ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

2007年3月20日付け

 パラナ日系団体と伯外務省の会合に会場を提供したマリンガ大学センターは八万平米の敷地に十四ブロックの校舎を建て、一万二千人もの学生が学ぶ。同市最高の教育機関の一つという。わずか十七年でここまで成長させたウィルソン・マットス・シウバ学長(経営者)は挨拶で、青年期に約十年間も久保田家で働いたことを披露。〇〇年には十八日間日本を訪れ感嘆した経験をのべ、「日系人は市やブラジルに多大な貢献をしている。我々の国をあるべき姿にするためにもっと力を貸してほしい」と語った。
     ◎
 マリンガ市のバーロス家は日系と縁が深い。現市長シルビオ氏の父親が市長だった時代に加古川市と姉妹都市提携を結び、兄のリカルド氏(現連邦下議)が市長だった時代にマリンガ文協がSBT局の番組ナッソンイス・ウニードスで全伯優勝してその名を轟かし、現市長任期中に百周年を迎えて海外最大規模の日本庭園を造るという。完成すれば、パラナ州有数の観光名所になること間違いなし。日本では、男性に幸運をもたらし出世させる女性を「あげまん」というが、マリンガでは日系がそれか?
     ◎
 訪日中の松尾治・百周年執行委員長。十二日には北海道、十三日には宮城県庁をそれぞれ表敬訪問するなど全国行脚の真っ最中。毎日新聞の報道によれば、十六日には兵庫県庁を訪れ、井戸敏三知事との懇談で百周年を記念したブラジル日系社会の写真展開催を要望した。知事からは旧神戸移住センターの改修工事が決まったことが伝えられ、松尾委員長も喜びの気持を伝えたという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■訃報■田村昭一さん2019年1月8日 ■訃報■田村昭一さん  イタチーバ日伯文化協会で会長職を歴任してきた田村昭一さんが、先月26日午前、アチバイア市内病院で老衰により亡くなった。享年90。  1928年3月15日、高知県土佐市生まれ。34年に家族とともに渡伯した。サンパウロ市近郊のモーロ・グランデに入植し、じゃがいも栽培を学 […]
  • 「空手を通じた日伯交流を」=ハリウッド俳優、小山田さん2018年12月27日 「空手を通じた日伯交流を」=ハリウッド俳優、小山田さん  ハリウッド映画『ラストサムライ』で準主演・信忠役を演じ、慈善活動にも熱心な邦人俳優の小山田真さん(こやまだしん、36、岡山県)が、20~24日にかけて来聖した。米国ロサンゼルス在住で、今回は当地における社会貢献活動展開の可能性を模索するために訪れた。  小山田さんは […]
  • 飯星下議=マリリアと泉佐野市が姉妹都市に=最後の訪日、四世ビザ緩和訴え2018年12月4日 飯星下議=マリリアと泉佐野市が姉妹都市に=最後の訪日、四世ビザ緩和訴え  年度末で任期満了を迎える飯星ワルテル連邦下院議員(PSD)は先月13~18日の間、日本への最後の公式訪問を行った。マリリア市と大阪府泉佐野市との姉妹都市協定調印式に出席したほか、麻生太郎副総理や河村建夫衆議と会談し、四世ビザの要件緩和を訴えた。そのほか、日系ブラジル人 […]
  • ホーロー鍋からピラルクーへ、頼もしい60歳2018年11月6日 ホーロー鍋からピラルクーへ、頼もしい60歳  ビニールハウスのような養殖場に入ると、一瞬息が詰まるぐらいムッとし、眼鏡とカメラのレンズが曇った。きけば内部温度は37度以上に保たれているという。  ここは江尻龍之介さん(60、愛知県)が経営するピラルクー養殖場だ。サンパウロ市から南西に127キロのミラカツー市にあ […]
  • 三重県人会、三つの節目祝う=創立75周年、移住105周年など=母県から海外功労者、感謝状も2018年10月30日 三重県人会、三つの節目祝う=創立75周年、移住105周年など=母県から海外功労者、感謝状も  三重県人会(下川孝会長)が27日、県人移住105周年、県人文化援護協会創立75周年、三重県・サンパウロ州姉妹都市提携45周年の節目を迎え、記念式典を開催した。式典には約170人の県人会関係者らが集まり、3つの節目を祝った。また母県から海外功労者賞に3人が選ばれ、海外在 […]