ホーム | 日系社会ニュース | オザスコ六月祭=深夜まで賑わう=うどん大いに売れる

オザスコ六月祭=深夜まで賑わう=うどん大いに売れる

7月16日(土)

 オザスコ日伯文化体育協会(平塚修会長)は去る六月二十六日、フェスタジュニーナを同会広場で開催した。会場には約一万人が集まり、祭りを楽しんだ。
 高清名誉会長、平塚会長、清水弘副会長、宮崎文夫、山戸ファビオ両市会議員も参加し、挨拶をした。婦人部、青年部、相撲部、野球部、卓球部などそれぞれが出店をした。中でも婦人部のうどんとヤキソバは三千食ずつ売れ、好評だった。
 その他、太鼓や盆踊りも行われた。大瀧多喜夫渉外理事は「運動会よりも人が集まった。みんな夜中になっても帰らないほど大盛況だった」と話した。

image_print

こちらの記事もどうぞ