ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2008年2月28日付け

 睡眠時無呼吸症候群などで眠りの浅い人が増えているが、C~Eの範疇の運転免許所持者は、更新時の検査で睡眠などについての質問を受け、必要によっては検査を要求されることになった。居眠り運転の発生を防止するため。トラックやバスの運転手四〇〇人へのアンケートで、一六%が居眠りの経験あり、五二%が知り合いで居眠りした人を知っていると。
     ◎
 二十六日未明、アパレシーダに近いヅットラ道で聖市方面からの大型トラックの荷台部分が外れ、対向車線を走ってきたバスが避けきれず、衝突、横転。バスの後を走っていたトラックも避けきれず、バスの車体をかすった形で跳ね飛ばされ、路肩を割った。バスには聖市の病院で検査を受ける人たち三〇人が乗っており、五人が死亡、一二人がケガをした。荷台が外れたトラックは一月前の点検では異常はなかったという。
     ◎
 二十六日午前、リオ市中心部の六階建てのビルで爆発事故が起き、上部三階分が崩れ、九人がケガをした。発端となった宝石加工場として使われていた部屋にはガスボンベ一三本のほか、酸素やアセチレンガスのボンベもあり、ボンベの交換時に爆発が起きたものらしい。宝石工場の息子が体表面積の八〇%を火傷など、少なくとも三人は重傷。ガス漏れも起き、付近のビル一二件へのガス供給が止められた。
     ◎
 事故やケガといえば救急車だが、聖市東部とタトゥイー市では、二二〇台もの救急車が野ざらしの状態で放置されている。マット・グロッソやぺルナンブコに送られるべきものも混じっているというが、書類が停まったままなど、寄贈者の好意をよそに、お役所仕事は無駄が多い…。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2007年10月20日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  援協はこのほど、重度の鼠径(そけい)ヘルニアを患っていた聖州スザノ市在住の日本人男性(93)を日伯友好病院で受け入れ、無料で手術した。手術は見事成功し、男性は無事退院した。 […]
  • 武田五男氏2007年10月20日 武田五男氏 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  (株)トレードブラスの創業者、武田五男氏が十九日午前七時半ごろ、脳溢血のため入院先のサンタクルス病院で死去した。享年七十九歳。 […]
  • 大耳小耳2007年10月20日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け […]
  • 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯2007年10月20日 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  宮城県仙台市に本社のある河北新報社の加賀山仁記者(34)が十八日来伯、サンパウロを中心にベレン、トメアスーなどを取材、約一カ月滞在する。 […]
  • 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中2007年10月20日 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  自然と文化の情報誌『Bunba』三十号がこのほど発売された。 […]