ホーム | 日系社会ニュース | 盛況の横森さん講演=土造り中心の農業奨励

盛況の横森さん講演=土造り中心の農業奨励

3月28日(金)

 炭と木酢による土づくりと、農協を介さない直接取引を進めるネットワークを組織する「がんこ村」(本社・大阪市)取締役で野菜農家の横森正樹さんが七、八日、イビウナ市役所で講演し、「農業の基本は土にあり」「地域ブランドの商品化を目指そう」などと持論を展開した。
 ニッポンの農業界に革命を起こした横森さんは現在六十二歳、長野県八千穂村でレタスや白菜などを栽培している。四〇代に木酢に出会い、脱・農協路線を歩み始めた。
 「がんこ村」には全国の野菜農家や畜産農家約五百人が参加する。横森さんのところには農林水産省や大手スーパー幹部、商社マンらがひっきりなしに訪れるという。
 来伯はこれが二回目。APAN(自然農法生産者協会)の招きを受け、日本炭窯木酢協会の前川和彦顧問を連れ立ってきた。
 話題の中心はやはり炭と木酢による土づくりに集中した。炭焼きの煙からとれる木酢の効果を、「害虫を寄せず、保水性に優れ、微生物を増やす」「土の力を引き出し、農薬や化学肥料を使わなくて済む」とする一方で、土がやせることを懸念し、「収穫は年に一回に決めている」と強調していた。
 当日はミナス州やサンタカタリナ州からの参加者が見られるなど、盛況だった。主催したAPANは「次回は前もって広く通知し、全国各地で開きたい」と話している。
 横森さんが書いた「がんこ村」についての本がAPANで販売されている。価格は七十レアル。希望者は電話3086・3315(ナガイ)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2008年5月21日 東西南北 ニッケイ新聞 2008年5月21日付け […]
  • サントス厚生ホーム=恒例忘年会6日2009年11月13日 サントス厚生ホーム=恒例忘年会6日 ニッケイ新聞 2009年11月13日付け  サンパウロ日伯援護協会のサントス厚生ホーム(斉藤伸一ホーム長)は、12月6日正午から午後4時まで同ホーム(Av. Campos Salles, 60, Vila Nova, […]
  • 心込めた具象画=モットーに発足=美会=公募展を開催へ2005年3月23日 心込めた具象画=モットーに発足=美会=公募展を開催へ 3月23日(水)  「心を込めた感性豊かな具象画を描く」をモットーに、このたび結成された美会。その第一回展(七月六~十六日、文協)の開催を控え、同会では展示作品を公募している。 […]
  • 大耳小耳2016年7月26日 大耳小耳  サンパウロ市内ではシュラスカリアよりも和食店の方が多く、さらに多いのは「ピザ屋」と「歯医者」だとか。この不景気でも、授業が終わった後にテマケリアに立ち寄り、1個15~20レアルもするような手巻き寿司を、二つも食べる学生の姿もチラホラ。すでに手巻きはかなり広がっているが、次はも […]
  • 《ブラジル》コロナ死者数がイギリス抜き世界2位に=実際の感染者は公式数の6倍2020年6月13日 《ブラジル》コロナ死者数がイギリス抜き世界2位に=実際の感染者は公式数の6倍  【既報関連】新型コロナウイルスの死者が12日、イギリスを抜いて世界2位になった。12日付でイギリスは4万1481人で新規0人、12日夜の保健省発表の死者数は909人増の計4万1828人だったので、軽々と超え、まだまだ上昇曲線を描いている。またペロタス連邦大学の抗体調査 […]