ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2008年4月4日付け

 このところ連日報道されているのは、一日付け本欄でも触れた五歳の少女の死にまつわるもの。父親は、第三者が侵入し、少女を窓から投げ落としたに違いないと主張してきたが、その後の捜査で、少女は窒息させられた形跡があり、家宅侵入の痕もない、「お父さん、やめて」と言う叫び声を聞いた人がいる、などから、二日夜、父親とその後妻の二人に逮捕状が出された。犯罪を立証する証拠の開示などはされていないが、少女の母親は、二〇〇三年に、父親から脅迫されたと警察に訴えたこともあり、「真実が暴かれ、裁かれるべき」だと。
     ◎
 幼い子供の虐待などのニュースが続くが、ゴイアス州で昨年七月に、牛に焼印を押す鉄がまだ熱いことを知りながら、九歳の少年の足にHLの二文字の火傷をさせた農夫二人が訴えられている。火傷の痕は一生残る程のものだが、農夫らは、火傷させてしまったのは事故で、ほんの冗談のつもりだったと弁明。本人の体と心に刻まれた傷の重さは誰が償うのか。
     ◎
 北東伯が雨に泣いている。といっても、降らないからではなく、日曜日以来の雨で洪水などが相次いでいるため。バイア、マラニョン両州では四人の死者が出ているほか、マラニョン、セアラ、ピアウイ州では何千人もの人々が家を失ったり、一時的な避難を余儀なくされたりしている。洪水による疫病の心配もあり、今後の対応が急がれる。
     ◎
 聖州で承認され、ミナス、パラナ両州も導入を検討しているのが、囚人への足輪。信号によってどこにいるのかなどを監視でき、外出許可をとってそのまま帰ってこないといったケースを防止することが出来る。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2007年10月20日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  援協はこのほど、重度の鼠径(そけい)ヘルニアを患っていた聖州スザノ市在住の日本人男性(93)を日伯友好病院で受け入れ、無料で手術した。手術は見事成功し、男性は無事退院した。 […]
  • 武田五男氏2007年10月20日 武田五男氏 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  (株)トレードブラスの創業者、武田五男氏が十九日午前七時半ごろ、脳溢血のため入院先のサンタクルス病院で死去した。享年七十九歳。 […]
  • 大耳小耳2007年10月20日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け […]
  • 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯2007年10月20日 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  宮城県仙台市に本社のある河北新報社の加賀山仁記者(34)が十八日来伯、サンパウロを中心にベレン、トメアスーなどを取材、約一カ月滞在する。 […]
  • 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中2007年10月20日 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  自然と文化の情報誌『Bunba』三十号がこのほど発売された。 […]