ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

2007年3月31日付け

 日本は地震や津波が本当に多い。古くは関東大震災があり近くは阪神淡路大震災では6434人が死亡し負傷者は44000人。家屋は10万五千棟が全壊し高速道路も崩壊した。1964年の伊勢湾台風は5000人超の死者・不明者を出す惨状であった。噴火もいっぱいあり、北海道の昭和新山に始まり鹿児島の桜島は煙を吐きながら小規模な噴火を繰り返している▼こんなに自然災害がある国は少ない。先の「能登沖地震」が発生した地域は、日本で最も地震が起きにくい地方と専門家らが「安全」と見なしてきたところである。ところが―不意に震度6の地震が起こり道路には亀裂が入り、住宅は崩れる。住民ら2600人が避難という震災に見舞われ、漆の塗り物で有名な輪島では損害が10億円を超えるとされる▼日本の地震学の水準は高い。その機関とでもいうべき「地震調査研究推進本部」が作成した予測地図でも、能登は「今後30年以内に震度6以上に見舞われる確立は0・1%未満」とされている。この推定に従えば、1万年に1回起きるかどうかの安全地帯だったのだが、今回の地震は学会の常識を根本的にひっくり返してしまった▼㍻17年3月の福岡県西方沖地震(M7)も安全地帯と考えられていたノ―マ―ク地域だったし、日本に暮らしている限り何処にいても地震への警戒を怠ってはいけない。だが、能登地震では、政府や石川県の動きが素早く自衛隊も大活躍と連携がうまくいき被災者救済に当たったのは褒められていい。また―石川・富山両県人会の救済募金が少しでも被災者の元気づけに役立てばいいのだが―。 (遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • GLA講演会、17日=『2019新年の集い』2019年2月9日 GLA講演会、17日=『2019新年の集い』  宗教法人GLAブラジル支部(尾田嘉雄理事長)は「映像の集い・2019新年の集い」を17日午後2時から、サンパウロ市リベルダーデ区のブラジル日本文化福祉協会代大講堂(Rua Sao Joaquim, […]
  • CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す2019年2月8日 CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す  日本の農林水産省が中央開発株式会社(以下CKC、本社=東京)に委託する「平成30年度中南米日系農業者等との連携交流・ビジネス創出委託事業」の会議が今月4、5両日、サンパウロ市の宮城県人会会館で開催された。昨年4月から再スタートした同事業には、ブラジル、亜国、パラグアイ […]
  • 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も2019年2月8日 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も  ブラジル高知県人会青年部(川上カミラ部長)は「第2回高知のおきゃく」を10日午前11時から午後4時まで、同会館(Rua das Miranhas, […]
  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 三重県人会総会、24日2019年2月8日 三重県人会総会、24日  ブラジル三重県人会(下川孝会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区の同会館(Av. Lins de Vasconcelos, […]