ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

 老人クラブ連合会では、学び楽しむことができる教室が増え、教室の〃はしご〃(梯子)をする人もいるという。お昼をはさんで、午前中と午後の教室両方を受講するのだ。事務局が、こうした希望者たちのために、外から弁当をとってくれることもあるらしい。もちろん「費用は自己負担」▼サーラで仲間同士おしゃべりをしながら、食事をする楽しさはまた格別。子育てから解放され、一家の主婦の座からも離れ、自分の時間をより多く使える幸せ。筆者の周囲にも、八人の子を育てあげ、いま「踊り」「俳句づくり」を、毎週、欠かさない女性がいる▼老いても自家用車を運転して会場まで送迎してくれる夫がいれば、もう言うことはない。ヴィウバになったとたん、元気になったという人もいるというから、こんな人には送迎話はないが…▼さて、老ク連の教室に参加している戦後移住一世は、戦前、尋常小学校に在学していた層だ。スパルタ教育とかで、教師たちは、いかめしい顔をして、生徒をホメることなどめったになかった。だからホメられたことがない年代だともいえる▼そうした人たちが、絵画や書道の講師から、今、「よくできました」とホメられている。こんな嬉しいことはない。子供のように嬉しさ、喜びを身体で表せない分、身体のなかにそれを閉じ込め、最高の気分である▼少壮の頃、やりたかったが、やれなかったことを不自由なく実現している。老ク連の教室が、もっと増えればいい、そんな望みもあるかもしれない。        (神)

05/4/20

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2015年9月4日 大耳小耳  12日の花火祭りで舞台に立つバンド「KAO=S」。同グループの広報担当者によると、「『津軽じょんがら節』や『荒城の月』など、日系の方々に親しみのある楽曲も演奏する予定」とのこと。最新のプログラムでは、午後3時半から公演開始となっている。マスクをつけるなど珍しいブラジル版プロレ […]
  • 輸入品の衣類値上がり?=国内繊維産業が関税要請2012年8月28日 輸入品の衣類値上がり?=国内繊維産業が関税要請 ニッケイ新聞 2012年8月28日付け  外国製の衣類の輸入が急増し、国内の繊維産業が大きな打撃を被っているとして、ブラジル繊維工業会(Abit)が連邦政府に、60品目に対する輸入関税の設定を要請したと24日付エスタード紙が報じた。 […]
  • 五木ひろし来伯公演を断念(上)=ブラジル側不手際に翻弄され=「二度とブラジル行かない」2008年5月27日 五木ひろし来伯公演を断念(上)=ブラジル側不手際に翻弄され=「二度とブラジル行かない」 ニッケイ新聞 2008年5月27日付け […]
  • 米田利耕さん初七日法要2019年10月25日 米田利耕さん初七日法要  17日に亡くなった米田利耕(よねたりこう)さんの初七日法要は26日(土)午後2時から、サンパウロ市の浄土真宗本派本願寺南米教区(西本願寺、Rua Changuá, 108 - […]
  • 講演会「歌謡曲」2003年3月1日 講演会「歌謡曲」 3月1日(土)  ブラジル日本アマチュア歌謡連盟(NAK DO BRASIL、北川彰久会長)は三月三日午後七時からブラジル日本文化協会小講堂(サンパウロ市リベルダーデ区サンジョアキン通り三八一番)で、歌謡曲について講演会を開く。同連盟主催の「世界アマチュア歌謡祭イン・ […]