ホーム | 日系社会ニュース | 昨年来伯指導=律儀な棋士野月六段=B1組に昇級、昇段=祝いに扇子贈って来る

昨年来伯指導=律儀な棋士野月六段=B1組に昇級、昇段=祝いに扇子贈って来る

6月8日(水)

 プロ将棋の順位戦(毎日新聞社主催)で、昨年十月に来伯した野月浩貴六段(北海道出身、31)のB1組昇級と七段昇段がこのほど決まった。順位戦B1組の上位の組はA組。A組の一位が(その期の)名人への挑戦者になる。野月さんは、名人位に一歩近づいたことになる。この祝いに、ブラジル将棋連盟(中田定和会長)に、野月さんから扇子十四本と書籍四冊が贈られ、関係者を喜ばせている。
 扇子に綴られた文字は、「蒼穹」と「碧落」。「北海道育ちの私にとって、毎日見上げている青い空は、心に癒しや勇気を与えてくれる象徴。目には見えないけれど、きっとそこにある。はかなくても、勇気の持てる言葉だと友人が教えてくれた」。
 野月棋士は、今期、B2組で初戦を落としたものの、その後持ち直して九勝一敗で終えて、昇級・昇段を勝ち取った。B1組は森内俊之名人、羽生善治四冠、佐藤康光棋聖ら錚々たる棋士がいて、しのぎをけずっているA組に次いで上から二番目のクラス。トップクラスまで、あと一息だ。(その期の)成績が悪いと、ふたたびB2組に陥落するきびしい世界。初心を忘れずに更なる活躍を目指したいという。
 ブラジル将棋連盟の関係者らは、扇子の感触を確かめるなどして、同棋士の〃雄姿〃を偲んでいた。青木幹旺さん(71)は「この前、飛車角落ちだったけど、勝ったんだ」と誇らしげに語った。
 中田会長は「本当に、律儀な人です。早速、お礼の手紙を書きます」と話していた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ピラルクーやコーヒー=神戸「ブラジル文化講座」2004年2月26日 ピラルクーやコーヒー=神戸「ブラジル文化講座」 2月26日(木) […]
  • ■訃報■池上忍氏2011年7月20日 ■訃報■池上忍氏 ニッケイ新聞 2011年7月20日付け  鹿児島県人会の名誉会長、池上忍さんが18日午前0時半ごろ、サンパウロ市ヴィラソニア区の自宅で心筋梗塞のため亡くなった。享年82。  糖尿病を患い、自宅療養を続けていた。 […]
  • 大耳小耳2007年8月28日 大耳小耳 2007年8月28日付け […]
  • 電子商取引=低所得層にも普及=男はTV、女はMP3、iPod2009年3月19日 電子商取引=低所得層にも普及=男はTV、女はMP3、iPod ニッケイ新聞 2009年3月19日付け  電子商取引の調査機関e―bitは十七日、〇八年の全国の電子商取引が大幅に増え、全体で前年度比三〇%増、金額にして八十二億レアルに達したと発表したことを十八日付けジアリオ・デ・コメルシオ紙が報じた。 […]
  • 大耳小耳2015年3月7日 大耳小耳  和歌山県人会(谷口ジョゼー会長)が早くも、県連日本祭り(7月24~26日)のお好み焼きの準備に取り掛かった。サンパウロ州ウバツーバから約50キロの生姜が届き、婦人部ら20人ほどが6日、サンパウロ市内の同会会館で仕込み作業に汗を流した。お好み焼きには欠かせない紅生姜も自家製 […]