コラム オーリャ!

ニッケイ新聞 2008年2月23日付け

 焼津市母子三人殺害事件の裁判で、仮に被告の有罪が決まった場合、最低でも四十年の禁固刑になる。最高でも百年だ。ただ法定上の拘置期間が三十年までと定められているため、実際には判決内容による差はない。
 しかも模範囚と認められれば、昼間は出所し夜間だけ拘禁するといった措置もある。「日本ならばあいつは死刑なのに…」。この日、日本から駆けつけ傍聴した子どもの父親が、そう無念そうに洩らすのは当然だ。
 しかし現行の伯国の憲法は自国民の他国引渡しを禁止している。憲法改正も難しい話だ。そうした〃限界〃がある以上、代理処罰は一連の問題の現実的な解決策になる。
 日本の基準から考えれば、ブラジルでの刑は確かに「軽い」。だからといって、〃逃げ得〃のまま犯罪人を放置しておくのも、被害者が報われないだろう。(泰)