ホーム | 日系社会ニュース | 職業人に研修機会を=国際ロータリーの事業

職業人に研修機会を=国際ロータリーの事業

2006年8月30日付け

 国際ロータリーのロータリー財団研究グループ交換プログラムのブラジル側候補者が、現在、募集されている。サンパウロ州内の六十三支部が合同して組織される「クルーベス・ド・ジストリート4420」が主催。
 若い職業人に異国の文化を学ばせ、自国や会社の将来のために、専門技術向上の機会を与えるのが主な目的。
 派遣先は神奈川県(横浜・藤沢・綾瀬・大和・横須賀・茅ヶ崎)。応募条件はつぎのとおり。研究したい職業(専門職務)を二年以上経験していること。二十五歳から四十五歳まで。日本語が話せること。来年の四月から五月までの約五週間の休みをとれる人。同クラブの会員でないこと。直系尊属(両親祖父母)、直系卑属(血縁による子、孫)までに同クラブの会員がいないこと。同団体六十三支部の管轄区内に住んでいること(要問い合わせ)。なお日系・非日系は問わない。
 応募費用は百五十レアル。来月一日締め切り。定員四人。書類選考の上、面接で決定。応募方法・必要書類やその他詳細は、豊田瑠美さんまで。電話(11・3422・5122)またはメールアドレスlumitoyoda@yahoo.com.br。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2007年3月3日 この人を知りませんか?《12》=コロニア実態調査 2007年3月3日付け  ブラジル日本移民史料館が所蔵する写真の人物を特定する「この人を知りませんか?」。今回の写真は五十年前、日本移民五十周年を機に実施された「コロニア実態調査」の写真です。 […]
  • 七夕・盆踊り祭り=ブラジル霊友会で24日2012年6月20日 七夕・盆踊り祭り=ブラジル霊友会で24日 ニッケイ新聞 2012年6月20日付け  ブラジル霊友会(岡本謙蔵会長)は24日午前10時から、同会館(Rua Vergueiro, 3507, Vila Mariana)で『第25回七夕・盆踊り祭り』を開催する。入場無料。 […]
  • 小売、前月比0・5%増=7カ月連続成長も減速2013年11月30日 小売、前月比0・5%増=7カ月連続成長も減速 ニッケイ新聞 2013年11月15日  IBGE(地理統計院)によれば、9月の小売業界の売上は前月より0・5%伸びて7カ月連続の成長となったが、7月は前月比2・1%増、8月は同0・9%増だったことをふまえると減速気味だと14日付エスタード紙が報じた。 […]
  • ブラジル南部=天国でも仲睦まじく=同じ日に逝った老夫婦2014年10月9日 ブラジル南部=天国でも仲睦まじく=同じ日に逝った老夫婦  3日、リオ・グランデ・ド・スル(南大河)州都ポルト・アレグレ市内の病院の同じ病室、隣同士のベッドで高齢の夫婦が40分の差で息を引き取った、と8日付のフォーリャ紙が報じた。 結婚以来65年、共に過ごして66年という夫婦にとり、終わりの時は同じ日に訪れた。 イタウヴィノ・ポッ […]
  • 最長5年、日本で学べる=日系スカラーシップ募集開始2018年5月19日 最長5年、日本で学べる=日系スカラーシップ募集開始  公益財団法人海外日系人協会(山田啓二会長)が「日本財団日系スカラーシップ・夢の実現プロジェクト」の募集を受け付けている。応募締め切りは7月31日。  両国間の理解促進や居住国・地域社会の発展に貢献する計画や夢を持つ若い日系人に対し、最長5年の日本留学の機会を与える奨学金プロ […]