノ・ロドリゲス、二位/ジャイルソン・アルメイダ・リマ、三位/マルシア・オオナカ
 次回の射撃大会は四月六日に開催される。  
 なお、同協会は三月八日午後三時から、夏祭りを南部企業センターホール(サンパウロ市ブリチス街一二八番)で開く。
 参加費は四十レアル(二十八日までの申し込みは三十五レアル)詳しくは電話=5044・4984(山本)/5589・1451(アドリアーノ)まで。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ