1

東西南北

4月3日(木)

 三十一日未明から犯罪組織のテロ攻撃が続くリオ市で、同日夜には路面電車のコルコヴァード駅まで襲撃された。警察は、同日午後一時ごろと午後三時ごろの二回にわたって「コルコヴァード駅が襲われる」という告発電話を受けた。軍警は警備を強化したが、襲撃二時間前、定時になったため警備を止めてしまったという。外国人観光客は「他国でもこのような事態は起きる。残念だ」と翌一日、同駅を訪れたが、ブラジル人観光客は「二度とリオには来ない」と脅えきっていた。
     ◎
 大サンパウロ市圏バルエリー市で三十一日夜、イタウー銀行顧客の男性(二九)が自動現金預け払い機を使用中に射殺される事件があった。目撃者によれば、男性が同機のキャビンに入ろうとした時、強盗たちに囲まれた。男性は金を引き出そうとしたがうまくいかない。強盗たちに説明したが、言語障害のため何を言っているのか分かってもらえず、強盗を怒らせてしまった。男性は射殺され、強盗たちは何も盗まずに去っていった。
     ◎
 米国人俳優マイケル・ムーアがオスカーを授賞した後、反戦内容の記者会見を行った。その場でムーアは、「ブラジルは米国を真似してはいけない。マクドナルドで食べるのを止めろと言いたいのではない。米国のように極右化してはならないと言いたいのだ」と呼びかけた。
     ◎
 気象観測所によると、サンパウロ市の三月の雨量は例年より三〇%少なかった。例年は百八十ミリだが、今年は百二十六ミリしか降らなかった。