ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

  20世紀は「戦いの時代」とされるが、日本を例にとっても日清・日露戦争に始まって第一次、第二次大戦と戦火に明け暮れた。平和が訪れたのは昭和20年の八月15日からであり、今や「戦争の怖さ」を忘れたかのような顔すらする。広島の原爆や長崎の平和祈念像を見学すれば―「平和の尊さ」を実感するだろうが、これとても、アウシュビッツの惨劇には及ぶまい▼独のヒットラーが率いるナチスがポーランドに建設した「地上の地獄」「欧州の墓場」とされるのがアウシュビッツ収容所である。ヒットラーが嫌い撲滅しようとしたユダヤ人を罪の有る無しに拘わらず皆殺しを目的にするための施設である。コンクリ―トの柱に鉄道の線路を渡し一度に5人も10人をも絞首刑にする残酷な死の祭典もあった。最も有名なのはチクロンBを使った毒ガス室での大量処刑であろう▼遺体も簡単に放棄されたのではない。髪の毛は布に織られ、皮膚や遺骨は肥料にされる。ユダヤ民族を絶滅させるための断種実験も盛んだったし新薬の投与や各種の医療技術の試験も行われたの記録も残る。収容所に入ると、氏名は消され腕に彫られた番号が唯一の身分証明書となる悲劇も重なり、ユダヤ人を人間と見なした扱いはまったくない▼このアウシュビッツと近くにあるビルケナウ収容所でユダヤ人がどれだけ殺されたのかの完璧な資料はないが、110万人から150万人と推定されている。何の抗弁も許されずに死に追いやられたこの人々の悲しさを忘れてはなるまい。この収容所解放60周年が27日厳かに開かれた。    (遯)

05/1/29

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》自然分娩促す動き広がる=母体にも新生児にも恩恵2019年12月20日 《ブラジル》自然分娩促す動き広がる=母体にも新生児にも恩恵  サンパウロ州内陸部ピラシカバ市で、助産婦や介添え人の担当分野を拡大する事で自然分娩が増え、母体にも新生児にも良い結果が出ていると17日付アジェンシア・ブラジルが報じた。  サトウキビ供給者病院(HFC)は昨年から、サンカルロス連邦大学の拡大プロジェクトの一環として、 […]
  • 羽藤ジョージ州議と羽藤アレックスさん2014年8月5日 羽藤アレックスさん出馬=サンパウロ州議の息子、連邦下議へ  羽藤ジョージサンパウロ州議の息子アレックスさん(31、PMDB)が、10月の連邦下院議員選に初出馬するにあたり、23日に本紙を訪れ、あいさつをした。羽藤ジェオルジサンパウロ市議は兄にあたる。 モジ・ダス・クルーゼス大学医学部を卒業後、サンパウロ市東部で「家族健康計画」(P […]
  • 二世から見たコロニア、日本=笹木年行さんが回顧録出版2009年2月24日 二世から見たコロニア、日本=笹木年行さんが回顧録出版 ニッケイ新聞 2009年2月24日付け  ラジオ・サントアマーロの元社員だった笹木年行さん(二世)が回顧録『Geracao dos filhos de imigrantes […]
  • サンパウロ州で移民労働者が激増=南米出身、男性が90%=非合法就労者の講習も検討2013年8月31日 サンパウロ州で移民労働者が激増=南米出身、男性が90%=非合法就労者の講習も検討 ニッケイ新聞 2013年8月13日  ブラジル経済の成長は減速気味だが、外国人労働者を集めるだけの条件は整っているようだ。労務省サンパウロ州支所によれば、サンパウロ州で今年上半期に外国人に発行された労働手帳の数は5421で、4411だった昨年同期比23%増だった。11日付フォー […]
  • 《ブラジル南部》大雨に強風の被害重なる=RS州やSC州などで2017年6月9日 《ブラジル南部》大雨に強風の被害重なる=RS州やSC州などで  8日午前、南伯のリオ・グランデ・ド・スール州(RS)やサンタカタリーナ州(SC)などで暴風雨や降雹が観測され、各地で被害が出ていると、8日付現地紙サイトが報じている。  RSのカシアス・ド・スル市では、暴風雨に伴う土砂崩れなどで約50軒の家屋が倒壊した。同市では、倒壊した家 […]