ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

 マニフェスト(政権公約)選挙とかの衆議院選挙が始まった。我が党が政権の座につけば、これこれを確実に政策に移し実現致します―と公約して闘う選挙と理解すればわかりやすい。英国の政党政治から学んだ方法らしいが、どこか上っ面だけを真似したような気がしないでもない。政治家にしてもかなりいい加減だし上滑りの感もいなめない▼最も熱心な民主党の立候補者を調査しても「政権公約を順守する」と答えたのは四四%だけである。マスコミなどが派手に取り上げるものだから、時流に乗れくらいの反応しかないようなのは残念と言わざるを得ない。国の根幹を決める憲法にしても、自民党は二〇〇五年に憲法改正案を作ると公約しているけれども、民主党は「創憲」と書いてあるだけ▼これだけでは、どのような憲法を作るのかが見えてこないのではないか。あの政党は旧社会党からの人もいるし自民党を離脱した議員もいる。このために憲法のような国の基本に拘わる問題になると一本化するのは難しい。けれども、この程度の政権公約では有権者たちがどのように判断したらいいのかと迷うのは間違いない▼老後の暮らしを律する年金や社会保障などの課題もあるし景気回復という大きな問題をどう解決するのかも大きい。国際的には米同時テロからアフガン、イラク戦争と不透明感を強くし激動しているし日本も米支援を打ち出している。北朝鮮の核兵器や拉致も解決を急ぐ必要がある。こうした政治と外交の諸課題に各党がどう応えるのかも投票するときの基準としたい。     (遯)

03/10/30

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 第46回県連故郷巡り=悠久と躍動の北西パラナ=(18)=副市長とケンカ、豪快な戦後移民2016年11月25日 第46回県連故郷巡り=悠久と躍動の北西パラナ=(18)=副市長とケンカ、豪快な戦後移民  カスカベル現地で野菜生産する田邉誠さん(75、新潟県)は1961年11月に呼び寄せで渡伯。北パラナのアサイ移住地の近く、アモレイラに入植した。「日本の物差しは小さすぎ、生活に夢がなかった。まだ20歳、若いからコラージェン(勇気)、度胸があったんだな」と笑う。1年半のコロノ […]
  • 上空から見たガレオン空港(Daniel Basil / produção Faquini)2014年5月14日 航空機の発着遅れに罰金=Anacが決定、6月5日から=W杯の混乱防ぐ目的で  W杯に伴う大規模な人の流れによって予想される混乱を防ごうと、民間航空監督庁(Anac)は12日、航空各社や小型ジェット機所有者、パイロットらに対し、定められた便の発着時間が遅れた場合などに罰金を科し、場合によってはパイロットの免許停止、航空機の使用停止なども行うと発表した […]
  • 大耳小耳2005年7月23日 大耳小耳 2005年7月23日(土) […]
  • 歩こう友の会=コチア市方面へ2005年9月28日 歩こう友の会=コチア市方面へ 2005年9月28日(水) […]
  • 中島宏著『クリスト・レイ』第73話2020年11月12日 中島宏著『クリスト・レイ』第73話  この平野植民地は、第一回移民の時に通訳として移民たちと共に現場であるブラジル人農場に入り、彼らと苦労を共にした平野運平という人物が、独立自営の集団植民地として開拓を始めた所である。  笠戸丸で、集団としての日本人移民たちが初めてサントス港に着いたのは、一九0八年の六月一八日 […]