ホーム | 連載 | 2003年 | 俳優・竹本孝之の連載エッセイ | 俳優・竹本孝之の連載エッセイ-第9回-日系子女の声求めて来伯

俳優・竹本孝之の連載エッセイ-第9回-日系子女の声求めて来伯

2003年7月15日(火)

俳優・竹本孝之 『NHK中学生日記』矢場先生役の竹本孝之です。今私は、ブラジル・サンパウロ行きの飛行機の中でこの文章を書いております。近くなったとはいえ二十四時間。私の住む日本から見れば、地球の真反対にあたるブラジルの地に私は漸く行く事が出来ます。
 私はこの紙面でコラムを書くようになってから、益々日系ブラジル人の方々が気に掛かる様になりました。
 私と同じ血の流れを持つ方が居るやも知れない…。そう思うと何だかとても近しい感覚になるのです。
 今回、ブラジルロケが決まり先行して、愛知県に在る保見中学校に行ってきました。そこで中学校生活を送る日系三世、四世の子供達に出会いました。言葉の問題自分の将来に対する不安等の彼達が抱える悩みを聞かされました。日本の地でそしてブラジルの地で生きる日系ブラジル人の子供達。若年令で人生の選択を迫られた日系ブラジル人の声を、今度は日本の子供達に伝えられれば……と、考えております。

二〇〇三年七月十三日
機中にて

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 俳優・竹本孝之の連載エッセイ-第8回-教師に責任押しつける親2003年5月29日 俳優・竹本孝之の連載エッセイ-第8回-教師に責任押しつける親 2003年5月29日(木)  私が、この中学生日記という番組に参加させて貰って、早いものでもう二年半が経とうとしている。最近ではこの役柄の所為か、各所で講演の依頼が来るようになってしまった。講演など私の柄では無いが、拙い話でも何かの役に立てればと、各地を回っているのだが… […]
  • 世界的企業JBSが政界裏幕を暴露=今度はテメル大統領に爆弾炸裂=ブラジリアは改革放って右往左往=聖市在住 橘 馨2017年5月23日 世界的企業JBSが政界裏幕を暴露=今度はテメル大統領に爆弾炸裂=ブラジリアは改革放って右往左往=聖市在住 橘 馨  5月に入って気候も良くなり、経済の面でも明るさが見えて来た。何ともパッとしないブラジルもこれで良い方に進むのかと期待していたら、おっとどっこい、行政の中心部に爆弾炸裂です。それで先週後半から大統領府の業務はストップ、政界の偉い先生方も右に走り左にあたりで、大混乱となっ […]
  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 俳優・竹本孝之の連載エッセイ-第7回-化粧に熱心な女子生徒2002年6月28日 俳優・竹本孝之の連載エッセイ-第7回-化粧に熱心な女子生徒 2002年6月28日(金)  四季がある国日本。是からの季節、日本では北海道を除くほぼ全ての地域で梅雨に入る。六月半ばから七月半ば迄のこの一ヵ月で、年間総雨量の三分の一から半分もの雨が降る地域もあると言えば、かなりジメジメした日々が続く事を理解して頂けるだろう。この梅雨が […]
  • 俳優・竹本孝之の連載エッセイ-第6回-学力低下の中で週5日制2002年4月19日 俳優・竹本孝之の連載エッセイ-第6回-学力低下の中で週5日制 2002年4月19日(金)  今年の桜は、例年より一週間から十日開花が早かったそうだ。四月上旬の今、新緑の葉が光に眩しい。四月が新学期となる日本では、真新しい制服に身を包んだ新入生達の姿が見受けられる。未だ何処となくぎこちないその姿に、青さを感じてしまうのは私だけではない […]