ホーム | 日系社会ニュース | 東洋街で日本語実習=選ばれた優秀な学生ら

東洋街で日本語実習=選ばれた優秀な学生ら

7月24日(土)

  国際交流基金サンパウロ日本語センターは、「全国大学生サンパウロ研修Bコース」を、二十一日午後二時より行なった。ブラジル全国の大学日本語講座で学ぶ学生から、特に優秀な学生をサンパウロに招いて集中的に研修を行なうプログラムの一環。
 「リベルダーデ・オリエンテーリング」と題されたこの日のプログラムは、学生三人と日本人協力者一人がグループを組んでリベルダーデ区に繰り出し、指定された場所を探したり、写真を撮ったりするタスクをこなすもの。学生十二人、日本人協力者四人が参加した。
 グループDのタスクは、(1)グローリア街「アカベコ」へ行って「あかべこ」の写真を撮る(2)剣道の防具を売っている店で剣道の防具と一緒に写真を撮る(3)リベルダーデ広場のラジオ体操の像と一緒に写真を撮る(4)日本人協力者をインタビュー、の四つ。
 少林寺拳法黒帯のサンドロさん(32)は文協ビルや日本書籍の書店、大阪橋の大鳥居など目に入った珍しいもの、日本的なものを次々と写真に収めた。マリアさん(20)は、日本の少女マンガや邦楽のCDを見つけて大はしゃぎ。「好きな日本の歌手や漫画家は?」などと日本人協力者に尋ねていた。サムライや忍者に興味があるジュリアーノさん(25)は、アメーリコ・デ・カンポス街「プロゴルフ」のショーウィンドーに飾られた鎧に目を輝かせ、店内の木刀や手裏剣をじっくり吟味。「今週中にもう一度来て、木刀を買います」と話した。
 実際に街を歩き、店員と日本語で会話し、興味のあるものに触れたことで、それぞれがサンパウロに存在する日本文化を肌を感じたことだろう。
 学生たちは、二十三日午後二時から、自分たちの体験や写真をまとめて発表する予定。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 漫画家志望のファン多く=『るろうに剣心』和月さん講演=420人が熱心に耳傾け2015年7月23日 漫画家志望のファン多く=『るろうに剣心』和月さん講演=420人が熱心に耳傾け  漫画家の和月伸宏さん(45、東京)と妻で小説家の黒碕薫さん(46、神奈川)の講演会が17日夜、サンパウロ市サンパウロ文化センターであり、420人が来場した(主催者発表)。国際交流基金サンパウロ日本文化センター(深沢陽所長)主催。代表作『るろうに剣心』(ブラジル版題名『SA […]
  • 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも2019年2月1日 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも  日本移民110周年記念として、昨年から始まったGLイベンツとTASAイベンツ共催の『第2回リオ祭り』が25、26、27日の三日間、リオ市のリオセントロ・コンベンション・イベントセンター第4パビリオンで盛大に開催された。リオ最大規模の日本祭りで、昨年よりも1割多い、延べ […]
  • 援協が新体制で1月定例会=創立60周年キャンペーン承認2019年1月30日 援協が新体制で1月定例会=創立60周年キャンペーン承認  サンパウロ日伯援護協会(与儀昭雄会長)は「1月定例役員会」を24日、援協本部ビルで開催した。19、20年の新執行部が発足してから初の役員会となった。  議事及び報告では、日伯福祉援護協会の定款改訂、ならびに、援協創立60周年記念キャンペーンの実施が承認された。   […]
  • サンパウロ市=バスが自転車集団はねる=内3人が死亡する惨事に2019年1月29日 サンパウロ市=バスが自転車集団はねる=内3人が死亡する惨事に  26日、サンパウロ市西部ピリトゥーバのバンデイランテス高速道で、バスが28人のサイクリング集団をはね、28日までに3人が死亡する事故が起きた。27日付現地紙が報じている。  事故は26日午前10時30分頃、バンデイランテス高速道がマルジナル・チエテやマルジナル・ピニェイロス […]
  • 鱒料理が味わえる「高原」=避暑地カンポス・ド・ジョルダン2019年1月10日 鱒料理が味わえる「高原」=避暑地カンポス・ド・ジョルダン  「昨晩サンパウロは30度の熱帯夜だったそうですが、カンポスは12度でしたよ」――標高1600メートルもあり、「ブラジルのスイス」と名高い避暑地サンパウロ州カンポス・ド・ジョルダン市。そこにある日本食レストラン「高原」(Trav. Isola Orsi, […]