ホーム | 連載 | 2007年 | 州政府日本文化教育プログラム「VIVA・JAPAO」の現場をゆく | 州政府日本文化教育プログラム「VIVA・JAPAO」の現場をゆく=連載《上》=オザスコ=〝ニッポン〟学ぶ子供たち=生徒自身がテーマ選んで=原爆、歌やYOSAKOIも

州政府日本文化教育プログラム「VIVA・JAPAO」の現場をゆく=連載《上》=オザスコ=〝ニッポン〟学ぶ子供たち=生徒自身がテーマ選んで=原爆、歌やYOSAKOIも

2007年6月21日付け

 今年二月に発表されたサンパウロ州政府の日本文化教育プログラム「VIVA・JAPAO」が始まっている。オザスコ市の州立校「テルモ・コエリョ・フィーリョ・マジョール」(パトリシア・リヴェロ・ベラト校長、生徒二千五十人)では三月から、「日本へバンザイ!」と題し、同プログラムを実施している。生徒たちがそれぞれに興味のあるテーマに取り組み、今月十五日に発表会を催した。「今までに行なったどんなプログラムより、生徒自身が関心を持っています」とベラト校長。義務教育の中で他国文化を学ばせるという試みは、ブラジルでも初という。子供たちが〃ニッポン〃を学ぶ現場を訪れた。(堀江剛史記者)
 記者が教育局担当者と同校を訪れると、屋内球戯場で約六百人の生徒たちが拍手で迎えてくれた。
 取材に訪れた十五日は、三月から生徒たちが取り組んだそれぞれのテーマの研究成果を発表する〃ニッポン文化祭〃。
 そのスタートを切ったのは、箸をかんざし代わりに髪に挿し、赤い手作りの法被に芸者を意識した化粧で現れた女子生徒約二十人によるYOSAKOI・ソーラン。
 続いては、ヴィニシウス・デ・モラエス作詞の「ローザ・デ・ヒロシマ(広島のバラ)」と日本で人気の歌手BOAの「エヴァーラスティング」をパンデイロやビリンバウなどブラジルのリズムと、バイオリンなど弦楽器をバックに七人が合唱。驚いたことに全員がソラで歌っている。
 選曲し、リードボーカルを務めたアリーネ・バンデイランテス・ソウザさん(18)は、「歌詞は一カ月で覚え、意味もインターネットで調べた」と上気した表情で語り、パトリシアさん(16)、リンコン君(17)も「別の日本の歌を練習してみたい」と笑顔を見せた。
 担当にあたったレチシア・デ・クレメンテ教諭は、「楽譜もない日本語の歌をみんなよく練習したと思う」と生徒たちを褒め称えた。
 合気道の模範演技もあり、気合の入った掛け声が会場を沸かせた。参加した子供たちは、師範から記念メダルを首にかけられ、誇らしげな表情を見せていた。
 生徒たちに案内され、二階に上がる。子供たちがそれぞれ関心を持ったマンガ、生け花、日本の歴史などの課題がテーブルに展示されており、発表内容は壁新聞となって廊下の壁を埋め尽くしていた。
 「授業では習わなかった後遺症のことや土壌への影響などが分かった」とジャシエリさん(16)、アンドレイアさん(同)。
 広島、長崎の原爆の歴史に関心を持った六人で、壁の大きなスペースを使い、研究成果を発表。「過去の問題ではなく、今の問題でもある」と二人は、しっかりした口調で声を揃えた。
 各教室も展示会場となり、生徒たちはお互いに深めた日本の知識を披露しあっていた。(つづく)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • カポエイラに興じる人々(Adenilson Nunes/Secom)2014年11月28日 カポエイラ=奴隷が生んだ格闘技=ユネスコが文化遺産に認定  ブラジル北東部バイーア州やペルナンブコ州などに起源を持ち、奴隷制に抵抗するアフリカ系ブラジル人達が発展させた〃ローダ・デ・カポエイラ〃がユネスコの人類無形文化遺産に認定されたと26日付伯字サイト、27日付エスタード紙が報じている。 〃ローダ・デ・カポエイラ〃は蹴り技を主体 […]
  • ボサノーヴァは誰が作ったの?=稀代の奇人ジョアン・ジルベルトか=サンパウロ市在住  坂尾 英矩2020年2月20日 ボサノーヴァは誰が作ったの?=稀代の奇人ジョアン・ジルベルトか=サンパウロ市在住  坂尾 英矩 ボサノーヴァ創世記に飲み歩いた音楽仲間たち  ブラジルの有名な奇人ミュージシャン、ジョアン・ジルベルトが昨年7月6日88歳で他界したニュースは、世界中の多くのマスコミで「ボサノーヴァの創始者」として大きく扱われました。中には「ブラジル音楽を改新して世界へ広めた功績 […]
  • トレンディ=細川さんカーニバル講習会=「歓声浴びてスター気分で中毒に」2020年1月28日 トレンディ=細川さんカーニバル講習会=「歓声浴びてスター気分で中毒に」  旅行会社トレンディ・ツーリズモ(関根いつ子社長)は、サンパウロ市カーニバルに出場できる同社旅行プラン「2020カーニバル出場ツアー」の一環で、サンパウロ人文科学研究所の細川多美子常任理事を講師に招き、カーニバルやサンバに関する講習会を15日午前、サンパウロ市の『ブンバ […]
  • ■ひとマチ点描■一緒にパゴッジをやりませんか?2017年8月31日 ■ひとマチ点描■一緒にパゴッジをやりませんか?  「一緒にパゴッジをやりませんか?」―有田清さん(71、神奈川県)=サンパウロ市在住=が来社し、そう呼びかけた。  有田さんはこの2年半ほど、セントロで開催されるパゴッジの路上演奏会にほぼ毎週参加している。「すごいレベルが高い。ブラジル音楽が好きにはたまらないと思う。 […]
  • ミウチーニョが死去=〃リズムの師匠〃と呼ばれたサンバ歌手2014年9月10日 ミウチーニョが死去=〃リズムの師匠〃と呼ばれたサンバ歌手  シコ・ブアルキやゼッカ・パゴジーニョといったブラジルを代表する歌手に影響を与えたサンバ歌手のミウチーニョが7日、入院先のリオの病院で呼吸不全のために亡くなった。86歳だった。 1928年にリオで生まれたミウチーニョの本名は、ミウトン・サントス・デ・アウメイダだ。幼い頃から […]