ホーム | 文芸 | 刊行 | 日系人が環境問題著作=壮大なスケールのSF小説

日系人が環境問題著作=壮大なスケールのSF小説

1月16日(金)

 日系人によるSF小説が刊行された。ノンフィクションや論文、評論には珍しくないが、SF小説(ポ語)とは稀だ。その名も『Fim da Fome no Mundo… Sera Possiviel?』(世界から飢餓を終わらせることは可能か?)という硬派なテーマ。
 二〇四五年、サハラ砂漠に働く日系技師オオクボ・テツオ(三世)の描写からその壮大な物語は始まる。
 環境破壊による温暖化現象により、大阪、ニューヨーク、リオデジャネイロなどの海岸沿い都市の一部は水没していた。世界的な飢餓が広がり、人類は様々な解決策を模索する中、史上最大のプロジェクト「イザイアス41」が発動する。砂漠の中に川を作る、聖書の一節から取られたその名の通り、人類の命運はその成否にかかっていた。
 著者は田中一夫パウロさん(五〇、二世)で、サンパウロ州アラサトゥーバ市近くのイアカンガ在住、環境評価調査などの専門家だ。USPで公衆衛生学を専攻し、大学院を卒業している。
 この本は十二月に発刊されたばかりで二五レアル。欲しい方は著者(kazuotanaka2003@yahoo.com.br)まで連絡を。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年2月11日 東西南北  サンパウロ市の発表によると、9日までに90歳以上の市民2万7906人がコロナワクチンの接種を済ませたという。同年齢層の接種がはじまったのは5日だから、5日間でこの人数の接種をこなしたことになる。市によると、対象として想定されている人数は3万2837人だというから、すでに85% […]
  • ジウマ政権の軌跡残す旅=5日から積極的に各地へ=MCMV等での苦情絶えず2016年5月7日 ジウマ政権の軌跡残す旅=5日から積極的に各地へ=MCMV等での苦情絶えず  大統領罷免審議継続の可否を問う上院本会議での投票を11日に控え、ジウマ大統領が自政権の軌跡を残す旅を始めたと5日付アジェンシア・ブラジルが報じた。 大統領は5日、パラー州ヴィトリア・ド・シングーでベロ・モンテ水力発電所の商用操業開始を祝う式典に参加。パラー州サンタレンでも、労 […]
  • 地蔵建立すすめる=老ク連が100周年記念2008年3月20日 地蔵建立すすめる=老ク連が100周年記念 ニッケイ新聞 2008年3月20日付け  【既報】ブラジル日系老人クラブ連合会(重岡康人会長)は、移民百周年を記念して、老ク連センターの前庭に、地蔵を建てる計画を進めている。 […]
  • 池坊ブラジル支部、初生け2005年12月23日 池坊ブラジル支部、初生け 2005年12月23日(金)  華道家元池坊華道会ブラジル支部(河村徳子支部長)は、一月六日、七日の二日間、レストラン新鳥(alameda […]
  • 長崎県人会、臨時=総会「定款改正」2006年1月5日 長崎県人会、臨時=総会「定款改正」 2006年1月4日(水) […]