ホーム | 日系社会ニュース | 伯から3人目の総理大臣賞=カラオケ=日本大衆音楽祭で平田さん=在日ブラジル人の応援も=ブラジル参加者が全員入賞=「日本で一度歌いたかった」

伯から3人目の総理大臣賞=カラオケ=日本大衆音楽祭で平田さん=在日ブラジル人の応援も=ブラジル参加者が全員入賞=「日本で一度歌いたかった」

ニッケイ新聞 2007年10月26日付け

 日本大衆音楽協会主催の「第二十三回日本大衆音楽祭」が、去る九月十六日に日本の東京厚生年金会館ホールで開催された。ブラジルからは平田信弘さん(29、三世)、西村武さん(24、二世)、鹿間基蔵さん(76、一世)の三人が出場し、平田さんが内閣総理大臣賞、西村さんが理事長賞、鹿間さんが優秀賞をそれぞれ獲得した。ブラジル代表が内閣総理大臣賞を受けるのは、今回で三人目。平田さんは「日本へ出稼ぎに行っているブラジル人たちが応援に駆けつけてくれた」と笑顔で喜びを語った。
 今年で二十三回目を数える日本大衆音楽祭。ブラジルからの参加は今年で九回目となる。
 ブラジル内で予選大会を行い、平田さん(グランプリー部門)、西村さん(ヤング部門)、鹿間さん(オリジナル部門)が選ばれ、日本への切符を掴み取った。
 内閣総理大臣賞を獲得した平田さんは、すでに民謡大会参加のために二度訪日している。今回は「櫻の花の散るごとく」を熱唱した。「最後に内閣総理大臣賞が呼ばれる時、賞はないと思っていたので、呼ばれてびっくりした」と率直な感想を語った。
 また、「ブラジル人ということで舞台に立つと拍手はほとんどなかったけど、歌い終わると拍手喝采をもらって感動した」と笑顔。
 初めて日本を訪れ、「土俵一代」を披露した西村さんは「母親と一緒に訪日し、十年ぶりに親戚に会えたし、結果も良かったので最高だった」と満面の笑みだった。
 準二世の鹿間さんはオリジナル曲の「君ゆえに」(河合節子作詞、島田正市作曲、蛯原忠男編曲)を歌った。「一度は日本の地で自分の好きなカラオケを披露したかったので、本当に感激した」と賞状を誇らしげに見せながら笑顔で話してくれた。
 結果の報告に三人のほか、蛯原忠男ブラジル大衆音楽協会会長、川村武敏同協会理事長が来社した。一緒に訪日していた蛯原さんは「まさか内閣総理大臣賞を獲得するなんて思わなかった。日本のセミプロが多く集まる中でブラジルから全員入賞したのが嬉しい」と満足げに語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • CIATEコラボ会議、25、26日=在日ブラジル人の日本社会統合テーマに2018年8月21日 CIATEコラボ会議、25、26日=在日ブラジル人の日本社会統合テーマに  CIATE(国外就労情報援護センター、二宮正人理事長)は、『2018年度CIATEコラボラドーレス会議』を25、26日午前9時から、文協貴賓室(Rua Sao Joaquim, […]
  • 大耳小耳2018年7月6日 大耳小耳  JICA横浜は、日本国内最大の深谷ネギ生産者で日系二世の斎藤俊男さんの公開講座を、今月8日午後2時に開催する。会場はJICA横浜(横浜市中区新港2―3―1)1階会議室1。申込み不要、参加費無料。講座のテーマは「在日30年の体験から見たブラジルと日本」。斎藤さんは1995年に人 […]
  • 《ブラジル》「国の発展に役立つ人材育成を」=第62回パウリスタ・スポーツ賞=25人が晴れやかに受賞2018年4月6日 《ブラジル》「国の発展に役立つ人材育成を」=第62回パウリスタ・スポーツ賞=25人が晴れやかに受賞  ニッケイ新聞主催の『第62回パウリスタ・スポーツ賞』の贈呈式が4日、サンパウロ市議会の貴賓室で行われた。全19種目、特別賞8人を含む25氏に記念プレートとニッケイ新聞発刊の書籍が授与された。会場には過去最多の約500人もの来場者が集まり、盛大に式典が執り行われた。特別 […]
  • 《ブラジル》CIATEコラボ会議=「日系人就労者の軌跡と未来」=日系四世のWH制度も(下)2017年10月17日 《ブラジル》CIATEコラボ会議=「日系人就労者の軌跡と未来」=日系四世のWH制度も(下)  8日の会議では訪日就労者に関する研究を行う専門家なども講演した。今会議のためにブラジルに訪問した尾崎正利労働研究所所長は「日本で事業活動を展開する日系ブラジル人就労者の軌跡」の中間発表を行った。      在日ブラジル人就労者の日本における起 […]