ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

2007年7月7日付け

 十二日に公示予定の参議院議員選挙まで一週間を切った。ここブラジルでも、郵便投票に加え、十三日から文協ビルでの公館投票が実施される。従来の比例代表に加え、選挙区への投票も可能になった今選挙。膨大な候補者情報をどう知るか、ということは、投票を考えている在伯有権者の関心事の一つだろう。そこで本紙では、公示日に立候補者が確定した後に、紙上で候補者の一覧表を掲載することを決めた。十三日付けで掲載の予定。
     ◎
 子供の晴れ舞台を親がカメラ片手に必死に応援する姿は日本でもよく見かけたが、先日ピオネイロ校で開かれたフェスタジュニーナでも、カイピーラに身を包んで一生懸命踊る我が子の勇姿を一枚でも多く写真に残そうと人波を掻き分ける親の姿が目立った。子供たちよりも、むしろ親の方が真剣そのもの。他人に迷惑を掛けたとしても、子供の写真が一枚増えれば納得する。我が子に対する愛情の深さはどこの国でも変わらないことがひしひしと伝わってくる風景だった。
     ◎
 デコポンのいいものは、糖度十三%、クエン酸〇・八%という、人間が最もおいしいと感じる味を演出するそうだ。収穫までには、開花から二百八十日という長い時間がかかる。持ちがいいので、日本では半年間貯蔵されて市場に出回るものもあるとか。生産者によれば、食べごろは収穫から二週間後、皮が少ししなびたころ。フェイラやスーパーで見かけたら、試してみてはいかが。

image_print

こちらの記事もどうぞ