1

年金振込みサービス=継続中、スダメリス

4月21日(木)

 スダメリス銀行(旧南米銀行)が二月から始めた、日本の年金を自動的にブラジルの個人口座へ振り込むサービスについて、読者から問い合わせがあった。本紙が確認したところ、「現在もそのサービスは続いている」との返答だった。
 日本の年金は偶数月の十五日に振り込まれる。この読者の二月分はちゃんと口座に自動入金されていた。今月十五日過ぎ、同読者が四月分を問い合わせたが、「政府の都合によりサービスが中止された」と言われた。
 その読者は結局、銀行に出向いて年金を為替換金する従来通りの手続きをし、自分で口座に振り込んだという。
 本紙が日系社会と外国送金係(11・3174・6619)に問い合わせたところ、同サービスは現在も継続中で、「何かの間違いがあったかもしれない」と手違いであると説明、同係では「疑問があればいつでも連絡を」と呼びかけている。