ホーム | 連載 | 2006年 | イベントを成功に導くには=桜井さんが「組織講座」 | イベントを成功に導くには=桜井さんが「組織講座」=連載(上)=式典は進行表用意を=第三者の進行役を決める

イベントを成功に導くには=桜井さんが「組織講座」=連載(上)=式典は進行表用意を=第三者の進行役を決める

2006年2月7日(火)

 コロニア団体主催の各種イベントをより成功に導くには―。ジェトロ・サンパウロの桜井悌司所長は、一月十七、二十、二十三日の三回にわけて、文協役員、県連役員、ブラジル日本移民百周年記念祭典委員会の役職員らを対象に「イベント組織講座」を開催。各二時間の講演となり、毎回約三十人が集まった。同氏は、ジェトロ入会後、三十八年にわたり展示会や博覧会業務に従事。それらの経験をもとに県人会などの式典、さくら祭り、フェスティバル・ド・ジャポンを例にあげながら問題点と改善策について述べた。
    △  △    
▽県人会などの式典
 今まで出席した式典の中で最初から最後までスムーズに進行したケースは非常に少ない印象を受けるという桜井さん。式次第の順番間違い、司会者の敬語の使い方、時間通りに始まらない、式典の時間が長いなどの問題点を挙げる。また、どの県人会の式典もほとんどが同じ式次第で魅力がないという点も指摘する。
 式典をスムーズに進行するにはまず、全体の流れがわかる進行表を用意すること。「これさえ作れば頻繁に間違う来賓者やスピーカーの紹介などが解決できる。また、進行表を事前に会長などがチェックしておけば、式次第の進行、敬語の使い方のトラブルも減る」。これらを日本語、ポルトガル語で作成すると将来のあらゆるイベントにも役立つ。
 式典の進行役を決めておくことも重要だ。「会長が何度も席を立って指揮しているのを見かける。この姿は見ていて美しいものではない。進行役は、前に座る会長でもなく、司会者でもない第三人者を選び、その人が式典の進行に全責任を持つようにしたほうがよい」。
 また、出席者の多くが高年齢者で次世代を担う若者が非常に少ないことも憂慮している。「日本語主流の式典の流れも近い将来、変えていったほうが良い」。最近では奈良県人会がやり方を変え、移民博物館で式典を行ったことを話にあげた。
 お互いに県人会の活動を十分に知らないということも問題の一つ。そのため、県連は年に一度、最も輝かしい活動を行った県人会を表彰する制度を作るべきだ、と提案した。「表彰の対象は、総合賞、日常の活動に功績のあった県人会に対する表彰、最もうまく式典を挙行した県人会などが考えられる」。
▽さくら祭り
 桜井さんは去年、はじめてさくら祭りを見学した。「非常に良かった」と感想を話し、「一つはバスの手配。より組織的に行い、乗客を待たせないようにすることや出発時間などバスの時刻を決めておくこと」と、さらに祭りをよくする提案をした。
 よりたくさんの人に参加してもらうためには餅つき、けん玉、ヨーヨーなど子どもが集まりやすい場所をつくることが大切。体育館も使用し、テニス教室やお手玉大会、習字教室などを催すのも一つの案だ。サンパウロ日本人学校にも広く声をかけ、家族揃って参加してもらうこともねらいだと話した。
 そのほかには、「文協五十周年記念式典開催チェックリスト」と題したレポートで、イベント進行に必要な点を挙げた。何時どこでどのような性格と内容の式典にするのか、予算計画など基本計画の策定をはじめ、司会進行役、指揮官の決定、会長あいさつ、表彰式、一般招待者への案内など詳細に説明した。  (つづく)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「餅は搗かれ叩かれ味が出る」=激動の年の暮れ、餅つき祭り2019年1月4日 「餅は搗かれ叩かれ味が出る」=激動の年の暮れ、餅つき祭り  大晦日のサンパウロ市風物詩、リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)が主催する第48回餅つき祭りが、31日午前9時からリベルダーデ日本広場で開催され、2万袋の紅白餅が配られたほか、グローボ局が昼のニュースSPTVで生中継した。  まず来賓らが順番に餅つきに […]
  • コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も2018年12月28日 コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も  ブラジル日本移民110周年記念式典が行なわれた7月をピークに、記念行事が目白押しの1年となった。なかでもハイライトは、3月の皇太子殿下、7月の眞子内親王殿下のご来伯だ。サンパウロ州地方部まで足を伸ばされた眞子さまは、各地で感動の渦を巻き起こした。110周年実行委員会も短期決戦 […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • 眞子さま、いらっしゃいませ!=「明治の日本」残すノロエステ=日系社会から歓迎の言葉続々2018年7月19日 眞子さま、いらっしゃいませ!=「明治の日本」残すノロエステ=日系社会から歓迎の言葉続々 プロミッソン=教育勅語が大家族の中心に=「世に尽くすことが喜び」  「これが人生で最高の写真です」――プロミッソンの安永一門の長老・忠邦さん(97、二世)がにこりと笑みを浮かべて取り出したのが、30年以上前に日語教師の研修で訪日した際、天皇皇后両陛下(当時、皇太子 […]
  • どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー2017年12月29日 どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー  新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と11 […]