ホーム | 日系社会ニュース | 汎ソロ連文協新年総会=船田会長ら留任

汎ソロ連文協新年総会=船田会長ら留任

1月27日(火)

 汎ソロカバナ日伯連合文化協会(船田佳幸会長)は、去る十八日午前十時から、プ・プルデンテ文協会館で、新年総会を催した。船田会長ら役員全員の留任が決まった。
 連文協は、各支部代表五十三人およびACAE婦人会、カラオケ婦人会を合わせて七十人余りの参加を得て、〇四年度の事業計画を決め、第一歩を踏み出した。
 民謡部長の司会で議事進行、沢田丈夫書記理事によって開会された。はじめに会員物故者の霊に黙祷。船田会長があいさつした。出席者自己紹介のあと、沢田書記が昨年度の事業報告、瀬戸口マリオ会計理事が決算報告、両方承認された。
 〇三年度の行事開催担当者による経過報告と感想。続いて役員選挙。出席者全員の意向で会長はじめ全役員の留任を決めた。次の副会長三人が新任となった。前田マリオ(ACA文協会長)、松本一成(ア・マッシャード文協会長)、西川弘(オウリニョス文協会長)。
 決議事項は、各分担金については昨年同様。行事予定――芸能祭(アシスで九月二十六日)、カラオケ大会(ピラポーで八月二十二日)、児童お話し大会(プルデンテ出九月十九日)、民謡大会(プルデンテで十一月二十八日)、GB大会(未定)。
 会議の席上、日本語がポ語に、ポ語が日本語に、絶えず翻訳された。出席者たちから好感をもって迎えられた。午後二時終了。食事その他の接待はACAE、カラオケ両婦人会の奉仕だった。(沢田丈夫さん通信)

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「明け暮れの記」読後感=サンパウロ 小野寺郁子2015年4月25日 「明け暮れの記」読後感=サンパウロ 小野寺郁子  包装紙より取り出すや、パッ、と目の覚めるような色彩あざやかな表紙、それがこのたび武地志津さんが上梓された著書『明け暮れの記』である。 320ページの手に重る本の内容は、随筆と短歌を主にした自分史、とも言える趣がある。29編の随筆は、一つ一つが丹念に彫られた人間像であって、 […]
  • パトの次のプレー先は?=イタリア名門からオファーも2016年7月8日 パトの次のプレー先は?=イタリア名門からオファーも  昨年末から、プレー先を巡り、落ち着かない日々をすごしているブラジルのストライカーのひとり、アレッシャンドレ・パト(26)が、ここに来てまたも移籍先を取り沙汰されている。 パトの流浪のそもそもの原因を作ったのはコリンチャンスだ。期待されてイタリアの名門ACミランに移籍し、一時は […]
  • 伝説のブラジル映画「リミテ」上映=国内で不当扱いも世界で大絶賛2015年10月28日 伝説のブラジル映画「リミテ」上映=国内で不当扱いも世界で大絶賛  現在開催中のサンパウロ国際映画祭で、「ブラジル映画最初の金字塔」との呼び声高い、マリオ・ペイショット監督の名作「リミテ」(1931年)が28日に上演される。 この「リミテ」は、ブラジルはおろか、南米の映画というものが世界に全く知られていない時代に生まれた、南米映画史最初の傑作 […]
  • 13カ月給の効果表れる=1日でポウパンサ預金急増2010年12月9日 13カ月給の効果表れる=1日でポウパンサ預金急増 ニッケイ新聞 2010年12月9日付け  13カ月給の半分支給期限の11月30日、全伯のポウパンサ預金額は1日で38億8千万レアル増と7日付エスタード紙が報じた。月間の預金の伸びは40億1千万レアルだから、ボーナス効果のほどが伺われる。 […]
  • イタペセリカの家族運動会=みんなで楽しくにぎやかに=25日2010年4月20日 イタペセリカの家族運動会=みんなで楽しくにぎやかに=25日 ニッケイ新聞 2010年4月20日付け  イタペセリカ・ダ・セーラ文化体育協会(小川稔会長)は25日午前9時から同協会(R. Hikari Kurachi, 756)で第75回家族慰安運動会を開催する。 […]