ホーム | 日系社会ニュース | カロン婦人部慈善バザー

カロン婦人部慈善バザー

9月3日(金)

 カロン文協婦人部(立山道子部長)は十一、十二両日午前九時から、サンパウロ市ヴィラ・カロン区ヌネス・バウボア通り二九九番のカロン文協会館で慈善バザーを開く。今年が三十一回目。当日は、約六十社の協賛業者が輸入品を含めた衣類や文房具などを販売するほか、婦人部が食堂でうどん、寿司、弁当、天ぷらなどを用意する。
 収益金は、桜ホームやサントス厚生ホームといったサンパウロ日伯援護協会(和井武一会長)の傘下の施設に寄付される。立山部長、坂田ミチ副部長、阿部チエコ副部長、川野栄美子会計ら四人が八月三十一日午前に来社。「多くの人のご来場をお待ちしています」と呼びかけていた。問い合わせ電話番号=11・296・3872。

image_print

こちらの記事もどうぞ