ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

9月1日(水)

  第2四半期の国内総生産(GDP)発表に先立ってルーラ大統領は三十日、カタピラー社五十周年記念の祝典で、ブラジル経済は上昇気流にあり、世界六位のGDPを達成するであろうと語った。補助金制度で過保護になった先進国農業は衰退し、ブラジルの出番が来る。ロシアが入ってG8になる前、ブラジルは八番目のGDPを保持していた。ブラジルはサッカーとカーニバルだけでなく、最先端技術と熟練技術者も有すると訴えた。
     ◎
 ミナス州北部から精神異常者アネストール・B・リーマが上聖のためタクシーを乗り継ぎ、運転手を次々射殺したとミナスの警察からサンパウロ市の警察に連絡が入った。加害者は国税局の吏員や電話局の技師を名乗って運転手を信用させ、サンパウロ市までの乗車を依頼する。乗り捨てる前に頭部に一発見舞う残酷な手口で、サンベルナルド・ド・カンポ市に到着した。犠牲者はすでに五人に上る。
     ◎
 軍警が二十九日、頭部を撃ってマッケンジー大生(19)を射殺した容疑で、現行犯逮捕された。同大学生は週末を過ごしたサントスからサンパウロ市に戻る途中、イミグランテス道のトンネルで車線変更した際に軍警が乗っていた乗用車のサイドミラーをぶつけた。トンネルを出た後、軍警は同大学生の車を無理やり停めて射殺。軍警は私服で女性二人を同乗させていたという。
     ◎
 大サンパウロ市圏オザスコ市で三十日午後、ヘリコプターが離陸直後にプラスチック包装会社の柵の上に墜落した。操縦士ら四人は無事だった。事故原因は操縦ミス。
     ◎
 サンパウロ市地下鉄職員組合が三十一日午後六時半にスト入りを決定すれば、地下鉄が九月一日にスト入りする可能性がある。三十日に地下鉄側が組合と協定を結んだにもかかわらず、組合は保育所の再開と危険手当を求めている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載2012年10月27日 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載 ニッケイ新聞 2012年10月27日付け  来年3月でニッケイ新聞が創刊15周年を迎えるのを記念し、歴代の記者が日夜取材に駆け回り、本紙に掲載した記事の中から、独断と偏見で選んだ15個のトップニュースを、「コロニア15大ニュース」としてお届けする。続々と報じられたこれらニ […]
  • 2008年7月5日 編集部座談会「ざっくばらんでいこう」=各地の百周年式典を総括 ニッケイ新聞 2008年7月5日付け ◆座談会参加者の紹介深=本紙の編集長ながら、最多のブラジリア、サンパウロ、パラナ、ベロ・オリゾンテを取材。若手記者を大きく引き離す奮迅の活躍ぶりを見せた。神=邦字紙記者歴四十余年、唯一過去の周年行事を取材。サンパウロ・サンボードロモ式典会 […]
  • 東西南北2021年2月17日 東西南北  15日、サンパウロ州での対面授業再開プロジェクトでは一番最後となる、サンパウロ市立校の授業が再開した。だが、この日の授業再開は順調とは言えず、約3500校のうち580校は、清掃や消毒のための人員不足や改修工事の遅れなどにより再開を見送った(リモート授業は開始)。しかも昨年12 […]
  • 東西南北2020年12月4日 東西南北  サンパウロ州検察局は1日、元サンパウロ市文化局長のアレッシャンドレ・ユセフ氏や飲料大手のアンベブ、観光公社のSPトゥリスなどを起訴した。これは、今年のサンパウロ市カーニバルの市内のブロッコ行進に関連した契約での不正を問題視したもの。起訴状では、路上カーニバルに関連した、飲料水 […]
  • 東西南北2020年2月12日 東西南北  10日のサンパウロ大都市圏での大雨は、至るところで市民生活に大きな影響をもたらした。雨の影響は土砂崩れなどによる直接的な被害だけではなく、交通渋滞で数時間も車の中で待たされることになった人や、CPTMやバスの運行が滞ったことで通勤や通学に支障が生じ、欠勤などを余儀なくされた人 […]