ホーム | 日系社会ニュース | 有権会員数は1523人=文協=評議員選管委=30日までの投票を呼びかけ=28日まで再発行受け付けも

有権会員数は1523人=文協=評議員選管委=30日までの投票を呼びかけ=28日まで再発行受け付けも

2007年3月22日付け

 三十日までの投票を―。ブラジル日本文化福祉協会の評議員選挙管理委員会は二十一日午後、記者会見を開き、二十日夜に行われた第二回会合(十三委員が出席)について、山内淳委員長、大原毅評議員会長、中島エドワルド剛事務局長が説明した。
 山内委員長はまず、委員会のメンバーだった上原幸啓会長が辞表を出したことを報告。理事会選挙に出馬すると見られている上原氏は、「疑惑の目を持たれてはいけない」(山内委員長談)ことを辞職の理由としているという。
 続いて、数人の会員から、投票用紙の未配達、破棄などの理由で再発行の要請があることを説明、「宛先不明で戻ってきているものもある。二十八日まで再発行を受け付ける」ことを確認した。
 当日の受け付けは、駐車場からの入り口で行い、投票は体育館、総会は小講堂で行うとしている。
 中島事務局長によれば、総会の場で開封された投票用紙は展示室で、一人が候補者番号を読み上げ、もう一人がコンピューターへの打ち込み作業を担当、それを選挙管理委員が監視するという三人体制で集計する。このグループを十六から二十ほど組織する必要があり、ボランティアの募集も行っている。
 その集計経過は小講堂に用意されるスクリーンで随時発表、「午後六時までには結果がでるのでは」(中島事務局長)としている。
 山内委員長は、三十一日の選挙当日の投票は、開票の迅速化を理由に総会が開会する午前九時から十一時までとし、「できれば前日までに郵送、事務局での投票をお願いしたい」と早期投票を呼びかけている。
 選管委メンバーは次の通り。委員長=山内淳、副委員長=杉尾憲一郎(第一)、押切フラヴィオ(第二)、書記=ミナミ・イサオ、カタヤマ・ジュンゾウ(第一副)、伝田英二(第二副)、原沢和夫、岩崎秀雄、花田ネルソン、小松ロッケ、栗原タケシ、栗田クラウジオ、清水カルロス、宮城滋、豊田豊、仁尾帯刀、原長戸、タカハシ・ノブオ、山内カズコ、清水ルシア、中村ネルソン。(敬称略)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 三和学院が着付け教室=着物美の歴史も学べる2003年10月16日 三和学院が着付け教室=着物美の歴史も学べる 10月16日(木) […]
  • 国産原油は誰の物=ローヤリティ配分見直しへ2008年4月17日 国産原油は誰の物=ローヤリティ配分見直しへ ニッケイ新聞 2008年4月17日付け  政府は十四日、PT(労働者党)の地盤や党の反対意見に関わらず、原油のローヤリティ再分配を税制改革の一環として議会で討議することにした。 […]
  • ■ひとマチ点描■フラビオ・シローと藤田嗣治2018年7月25日 ■ひとマチ点描■フラビオ・シローと藤田嗣治  ブラジルの抽象画家、フラビオ・シロー(Flavio-Shiró)の本名は田中フラビオ駟郎と言う。本人は覚えていないが、幼少のときブラジル名をつけることになり、5つの候補の中から指差したのが「フラビオ」だったという。  アーティスト名については「『Flavio』とか『 […]
  • サンパウロ市元市長=エルンジーナぼやく=敗訴で唯一の住まい失う2009年11月11日 サンパウロ市元市長=エルンジーナぼやく=敗訴で唯一の住まい失う ニッケイ新聞 2009年11月11日付け  ルイザ・エルンジーナ下議(PSB=ブラジル社会党)の友人らは8日、同下議が経済的に困っていることで資金カンパの夕食会をホテル・カドウロで催したと9日付けジアリオ・ド・コメルシオ紙が報じた。 […]
  • 大竹富江の世界を舞踏で=スガイ氏が「AKA」公演2021年1月23日 大竹富江の世界を舞踏で=スガイ氏が「AKA」公演  エミリー・スガイさんが舞踏パフォーマンスで、ブラジル芸術界を代表する一人、故大竹富江さんの世界観を表現する公演「AKA」が、28日から31日と2月4日から7日の間にオンラインイベント支援サイトSymplaを通じて無料開催される。  スガイさんは、ブラジルに日本の伝統 […]