東西南北

2007年8月4日付け

 リオ・デ・ジャネイロ市は、パン・アメリカン大会が終るなりドンパチへ。エコノミストやル・フィガロなどは、カブラル・リオ州知事の徹底応戦に驚き、「世界で最も粗暴な警察の一つ」と報じた。「都市問題の半分が警察の対応」「安全な都市のため警察が障害物に」「パン大会は、リオ市民にとってかりそめの平和」「警察官より多い民間警備員。警備会社は大繁盛」「リオは偏執狂気分」と外紙の見出しを飾っている。
     ◎
 携帯電話会社最大手のVivoが二日、ミナス・ジェライス州を本拠地とするテレミグと、アマゾニア・セルラーを一二億レアルで買収した。Vivoは五〇〇万人の顧客を新たに獲得、国内市場占有率は二八%から三三%に上昇。今回の買収が外資系電話会社間の競争をあおり、政府も巨大電話会社設立構想の推進を急ぐとみられている。
     ◎
 サンパウロ州ヴァルジェン・グランデ・パウリスタ市の市警捜査官二人が三日、サンパウロ州コチア市内の路上に停車していたパトカーの中で遺体となって発見された。二人とも一発ずつ撃たれていた。犯人の手がかりはまだないが、現場近くには麻薬密売の拠点があると市警。
     ◎
 サンパウロ市と大サンパウロ市圏の各市で四日午前四時から午後十一時まで、カンタレイラ貯水池から水の供給を受けている地区の水道が断水となり、八五〇万人の住民が影響を受ける見通し。地区によっては六日朝まで断水が続くところも。サンパウロ市北部サンタイネース区にある浄水場のポンプのバルブ交換に伴う措置。またサンパウロ市、ジュキチーバ、コチア市の一部地区では、四日午前九時ごろから午後三時半ごろまで保守点検のため停電が予定されている。