ホーム | 連載 | 2003年 | 日本文化を踊ろう!=―ブラジルに生きる郷土芸能 | 日本文化を踊ろう!=―ブラジルに生きる郷土芸能―=第1回=世界に広がる国祭り太鼓=三、四世が沖縄の心で叩く

日本文化を踊ろう!=―ブラジルに生きる郷土芸能―=第1回=世界に広がる国祭り太鼓=三、四世が沖縄の心で叩く

8月14日(木)

 今年は日本移民九十五周年の節目の年。一世紀近くの日系コロニア史を振り返ると、苦難を強いられた体験と同時に、生活に潤いを与えてくれた各地の郷土芸能が思い出される。先人たちは歌や踊りを通して、知恵を出し合い、時には意見を激しく戦わせながら、結束を固め、かけがえのない人間関係を築いたのではないだろうか。ブラジルに根付いた日本各地の郷土芸能を、沖縄県の「琉球国祭り太鼓」を皮切りに九回シリーズで紹介する。

 迎恩

 広く世界をかけめぐり、そして他国の人々に感謝の気持ちを迎え示す意味の「迎恩」。豊穣は海の向こうからやって来るという信仰を持つ島国・琉球(沖縄)ならではの心情といえる。この「迎恩」を基本理念に八一年、沖縄市(泡瀬)の青年らが伝統芸能のエイサーをベースに空手の型を取り入れた琉球国祭り太鼓を生んだ。パーランクー、大太鼓、締太鼓の三種の太鼓を使用、ダイナミックなバチさばきと指笛、ハヤシが入り交じる躍動感あふれる演奏が特徴だ。
 現在、日本国内のほか、アメリカ、ハワイ、ボリビア、アルゼンチン、ペルー、そしてブラジルにも支部があり、メンバーも総勢千人余り。九八年、長野オリンピックや南米移住九十周年祭(アルゼンチン)でも披露、世界を視野に入れ活動展開している。

 ウチナー(沖縄)の心

 ブラジルでは九三年頃、浦崎直秀さん(七三)がカロン日本語学校のイベントの際、余興として十五人を集めて光史太鼓を発表、その後、琉球国祭り太鼓に取り組んだ。那覇市出身、三十歳で渡伯した浦崎さんは、「(子どもたちに)沖縄を忘れてもらいたくない」と熱心に太鼓を教授する。
 現在、メンバーはサンパウロやカンピーナスなどに計百六十人、平均年齢は十七歳。リベルダーデ区トマス・デ・リマ街の沖縄県人会館で毎週火曜日午後七時からの練習では、子どもたちが自ら、後輩を指導し、お互いに技術を高め合っている。
 十六歳の時に太鼓を始めたリーダー格の沖縄三世、長浜セーリアさん(二四)は「沖縄の人の心で叩く。(太鼓を叩くと)何か強くなれる感じがする」と話す。セーリアさんの祖父母らが、沖縄について語らなかったため、彼女自身は沖縄の歴史をあまり知らない。昨年七月、琉舞発表のため、初めて沖縄の地を踏んだセーリアさんは「沖縄がもっと好きになった」と笑顔をこぼす。

 ビッグ・バン

 沖縄四世の照屋清さん(一八)は九八年、琉球国祭り太鼓に入団した。高校を卒業し、現在、日本語と英語の学校に通学。ロックやクラシック、沖縄の音楽を聴き、キーボード演奏が得意という、ごく普通の若者だ。
 「自分の文化だから」。清さんが太鼓を始めたきっかけだ。「太鼓を叩いている時、胸がドンドンする。心の中にビッグ・バンがあるみたい」。いつもは穏やかな顔が、演奏中には機敏なニーセー(青年)の表情に変わる。
 「太鼓は続けていきたい。でも、家族のことも考えないと」と話す清さん。沖縄にはまだ行ったことがない。「出稼ぎとか何か、日本に行くなら、絶対、沖縄に行きたい」と、はにかむ笑みの後ろに、ウチナーンチュ(沖縄県人)の情熱をのぞかせた。
(門脇さおり記者)

■日本文化を踊ろう!=―ブラジルに生きる郷土芸能―=第1回=世界に広がる国祭り太鼓=三、四世が沖縄の心で叩く

■日本文化を踊ろう!=―ブラジルに生きる郷土芸能―=第2回=リベイロン・ピーレス=皿踊りからヨサコイまで=本番さながら気迫の練習

■日本文化を踊ろう!=―ブラジルに生きる郷土芸能―=第3回=アルモニア学園=川筋太鼓の魅力=人種、世代を問わず

■日本文化を踊ろう!=―ブラジルに生きる郷土芸能―=第4回=広島県人会=神楽舞への情熱衰えず=高齢化も女性の活躍目立つ

■日本文化を踊ろう!=―ブラジルに生きる郷土芸能―=第5回=どじょう掬い島根県人会=銭太鼓に青年奮起=練習はマイペースの伯国流

■日本文化を踊ろう!=―ブラジルに生きる郷土芸能―=第 6回=鳥取県人会 華やかさ魅力 傘踊り=一度踊れば病み付きに

■日本文化を踊ろう!=―ブラジルに生きる郷土芸能―=第7回=佐渡おけさ正調佐渡おけさでは、質の高い踊りを披露

■日本文化を踊ろう!=―ブラジルに生きる郷土芸能―=第8回=花笠踊り山形県人会=婦人ら手製の花笠踊り=三世まで和気あいあい

■日本文化を踊ろう!=―ブラジルに生きる郷土芸能―=第9回・最終回=レプレーザ文協=子供に人気の阿波踊り=危機超えヨサコイに挑戦

image_print